恒例!遅めの夏休み秘湯巡り 三瓶温泉 台風と共に…編

 2017-09-19
この度の台風18号の被害に遭われた皆様にお見舞い申し上げます。


9月15日、去年より1週早めに島根県は三瓶温泉を目指す。
数日前より台風18号の予報が気にはなっていたが元より観光には興味が無い(笑)ので
帰りの高速道路に被害が出ない事を祈りつつ出発!
とは言え直前の進路予報は島根県を直撃コースだ。

1.jpeg


去年は中国道⇒湯原温泉で前泊⇒米子道⇒山陰道⇒温泉津温泉へ寄り道してから三瓶入りしたが
今回は直接三瓶を目指す。
中国道は景色に変化が無く退屈なので山陽道を利用、尾道自動車道で北上、広島県三次からは
一般道の旅だ。
大阪からだと片道370キロ弱のまぁまぁロングドライブ。

ちなみに去年の秘湯巡り超長編ブログはこちらでご覧下さい。

初日の宿のチェックインが16時半なのでゆっくりめに出発。
お昼時には尾道へ到達。
せっかくなので昼食は尾道ラーメンにする事にした。
で、選んだお店はラーメン専門店では無い(笑)
普通の中華料理店なのにラーメンの評価が高い「味平」さんだ。
山陽道からは予定ルートの尾道自動車道分岐点を通り過ぎて尾道ICにて一旦高速を降りる。
高速復帰の為に尾道ICから近い事も味平さんを選んだ理由でもある。



2_201709191209321ba.jpg


チャーシュー麺を選択。
結果から言えば味平さんは大当たりだった!
高山ラーメンにも似た醤油ベースでさっぱりしながらも芯の有る味わいのスープ。
好みにドンピシャだった。
次回の三瓶詣でも尾道IC経由、いや味平経由にしようと思う(笑)

3_20170919120933852.jpg



尾道道から三次を経て
金色に色付いた稲穂の垂れる田園風景を眺めながらひたすら国道54、184号を走る。
三瓶エリアの近くまで来たがまだチェックインまで時間が有る。
なので前回未湯の頓原ラムネ銀泉へ寄り道。


4_20170919120934ec1.jpg


5_20170919120935a41.jpg


三瓶周辺の温泉は大体が褐色の濁り湯の様である。

6_20170919120937ae2.jpg


ラムネ銀泉と言うからにはさぞかし「シュワシュワ」するのかと期待していたのだが…
人口炭酸泉の如く肌に泡付きがあるわけでもない(笑)意外に普通…

7_20170919120938b48.jpg


しかしながら好みの「ぬるい湯」だったので壁書きを読みながらロングドライブ疲れを癒すべく
少し長めに浸かる。

8_20170919120940b2a.jpg


9_2017091912094129e.jpg


が、湯上がりに炭酸ガス・炭酸水素イオン混在温泉はその真価を発揮してきた(笑)
汗ばむ程ではないが体の芯からポカポカ感が湧き出しまくってくる。
分かり易く言えば猛烈な眠気に襲われたって事だ。

眠気と闘いながらもまだ天気はさほど崩れていないので西の原にて三瓶山を拝んでおく。
今年は残念ながら見事なまでの天の川を楽しむ事は無理だろうし。

11_20170919120944caf.jpg


この緑に挟まれた1本道の風景が好きだ。晴れてればねぇ…
12_2017091912094506a.jpg


さて、今回の旅の1泊目は去年立ち寄り湯で訪れた湯元旅館である。
三瓶温泉の源泉湧き出し地に最も近い旅館なのだ。

13_20170919120947153.jpg


うっかり外観を撮り忘れたので去年の画像でスマヌ。

湯元2


この湯元旅館、マニアック?かもしれないがグレートトラバース2で田中陽希が
三瓶山を登る前日に宿泊した宿なのだ!

14_20170919120949fc2.jpg


15_201709191209508c9.jpg


我が家は登山はおろかハイキングどころかウォーキングもしないがグレートトラバースは
観ていた。
田中陽希は間違いなく偉人、いや超人である。

16_20170919120951130.jpg


さぁ湯元旅館の名物温泉を頂こう。
去年衝撃を受けた時と同様、源泉直下だけあって濃厚な濁り湯が大量に湯船に注がれる!

17_20170919120953102.jpg


チェックアウトまで何回入っただろうか…
貸し切り制の浴室なのだが我が家以外に一人の登山客しか宿泊していなかったので
かなり自由に入浴させて頂いた。
オーバーフローしている湯量の多さがお分かり頂けるだろうか?
床に洗面器を置いていると流れて移動してしまう程である。

18_2017091912095559d.jpg


もう一つの浴槽、泥湯。こちらの方が少し湯温は高いが一般的にはぬる湯である。

19_20170919120956614.jpg


洗面器の底面で温泉成分の濃厚さが伝わるかな?

20_20170919120958ea8.jpg


一度体を拭けばタオルもこの通り(笑)
湯船の底と壁面に当たるお尻と背中はエライ事になってしまうのだ!
そして全身に小学校の鉄棒の匂いがまとわりつく(笑)

21_20170919121734d6c.jpg


温泉を堪能しまくってからは夕食である。
しゃべり方やキャラが湯婆婆に似た(笑)おかみさんは謙遜していたがマジで旨い!
量も十分どころか食べきれるか心配になってしまうほど!(完食したけど)
しかも流石に奥出雲の米どころ、新米ではないらしいが白米がうめちゃくちゃ旨い。

22_20170919121738ba4.jpg


湯元旅館の濃厚温泉を十二分に堪能してチェックアウト。
このエリアではマストな温泉、池田ラジウム鉱泉へ。

23_20170919121738c13.jpg


去年とは違う一回り小さな浴室へと案内された。
湯船は小さくともラドン含有量世界一の放射泉は変わらない。
浸かると僅かにピリピリ感がある。

25_20170919121740546.jpg


この浴室も好みで源泉の継ぎ足し、加温が可能。

26_2017091912174130d.jpg


今回も少し口に含んだが…やはり「お出汁」の味がする(笑)

27_201709191217430f4.jpg


2日目の昼食は「きつ川」のジンギスカンだ!
いいですか皆さん、三瓶を訪れたなら必ず「きつ川」でジンギスカンを食べて下さい。
湯元旅館を除き宿の食事は無しでも構いません。
きつ川で食事、ジンギスカンを食べましょう!
タレでも構わないが塩胡椒との相性バツグン!
本当にそこまで旨いのか?って?
…2日連続で昼食にジンギスカン食べました(笑)


28_201709191217443a3.jpg


きつ川のオススメはテラス席。
去年は遠くに広がる中国山地を見ながら食事出来たのだが…残念。

29_20170919121746f2d.jpg


台風18号の接近に伴い段々天気が崩れ出してきた。
そんな小雨の降る三瓶エリアをウロウロしていると…
道路脇に風呂?っぽい物が…



30_20170919121747c07.jpg


湯船ですがな!!

31_201709191219434f6.jpg


湯船である証拠に冷えた温泉が溜まっているもののバルブを捻っても湯は出てこなかった。

32_201709191219445b1.jpg


仮に湯が出たとしてもだな、
湯船から道路まではこの距離感である。
入浴にはかなりの根性を必要とするだろう。
当然脱衣所は無い。
「丸見えの湯」と勝手に名付けたが後で調べてみると「ふうりんの湯」と名前が有った!
確かに打たせ湯の先端に風鈴が付いている…
風鈴の涼しげな音色を楽しみながら同時に超ドキドキ感も味わえる野天風呂だな。
ネタ的には是非とも入浴したかったのだが(笑)

33_20170919121945175.jpg



2泊目のお宿。
オレは帰ってきた。
一年ぶりにさんべ荘へ帰ってきたのだ!
(画像は初日撮影)

34_201709191219453e9.jpg


さんべ荘の誇る多種多様な露天風呂を2泊、延べ3日に渡って愉しみまくる!

35_2017091912194764a.jpg


ぬるい源泉掛け流し浴槽から加温された熱めの浴槽まで。
誰でも必ず自分好みの温度の浴槽が見付かるはずだ。

36_20170919121948a9c.jpg


16日は悪天候なれどほとんど台風の気配は感じなかった。

37_20170919121949dcd.jpg


まぁ台風が来ても湯元旅館までとは言わないがこの濃厚温泉があればオレは構わない。

38_20170919121951956.jpg


なんて言ってると17日の夕方頃、さすがに豪雨になってきた!
部屋の外の屋根から豪快に流れ落ちるのは打たせ湯ではない!!

41_20170919122134427.jpg 


どうせ風呂入るんだから雨で濡れても構わないでしょ?
っとお思いだろう。
が、何度も何度も何度も入浴するのだ。
風呂⇒わざと窓開けて風に当たる⇒体が冷える⇒風呂…その繰り返しである。
入浴時、毎回毎回ドライヤーで頭を乾かすのは面倒、かつ髪の毛にも良くない。
だからと言って露天風呂を諦めるつもりは毛頭無い。

唯一の解決方法は「オッサンなのにシャワーキャップを被る」である。

シャワーキャッパーと化したオレにもはや台風など問題では無くなった。
ただし脱衣所から堂々とシャワーキャップを被るオレに刺さる他のオッサンの羨望の眼差し、
容赦無く顔面に打ちつける雨粒は痛かった…

40_20170919121954fa2.jpg 


結局台風18号は島根よりも東側を通過したので大きな影響は無かったが
夕方頃から夕食後まで何度か停電した。近年停電は経験してなかったので少しは驚いたが。
気の毒なのは停電時に入浴していたお客さんだ。
聞けば停電時、シャワーは止まり我が家は全く興味の無い加温循環の内湯浴槽は
機能を停止したそうだ。

風雨が少し弱まった夜の露天風呂、ガラガラである。ほぼ貸切状態♪
シャワーキャッパーは存分に湯を愉しんだ。

42_201709191221340bc.jpg


4日目、最終日。
高速道路も大きな被害は無く、通常通り通行可能だった。
帰り道は岡山県、院庄でブドウを買う為に広島は三次から延々と風景の変わらない中国道を
走って帰宅。
ハイベリーなるブドウはシャインマスカット同様皮ごと食べられる品種であるが
熟すと実が房から落ちてしまう為に岡山県外にはほぼ流通しないレア品種である。

    44.jpg 


今回は生憎の天候で三瓶山の夜空や早朝の雲海を楽しむ事は出来なかったが
代わりに入浴してはゴロゴロ昼寝…本当にゆっくり出来た。
2年連続でこの時期に三瓶温泉を訪れたので来年は奥飛騨、信州方面へ戻るかも
しれないが晩春、梅雨時期、時間を作ってまた必ず帰ってくるゼ!三瓶温泉!!

43.jpg 


本日19日より通常営業しております。
今のところ来店予約も比較的空いておりますのでお問い合わせお待ちしております。


スポンサーサイト
タグ :

臨時休業のお知らせ

 2017-09-11
下記日程にて遅めの夏季休業とさせて頂きます。

14日(木) 定休日
15日(金) 休業
16日(土) 休業
17日(日) 定休日
18日(月) 祝日定休

ご迷惑お掛けします。
上記期間内、メールでのお問い合わせには返信可能です。

P9090344.jpg
タグ :

Valley Arts CUSTOM PRO 高温多湿地域防サビ対策仕様に組み上げる編

 2017-08-26
残暑お見舞い申し上げます。

久々の更新になります。

今回はバレーアーツのカスタムプロを作業させて頂きました。
画像撮影時に撮影サイズの設定をミスったので所々お見苦しい画像が御座いますがご容赦下さい。

va1.jpg



まずはお預かり時状態。
お客様によれば長い期間使っていなかったので色んな所が劣化しているとの事。

va2.jpg 



確かにビス類をはじめ金属パーツのサビ、劣化は激しい。
フレットも激減りである。

va4.jpg



フロイドローズもかなりキテる…

va3.jpg



ラッカー塗装は汚れ&カビ?の付着と塗装自体の変質で少しベタつきが発生。

va5.jpg



今回のお客様は普段東南アジア某国にて生活されているとの事。
一時帰国に合わせて6月にお預かり、盆明けながら猛暑真っ只中な8月後半にお引き渡し。
東南アジアなので日本より高温多湿で日本の夏なんて足元にも及ばないと思っていましたが
聞けば湿度は日本の夏の方が高いらしい。
ただしエアコンの設置文化の違いか屋内でエアコンを使用していても結露が激しいとの事。
故に上のフロイド画像を見てもらえれば分かるが今後はサビに対する対策も必要である。
打ち合わせの結果、メッキ表面の耐久性、防サビ対策として金属パーツ類は
ゴールド⇒クロームへ変更して載せ換える事に決定。

まずはフレット打ち直し。
ネックには問題となる様なクセや波打ちはあまり見られない。
素姓の良いワーモス製ネックだ。

va6.jpg



ボディーの塗装面は手でチマチマ磨いてどうにかなるレベルでは無かったのでバフ掛け。

va7.jpg



蘇った光沢!!
質の良いブックマッチのメイプルだ。

va8.jpg



ザグリ内に塗られた導電塗料はラッカー塗装に対してウレタン用だったので所々
クラッキングが見られた。
ある程度シンナーで剥がしてからラッカー塗装用を塗り直す。
それでも下地塗装にまで変質が起きているので今後もクラッキングは起きるかもしれない。
しかしクラッキングが起きたままで導通が遮断されているまま組むよりは塗り直した方が
良いと判断。


va9.jpg



すり合わせも行ってネック周り完成。

va10.jpg



しっかり作られている頃のワーモス製ネックだが使われているメイプルが素晴らしい!
派手な木目に目が行きがちだがペグ、ナット類の金属パーツが付いていない状態にも関わらず
ずっしりとした重量感!
これこそ近年よく見る木目だけが派手でスカスカな柔らかいメイプルではなく材質その物が硬く、
本来ネックに適したハードなメイプルである。

va11.jpg




さて、ネック周りが仕上がりボディーも下ごしらえが出来たので組み込みに入る。

ブリッジはシャーラー製を使う。
近年のシャーラーにしろフロイドにしろ(まぁ製造元は同じだが)テンションバーと
スプリングハンガーの付属ビスがユニクロメッキ(クロメート)なのが気に入らない。
耐食性に問題は無いにしろ青っぽい色合いが安っぽいと思う。
なのでこれらの付属ビスは使わない(笑)

va12.jpg



実はネック周りやボディーの作業時にずっとこのフロイドを見易い場所に置いていた。
お客様とは単にクロームパーツへの交換で話はしていたがせっかく新品パーツを
載せるのにまたすぐにサビるのは如何なものかと…
メッキ表面は汗の質により黒ずむだけで済む場合もあれば今回の様に完全に下地金属まで
浸透して茶サビが出る場合もある。言うまでも無くこの茶サビが一番ヤバい。
湿度は日本の夏よりマシだとしても屋内エアコンの結露、汗の質…
今回は「高温多湿地域防サビ対策仕様」で組み上げる事にする!

va13.jpg




まずストリングインサートブロックはKTS社のTi、チタンブロックへ交換。

va14.jpg



ストリングロッキングスクリューはステンレス製へ。

va15.jpg



小さいながらペグのギアボックス固定ビスもGOTOH純正ではなくステンレス製。

va16.jpg



ロックナットのキャップスクリューもステンレス製へ変更。

va17.jpg



ネックジョイントスクリューも同じく。

va18.jpg



個別に画像を撮っていないがピックガード固定ビス、リアPU固定ビス、レバースイッチビス、
バックパネル固定ビス、ストラップピン固定ビスetc…
メーカー在庫切れしていたシングルコイル用inchビス以外のありとあらゆるビスはステンレスへ変更した。
これが今後自分が頻繁にメンテナンス出来ないであろうギターへ送る耐久性である。
追加したパーツ類で今回も赤字ギリギリになってしまいましたとさ(笑)

va19.jpg



ここで皆さんへ注意喚起です。

ヤフオク、e-bayで見掛ける事の多い激安(日本円で1~2万円程度、又はそれ以下)で売られている
「ワーモス製ネックです!」なる物は全てニセモノです。
ワーモスっぽい焼印、スタンプは入っているものの現物は大陸製の全く使い物にならない
安モノです。
ポチる前に良く考えてみましょう。
ワーモス製のしっかりしたネックがそんな値段で販売されると思いますか?
絶対に購入しないで下さい!

P8170417.jpg


タグ :

【お盆期間中営業のご案内】

 2017-08-03
11日(金) 祝日定休
12日(土) 営業 ※予約来店終了次第閉店
13日(日) 定休
14日(月)~通常営業

尚、12日(土)のご来店予約受け付けは10日(木)受付締め切りとさせて頂きます。

P8030375.jpg
タグ :

YAMAHA MG-1R を徹底的に手を入れた。コンパクトなギターは何故人気があるのか?編

 2017-07-25
暑中お見舞い申し上げます。

いやぁ~暑いですね…
久々のブログ更新になります。

例年梅雨時期以降は比較的作業数が落ち着くのですが今年はどういう訳なのか
フレット交換の嵐です。ご依頼頂いた皆様、有難う御座います。
したがってリペアが混雑しており、お急ぎ納期希望の作業をお断りしてしまいましたお客様、
申し訳ありませんでした。
8月に入れば少しは落ち着く予定ですが既に数本フレット交換依頼を頂いておりますので
フレット交換等、比較的大掛かりなリペア、改造をお考えの方は早めにご相談お願いします。
クイックリペア等は随時受け付け可能です。

※尚、多数お問い合わせを頂いておりますサスティナーの取り付けに関してですが
サスティナーキットが現在メーカー在庫切れ、納期未定との事ですので一時的に取り付け作業を
中止しております。
安定供給が見込まれる様になりましたら作業受付再開の旨、当ブログ、当店Facebookページにて
ご案内差し上げます。
既にサスティナーがインストールされたギターのモデファイは平常通り受け付けております。

さて、少し前の事ですがヤマハのMG-1Rを徹底的に作業するシリーズでお受けさせて
頂きました。
ヤマハのMGと言えばTAK松本のネオンやゼブラ、パッパラー河合(古いか?)の3シングルモデル等が
思い浮かびますがこのMG-1Rはシリーズ最高峰モデルになります。
生産本数も少なく、中古市場でもあまり出て来ないレア機種ですが今回お預かりした物は
かなりの美品!でした。(画像は完成時)

mg1.jpg


まぁ「徹底的に作業するシリーズ」は何度もご紹介しているので今回はあっさりと(笑)

最高峰モデルに相応しく、ザグリ内には導電塗料が塗られていましたがテスターで計測したら
賞味期限切れで導通が無かったので塗りなおして各ザグリを有線で結線。

mg2.jpg


最終的にはポットのアース⇒ジャックのアースへと繋がります。

mg3.jpg


電気系も総入れ替え。ボリュームポットはカスタムCTS⇒スムーズポット化済み。
リアはトーンのスイッチポットによりコイルタップ可能。(オリジナルスペック同様)

mg4.jpg


もちろんフレットも交換。
こんな上質なエボニー指板は久し振りでした!
特徴的な26フレットは断面の処理に拘ってみた。
元の状態はギタークロス等が切り口にブチブチ引っ掛かるのが気になったので。


mg5.jpg




と、まぁいつも通り気になる所は全て手を入れさせて頂きました。

このMG-1Rを組み上げて調整している時に感じたのは
「やっぱ小振りなギターってラクに弾けるなぁ~」でした。

近年は新製品をあまり見掛けませんがいつの時代もコンパクトなモデルは有りましたね。
このヤマハMG、アイバニーズのSシリーズ(コンパクトなだけではなく激薄でもありますが)、
マニアックなところではアリアプロⅡのAQ=アクアノートシリーズ。(当店常連様に3名愛用者居ます)

そんな過去のモデルではなく現行でも人気を誇る「コンパクトなギター」は存在します。
あまりコンパクトなイメージは強く無いかもしれませんが抱えて弾けば分かるのが…
ミュージックマンEVH、AXIS系、そしてシルエット。
人気の理由はあのネックグリップシェイプにもあるとは思うのですがEVH、AXISをお持ち頂くお客様全てが
エディーファンではないんですよ。普通にオジーやメタリカ、はたまたEジョンソン弾いてる方もいますし。
で、何でそのギターを弾いているのか?を聞くんですね。
すると大体の回答が「弾いててラクだから。」「小さくて抱えるのがラクだから。」なんです。
特に座って弾けば分かりますが太ももの入り具合、自然に手を置いた時のピッキング位置、
元々の設計が良く出来ているんですね。
では何故コンパクトなギターは人気があるのか?
欧米人に比べて日本人は小柄だからか?
ではエディー以外にミュージックマンで浮かぶギタリストは誰ですか?
ジョンペトルーシ、ルカサー等等。
決して小柄ではないですよね?特にジョンペトはデカイ=長身だと思います。
結局人間工学とまで言わなくとも自然に弾き易いギターはプロにも好まれるんでしょうね。
皆さんも機会があればミュージックマン上記モデル、ヤマハMG等コンパクトなギターを持ってみて下さい。
きっと欲しくなりますから(笑)
個人的には90年代末~2005、6年までのシルエットでフロイド付きが欲しいなぁ~

普段からEVH、AXIS系のリペアが多い当店ですが…
えぇ。今もEVHフレット交換祭り絶賛開催中で御座います(笑)
今回は偶然にもトランスゴールドが3本集結!(驚) 全て別のオーナー様です。

P7100334.jpg


暑い毎日ですが皆様お体に気をつけて下さい。
タグ :

夏こそ侮るなかれ弦楽器のコンディション管理。弦は緩めよ! アコギのブリッジ剥がれ修理編

 2017-06-17
ほんまに梅雨入りしたんですか?って感じの天気が続いていますね。

さて、今回は梅雨~夏場の楽器コンディション管理についてアコギの
ブリッジ剥がれを直しながら少し書いてみます。

まずは下の画像を見てもらいたい。
完全に剥がれてしまったアコギのブリッジである。
6弦側のブリッジピンが抜けてきているのも分かるだろう。
実はブリッジが剥がれただけではなく、弦に引っ張られて6弦側中心にネック側へ
ブリッジがズレてしまった為にブリッジとボディー(トップ板)の弦通し穴の位置関係が
合わずにピンが抜けてきている=しっかり奥まで入らないのである。

※ちなみにアコギのブリッジが剥がれたからと言ってDIYで何かしらの接着剤を流し込むのは
厳禁です。特にアロンアルファ等を流し込まれると本格的な修理が出来なくなります。

181_20170617151739b48.jpg



当店へネック周りのメンテナンスでご来店頂いた方にはお話し、お願いしていますが
なるべく弾く時以外は弦を完全に緩める事をお勧めしています。
大抵のエレキギター、ベースなら弦のテンションによりネックが順反りますが
アコギの場合はネックのみなら画像の様にブリッジ剥がれ、トップ落ちの原因にもなります。

さて、今回はブリッジ位置がズレてしまっているのでブリッジを一度剥がしてから
接着作業を行います。
使うのはごく一般的なアイロン。

182_20170617151740b49.jpg


じっくり時間を掛けてブリッジ剥がし完了。
この後、ブリッジ底面、ボディートップブリッジ接着面を徹底的に平面出しします。

183_20170617151741b73.jpg


平面出しが終わればボルト&ナットを使って位置出しをしたうえでガッツリ接着します。
接着時の画像は撮り忘れ…

184_20170617151743e85.jpg



十分に日数を掛けて接着剤を硬化させて接着完了!
今回接着剤は樹脂系接着剤を使用。

185_20170617151744b00.jpg


6弦側ブリッジ前面。
ブリッジの少し前に線状のキズがあるのがお分かり頂けるかと。
お持ち込み時、ここまでブリッジはズレていました。
最大箇所で2ミリ弱。そりゃブリッジピンも奥まで入るわけがない。

186_20170617151745710.jpg


ブリッジ後面。
きっちり平面出ししたので隙間無く接着出来ました。

187.jpg


弦を張ってある程度の時間弦テンションを掛けてブリッジに問題が無いか確認してから
お客様へお渡し。

188.jpg


で、表題のお話。

ネックの反り、今回の様なブリッジ剥がれ。
主な原因は弦のテンションの掛かり過ぎ=チューニングしっぱなしではあるのだが
どんな弦楽器でもチューニングした状態ではネック&ブリッジに数Kgの負荷が掛かっています。
そりゃ製造時にきっちりシーズニングしてようがネックにトラスロッドが入っていようが反って当たり前。

皆さんネックの反り等のコンディション変化が気になるのは大体冬場ですよね?

そりゃ冬場は乾燥が進みネックをはじめ木が縮んで色んなトラブルが出易いのは
簡単に分かりますね。
何しろ乾燥する事で人体にも影響、症状が出る為か環境の変化に気付き易いわけですよ。

しかし今の季節、春以降~夏場はどうですか?
暑いのは仕方ないですがあまり楽器のコンディション変化について考えてませんよね?
(事実ネック周りのコンディションチェックの依頼も冬前~春先が圧倒的に多いです。)

実はココに落とし穴があります。

冬場は湿度が30%程度、もしくはそれ以下に下がり、暖房を使う事で更に乾燥が進む。
しかしながら乾燥が続く状況に変化はあまり起きない。

では夏場はどうなのか?

昼間仕事や通学で無人となった楽器を置いている環境は湿度が80~90%と極端に上がり
蒸し風呂状態になる。
帰宅後から就寝前、もしくは翌朝までは冷房を入れる。
エアコン入れると爽やかになりますよね?
そりゃ温度も当然ですが不快の原因だった湿度が40~20%程度までドンッと下がりますから。
弱冷にしても60%ぐらいかな?

すなわち夏場は24時間の間に蒸し風呂状況と冬場の乾燥が交互に訪れるわけです。

湿度の影響を受けやすい木材は忙しい事この上無いでしょう。
何せ24時間内で水分を吸い放題から脱水症状になる事を繰り返すのですから。

上記の影響によりネックの反りは勿論ですが
アコギのブリッジ剥がれも弦テンション以外の原因として
ブリッジ材質とボディー(トップ板)材質の膨張、収縮による接着面の剥離があります。
元々ブリッジ(エボニーやローズ)とトップ板(主にスプルース等)では木材自体の硬さ、
収縮率がかなり異なります。
場合によっては常に弦テンションを抜き湿度管理を徹底してもブリッジ剥がれは起きるかも
しれません。
近年は木材の質、製造段階の接着剤の量や質も疑わしかったりもします。

楽器の保管に適した環境は
気温20~25℃、湿度40%程度と言われてはいますが
残念ながら四季のある日本でその環境を年間通して維持する事は出来ません。

24時間365日、冷暖房を入れて楽器保管に適した環境を維持しろとは言いません。
せめて冬場は加湿器を使い、夏場はケース内に湿度調整剤、乾燥剤を入れるぐらいでしょうか。
環境面でおすすめなのは。

でもですね、出来れば年中弾かない時は弦を緩めて下さい。
弦がベロンべロンになるぐらいまで完全に。
アコギだろうがエレキだろうがベースだろうが関係ありません。
上の方にも書きましたが普段ネック周りの作業を行わせて頂いた方にはだいたい
弦を緩める事をお願いしております。
まぁヴィンテージ等で逆反り傾向が強い楽器は別ですが。

日本に四季、梅雨や夏がある以上、湿度の問題は何とも出来ませんが
弦テンションによる様々な影響を防ぐのはあなた次第です。










タグ :

S.DUNCAN JasonBecker Perpetual Burn Humbucker 編

 2017-05-27
昨日だったか一昨日だったか、IPS細胞の研究者が抗がん剤の一種が難病、ALSの進行を遅らせる効果がある事を
発見したとのニュースが流れた。

長いキャリアの喫煙者である自分が将来肺ガンになったとしてもそれは当然の帰結、自業自得である。
しかしながら先天性、突発性の病に苦しむ患者には本来何の罪も無いはずだ。
したがってALSを始めとする様々な難病には一日も早く治療法が確立される事を願う。

今回はそんな難病に苦しむジェイソンベッカーの1988年に発表された代表作、
「Perpetual Burn 」の名を冠するダンカンのPUについて書いてみる。
若かりし頃は「シュラプネリスト」だった自分としては素通り出来ないPUだ。

P5120292.jpg


もちろん88年当時にこのPUは存在しない。
難病に苦しむベッカーへのベネフィット的要素を含んで2014年に発売された近年モノである。


P5120294.jpg


マグネットはアルニコ5、メーカー公表直流抵抗値は12.11kΩ、実測は13.31kΩだった。
フラットポールピース側の抵抗値は6.65kΩ、アジャスタブル側は6.66kΩ。
最近のダンカンによく見られるハイブリッド製法ではない様である。
抵抗値だけの比較で言えばSH-5、カスタムと近い立ち位置になる。

P5120295.jpg


で、お客様(常連様)のギターに付けさせて頂いたのである程度の時間弾いてみた。

最近のSH-5の派生モデルは中々の完成度、特に59カスタムハイブリッドの高域=トーンは
かなり良い。
このPerpetual Burn はその一段上の高域が出ている様に聴こえる。
59カスタムハイブリッドに少しギラついたトーンを加えた感じ…と表現してみる。
言うまでも無くHM/HR向きである。
太さはSH-4、JBやディマジオ トーンゾーンの類いには及ばないがヌケの良い高域は
アンプ直、プリアンプ機能を持つエフェクトへの入力に有利だと思う。

P5150314.jpg


ジェイソンベッカーをリアルタイムで経験していないギタリストでも十分に満足出来るPUだと思います。
少なくとも59ハイブリッドを良いと感じているならハズレでは無いので試してみてはいかがでしょうか?

今やプレイするジェイソンベッカーは動画でしか見る事は出来ないが個人的にはこれが一番凄い(エグい?)と思う。
ソロ作では多彩な音楽性の表現が評価を得ているらしいがやっぱりプレイは超越したテクニックに目が行ってしまう。
「自分ピック要る?要らんやろ?」って聞いてみたい…




もし病に冒されていなければ、
もしDLRバンドで大成していれば、
近年の再結成来日公演ブーム?+マーティー効果でカコフォニーもリユニオンしていただろうか。




はたまたメガデスにでも加入していただろうか(笑)
想像は尽きない。

残念だ。
タグ :

YAMAHA SG2&SB2 弾いてこそ価値あるヴィンテージ、しかし純正状態が価値高いヴィンテージ編

 2017-05-18
今回はYAMAHA SG2、SB2の作業をお受けさせて頂きました。

ギターのSG2は昭和42年=1967年、ベースのSB2は昭和41年=1966年製です。
45年=70年製の自分より年上になります。
以前SG2を作業してブログにアップしましたがモズライトやこのヤマハSG、いわゆるテケテケ系の
作業依頼もここ数年は増えてますね。

お客様はプレイヤーなので当店お約束のパターン、演奏性重視で手を入れますが
今回は純正状態へ戻せるマージンも計算しながら作業します。

sg1_20170518164059446.jpg 


まずは2本共にフレット交換。
ナット=0フレット仕様なのでフレット打ち、すり合わせ完了時、仮組みしてはナットとなる
0フレットの高さを調整。
削って低くして弦高チェック、低すぎたら少しだけ浮く様にフレットを打ち直す…
この繰り返しは結構大変です。

sg2_20170518164101732.jpg 


0フレットの高さが決まれば仕上げ作業を行ってフレット周りは完成。
次に本来のナットの役割は無い金属製ナットの取り付けに入ります。

sg3_20170518164102762.jpg 

以前にも書いてますが金属と木材では接着する上での相性が良くない。
接着剤は木材には染み込むが金属には染み込みません。
したがって時間経過と共に接着剤が痩せると金属製ナットは簡単に外れてしまいます。
ある日突然ポロリと外れるので本当にびっくりします。
ジャクソンヘッド等のナットを境に弦の角度が変わるギターはチューニングを緩める、
締めると突然ポロリも有りますね。

このナットの底面には成型時のピン跡の穴が空いているのでコレを利用します。

sg4_20170518164103d20.jpg 



元から空いている穴と逆側にも同じ位置に穴を空ける。
そして底面に対して垂直にビスを入れしっかり止まるまで締め込む。

sg5_20170518164105d22.jpg 


ビスの頭をグラインダーでカット。
これでナット底面側のピンが完成。

sg6_20170518164106dd7.jpg 


ピンの当たる位置に受け穴を空けます。
って簡単に書いてますがこのナット取り付け部の木部底面と指板壁面は垂直が出ていなかったので
割と大変な作業でした…

sg7_20170518164107fc1.jpg 


ピンを差し込むだけでナットは外れにくくなりましたので接着剤は少量の使用ですが
十分強度と耐久性は出ているかと思います。
これにてネック側の作業は完了。

sg8_20170518164109c12.jpg 


次は2台のボディーへ取り掛かります。
今回は純正ピックガードを保存、ヴィンテージパール柄で新規にピックガードを製作します。

sg9_20170518164110c47.jpg 


まずは御開帳。
画像では分かり難いですがザグリ内には銀色の導電塗料と思われしき物が塗られています。
66~67年で既に導電塗料を導入しているヤマハは凄いですな。

sg10_20170518164112fbb.jpg 


ヴィンテージのお約束ですがピックガードの縮みによりビスが斜めになってしまっています。

sg11_201705181643043bc.jpg 


ビスを抜いていくと一目瞭然。

sg12_201705181643052b9.jpg 


当然ビス穴も楕円に変形しています。

sg13_20170518164307a43.jpg 


外したピックガードは電気系を取り除いて速攻で板に固定。
これはビスの支えが無くなったピックガードは縮みが加速するので現状以上の縮み、変形を
防ぐ為です。
短い時間でも放置すると元に戻す=再度ボディーへ取り付ける事が困難になってしまいます。
60年代のジャガー、ジャズマスターの電気系を作業する時なんかは毎回時間との戦いです…
ですのでこの純正ピックガードが必要な作業の時は面倒ですが毎回外す⇔固定の繰り返し。
完成後はこのままお客様へお渡しします。そして環境変化の少ない冷暗所保管をお願いします。
これがヴィンテージのピックガードの正しい保存、保管方法になります。

sg14_20170518164307260.jpg 


次に斜めになり変形してしまった全ビス穴を埋め木。

sg15_20170518164309d2c.jpg 


埋め木の接着剤乾燥待ちの間に導電塗料を塗る。

sg16_2017051816431209a.jpg 


3ミリ厚のアクリル透明板で新規のピックガードの元型を作成。
外形とポット穴、ピックアップホールは既に削りだしていますがピックガード固定ビスの穴は
ボディーの埋め木+空け直しした穴位置に合わせて加工。

sg17_20170518164312db8.jpg 


元型のビス穴を空けてから仮組み。
ビスが斜めになっていないか等を確認。
フェンダーと同じくフロントプリセット回路の横はザグリと超ギリギリの距離感…

sg18_2017051816431389a.jpg 


SG2は内部にもホコリやサビ、切れた弦のボールエンドが入り込んでいたので
トレモロ部も分解メンテナンス。
表面のプレートを外すには少しコツが必要。
以前SG2を作業した時にはこの知恵の輪構造にだいぶ時間を取られた(笑)

sg19_20170518164315b17.jpg 


トレモロ下にも昭和42年のスタンプが有る。

sg20_20170518164316e90.jpg 


ピックアップも分解してメンテナンス。
ポールピースのサビを出来るだけ除去する。

sg21_2017051816445062f.jpg 


問題はピックアップ取り付け部。
ピックアップ取り付け用のビスはサビは少ないものの少し曲がっているので交換する。
ボディー側に受けとなる鬼目ナットが埋め込まれているがビスのピッチが旧JIS規格なので
現行のISO規格のビスと合わない。
3ミリ径のビス、M3同士なのだが旧JIS規格はピッチが0.6ミリ、現行ISO規格は0.5ミリだ。

sg22_20170518164453493.jpg 


なので現行0.5ミリピッチに合わせて鬼目ナットにタップを入れる。
ジャパンヴィンテージを作業する際にはビスの規格、ピッチに注意が必要である。

sg23_20170518164453fe6.jpg 


本チャンのピックガードを製作して組み込み。
SG2のフロントプリセット回路は使い勝手を優先して除去。
とりあえず組み込みが終わった状態。
ここから本当の勝負が始まる。如何にこの2本を「鳴らす」のか。
自問自答の続く長いセッティング作業に取り掛かる。

sg24_20170518164455174.jpg 


SG2は独特の形状の純正アームが欠品していた。
お客様はアームは使わない予定との事でしたがとりあえずストラトの汎用アームが差し込める
様には工夫しておいた。

sg25_2017051816445677b.jpg 



試行錯誤の末に2本共に完成!

ネック角度を見直したりブリッジ周りのアソビを無くしたり弦高を色々試したりと結構時間を
掛けましたがちゃんと結果が出てくれました。
モズライトをはじめこの類のギター、ベースはあまり「鳴る」事がありませんが少し強く弾くと
「ブワン!」みたいな感じで芯があり音の輪郭がはっきり出ています。
ベースのSB2も一つ一つの音が奇麗に分離されている感じ。サスティーンも伸びたと思う。

sg26_20170518164458309.jpg 



兄弟?親子?みたいな2本だがオリジナルのピックガード、電気系はお客様へ保管を
お願いしているのでビス穴の位置加工は必要かもしれないがフレットを除き元の状態へ
戻す事も可能である。
弾けるヴィンテージ、弾いてこそ良さが出るヴィンテージ。
しかしながら純正スペックが一番価値が高いとされるヴィンテージ、
その共存点がこの形なのかもしれない。


タグ :

乗鞍~木曽~蓼科 意外に空いてた今年のGW激湯編

 2017-05-18
さて、久々の番外編です。

常連様より「最近番外編無いけど温泉行ってないんすか?」なんて聞かれる有り様である。

いや、行ってますよ(笑)

もう近所にはブログに書く新ネタが無いだけで。


そんなこんなで5月3日、いよいよ5連休の本格的な?GWがスタート。

道路事情を踏まえて午前6時前には名神に乗るも意外に混雑していない。
米原JCまでは至ってスムーズに到達。
しかしやはりGWである。名古屋エリアでは東海北陸道、中央道への分岐地点では渋滞発生。
特に急ぎの旅でもないので渋滞回避の意味合いもあり北陸道へと進む。

北陸道、武生ICを降りて少し寄り道。
前から訪れてみたかった御誕生寺だ。

御誕生時1


ネコ好きの方には聖地とまで言われるお寺である。
檀家やネコ好き参拝者のお布施、寄付で病気で飼い主に見放されたり捨て猫を保護し、避妊手術や
里親探しまで行っている「命の尊さ」を最も分かり易く示しているお寺かもしれない。
ここのトップに君臨しているのは住職ではなく女王のモフである。文字通りモフモフである。
女王たる威厳に満ち溢れながらも参拝者の子供に追いかけまわされていた。

御誕生時2


御誕生寺近所の「越前そばの里」で旨い越前そば、焼き鯖寿司を堪能してから北陸道へ戻る。
福井ICより九頭竜川沿いに走り、いい加減山道に飽きてきた頃に東海北陸道へ。
高山ICを降りれば冠雪した乗鞍岳がお出迎え。(画像は助手席より嫁が撮影)

高山1


R158、中部縦貫道でいつもの奥飛騨エリアを通過して安房トンネルへ。
5月だと言うのにトンネル入り口付近には除雪された雪がまだ残っていた。

乗鞍1



ようやく初日の目的地、乗鞍高原へ到着。
今まで乗鞍は我々夫婦を晴天で迎えてくれた事が無い(笑)
その代わりお見送りは晴天だったりする…

乗鞍2



今宵のお宿、湯楽里(ゆらり)。
本来今回のGWは4日出発で予定していたが1週間ほど前にこの湯楽里のお得なプランを発見!
急遽3日出発にした。
皆さんも人気の日程で旅行を計画している際にはキャンセルチャージの発生する1週間前ぐらいに
旅行サイトを見直してみる事をお勧めする。
乗鞍3



宿の横にも雪が残る。
その雪をTシャツ1枚で撮っている自分…ここには季節感のカオスが存在している。

乗鞍5


早速運転疲れを癒すべく温泉へ。
乗鞍と言えばやっぱりこの白濁した硫黄泉である!
内湯の湯温もぬるめで一安心。

乗鞍6


小さいながらも露天風呂は湯加減も良く開放感バツグンである。(男湯はね)
乗鞍7


乗鞍を訪れる度にこの湯に浸かると「あ~コレコレ。コレなのよ。」と独り言が出る。

乗鞍8


露天はスキー場ゲレンデの真横なので冬季はスキーヤービューだろう。
晴れてりゃのんびり景色を拝みながらお湯を愉しめるのにねぇ…
ちなみにこの露天風呂、夜は湯温が上がって少し熱かった。

乗鞍9



翌朝、体は疲れているはずなのに早くに目が覚めた。
なので爆睡してる嫁は放っておいて一人で高原をウロウロする。(もちろん車でね)
冬季以外の乗鞍と言えば登山、トレッカーが中心客層だがまぁ何とカメラマンの多い事!
以前立ち寄った大カエデの近くで水面に写り込む乗鞍岳。
ちなみにこの時の外気温は3℃。
当然周りのカメラマンは完全冬装備で撮影している。
自分は寝間着のスエットにライトダウンで挑んだ(笑)
いや、ライトダウン持って来ただけ自分を褒めてやりたいぐらいだ。
ちなみに爆睡していた嫁は起床後、当然朝風呂を堪能していた。
温泉バカ夫婦は温泉さえ有れば勝手な行動が全て許される…はず。

乗鞍10



やはり今回も乗鞍は晴天で見送ってくれた…
ちなみに今回は乗鞍ではマストな野天風呂、せせらぎの湯には行っていない。
それほどにこの湯楽里の湯は良かった。

乗鞍11


ちなみに湯楽里に宿泊すると乗鞍唯一の日帰り入浴施設、湯けむり館の入浴が可能。
通常大人720円が滞在中何度でも利用可能。お得な特典だ。
ただし湯けむり館のお湯は熱いので長湯は出来ない。

乗鞍12



乗鞍を下り、あゝ野麦峠を通過。
初日の九頭竜エリア、この野麦峠付近は今が桜が満開であった。
今年は桜の開花が遅かったせいもあるのか思わぬ絶景の中をドライブ出来た。

かけはし1


国道19号線へ入り木曽エリアへ。
道の駅 木曽福島より御嶽山を望む。
東側より御嶽山を見るのは噴火前以来だ。
画像では分かり難いがよく見れば噴煙も確認出来た。
もう少し状況が落ち着けばまた紅葉に染まる田ノ原駐車場を訪れてみたい…

かけはし2


さて、2日目の宿は桟(かけはし)温泉だ。

かけはし3


かけはし4


残念ながら現在露天風呂は休止しているものの内湯手前側は約40℃強、奥の浴槽は
源泉浴槽である。
ちなみに源泉浴槽は湯温?15℃の冷鉱泉の掛け流しである。
源泉に挑むには手前の加温浴槽に十分浸かり、かなりの気合いをもって突湯しなければならない…

かけはし5


窓の外には木曽川の景色が広がる。
露天が無いのが残念だ…

かけはし6


加温浴槽⇒景色を楽しむ⇒加温浴槽⇒意を決して源泉浴槽⇒加温浴槽のループが出来上がる。

かけはし7


部屋からも絶景!

かけはし8


夏場ならあの源泉浴槽はサイコーかもしれないな桟温泉!

かけはし9



3日目、国道19号線を少し北上してから権兵衛トンネルを抜け伊那へ。
伊那への下り道、水を張った水田と桜、そして残雪残る中央アルプス。絶景である!

明治1



伊那でソースかつ丼。
我が家は福井より信州エリアのソースかつ丼が好みなのだ。

P5050149.jpg 


伊那より中央道を走り諏訪方面へ。
この景色を拝むのは久し振りだ。
古い番外編を見てもらえれば分かるが以前はこのエリアを中心に湯巡りしていた。

明治2


諏訪南ICより蓼科へ。繁忙期は諏訪ICで降りるより混雑を回避出来る。
CMで有名になった御射鹿池(みしゃかいけ)。
以前訪れた時はそれなりに神秘的な雰囲気があったが酷道の道幅を拡大、歩道・駐車場が
出来上がり、完全に観光地化が進んでいた。…残念である。

明治3


その御射鹿池の真横に明治温泉への入り口(私道)がある。

明治4


今回の旅、ラストのお宿は明治温泉旅館だ。

明治5


この宿の真横には名所、おしどり隠しの滝がある。

明治6


と、言うか渓谷の中に佇む温泉宿なのだ。

明治7


やたら多い…

明治8


どれだけ凄いのかが分かる様な分からない様な…

明治9


しばし滝を撮る。

明治10


どう見てもおしどりを隠せる程のスペースは無いのだが…

明治11


連休&名所近所なので日帰り入浴客で常に混雑していた浴室。
深夜になってやっと静まりかえっていた。
(湯けむりモクモク、薄暗い状況で撮ったので画像が見辛いのはご勘弁を。)
こちらは加温浴槽。おそらく41~42℃で熱め。

明治12


約24℃の源泉が打たせ湯で注がれている。
桟温泉ほどの気合いは要らないがやはり夏場向けかとは思う。

明治13



何といっても素晴らしかったのがこの半露天風呂。
特に半露天ではないのだが日中に大きな窓を開ければおしどり隠しの滝が見え、
かなりの開放感が味わえる。
湯温も40℃弱で長湯が可能!この浴槽の為だけにここに来たと言っても過言ではない。
この旅では湯楽里の内湯とこの半露天風呂がお気に入りとなった。
ちなみに湯温がぬるめなのは男湯だけ?なのか嫁曰く女湯の半露天は熱めだったそうだ。
宿泊日と翌日では湯の色が変わっていたのも印象的だった。

明治15


明治16


明治温泉たる由来は明治時代から営業している訳でもなくチョコレート屋がやってる訳でもなく
「明らかに治る」から明治温泉。
さすがに肌触りはバツグンだった!

明治17


山奥の宿と言えど食事も十分満足出来るレベル。

P5050162.jpg 


翌朝、嫁が女湯の半露天風呂からおしどりの滝を撮影。
こんな景色を眺めながらゆっくり温泉に浸かっていると帰りたくなくなってしまう(笑)

明治18


このエリアは以前ブログにも書いた秘湯、渋御殿湯が有り他にも横谷温泉や渋辰野館があるが
個人的に再訪するなら明治温泉で良いかなと思う。

明治19


チェックアウト後は前日に下見しておいた「たてしな自由農園」で素早く買い物を済ませ、
中央道へ飛び乗る。
連休最終日の一日前、今日が渋滞のピークだと覚悟しながら…

が、ガラ空き(驚)

夕方前には帰阪出来た。渋滞?一切ナシ。。

今回、最近の湯巡りでは割と走った方だと思っていたが意外に走行距離は少なかった。
しかし運転疲れは残ったのでやっぱ歳食ったのかなぁ…なんて思う。

明治21


帰りの高速SAで渋滞時の間食用にと衝動買いしたコレ。
めっちゃ旨いんですけど!!

明治22


深く蒼い空をアルプスの山々が囲む。
しばらく足が遠のいていた諏訪~八ヶ岳エリアでしたがまた来ようと思います。

明治20



タグ :

赤いTEJ-DELUXE SUS ダンカン付けるついでに色々メンテ編

 2017-05-13
さて今回は赤いTEJ-DELUXE SUSをモデファイさせて頂いた。

通常は黒のみの展開モデルだがどうやら某楽器店のオリジナル仕様らしい。

赤も中々良い感じだと思う。


tej1_201705131420530c5.jpg


tej2_20170513142054458.jpg


お受けしたモデファイは
・リアPUをダンカンSH-4へ交換。
・使い難い2軸2連ポット(上=サスティーンボリューム、下=マスターボリューム)を1ボリューム化。
であるが他にも気になった点は手を入れる方向性である。

tej3_20170513142055c21.jpg


それでは諸々チェックしながら作業に入る。

店頭在庫期間が長かった為かフレットも曇ってしまっている。
全体研磨して指板にオイル塗布確定。

tej4_2017051314205786a.jpg


当ブログでは何度か書いているのだがGOTOHの510トレモロ搭載ギターの場合、
トレモロバックプレートの弦通し穴が6穴だと使い難いっちゅうねん…

tej5_20170513142058723.jpg


抜いた弦を見て欲しい。
510はただでさえ弦が複雑に曲がるので弦がサスティーンブロックの弦差し穴から真っ直ぐ
出て来ない。
パネルの弦通し穴を6穴⇒1スリットへ変更決定。

tej6_201705131420595cf.jpg


配線周り。
特にワイルド(笑)な仕上がりではなく一見問題は無さそうだ。

tej7_20170513142100bcb.jpg


が、サスティナー基板はもはやお約束(笑)
コンデンサー数個が非行に走ろうとしている…

tej8_20170513142102bf4.jpg


まっとうな人生を歩める様に矯正しておいた(笑)

tej9_201705131421033ea.jpg


純正リアPUは往年の名器、VH-4!
今なおマニアックな信者の居る数々の伝説?を持つハムバッキングだ。

tej10_20170513142105617.jpg


当時モノのVH-4は長足だったが現行は短足。
ま、ダンカンに換えちゃうから問題は無いんだけどね。

tej11_20170513142106df7.jpg


こういうのが個人的には嫌だったりするシリーズ。
ブリッジアースの線がトレモロスプリングハンガーの上側を通ってハンダ付けされている。
何らかのタイミングでスプリングとハンガーの爪の間に入り込んだら断線するだろう…
あまり考えられないシチュエーションだが精神衛生上はよろしくないな。

tej12_20170513142108a9c.jpg


ハンガーの下をくぐらせてハンダ付け。

tej13_20170513142109d80.jpg


分解していて気になった所はガンガン直していく。
お次はジャックプレートだ。いや、問題はジャックプレートを止めているビスだ。
左側のペグビス?みたいな細くて短いビスで止まっていたがジャックプレートはプラグの抜き差しの際に
力が加わる事が多く、実際にトラブルの多い箇所である。
なのでピックガードビスへ交換。
ボディー材が柔らかい場合は更に長いビスを用意する。

tej14_201705131421114ce.jpg


サスティナー周りをダンカンSH-4に合わせてモデファイ、2軸2連ポットに組み込まれていた
サスティーンボリュームは除去するので基板上でサスティーンボリュームをフルアップ固定へ
改造。
他にはいつも通り信用していない半固定抵抗を信用出来る物へ交換。

tej15_201705131421126b1.jpg


変更前2軸2連ポット。(ノブはお客様が変更しているかもしれません)

tej16_2017051314211460c.jpg


1ボリューム化でスッキリ!

tej17_201705131421152e3.jpg


指板&フレットも研磨完了。

tej18_20170513142117f10.jpg


弦通し穴もスリット化したので弦の着脱もラクになりました。

tej19_201705131421184e9.jpg



バッテリースナップもヘロヘロに柔らかい物が付いていたのでCLIFFへ交換。耐久性重視!
何せサスティナーは頻繁に電池交換が必要なデバイスなので。

tej20_201705131421207fe.jpg


完成!

tej21_20170513142138355.jpg


「転ばぬ先の杖」的に「こりゃヤバいかもな…」と思える所は手を入れさせて頂きました。

タグ :

<連休期間休業のお知らせ>

 2017-05-02
3日(水)~7日(日)まで休業とさせて頂きます。
メールでのお問い合わせには対応可能です。


P5010081.jpg
タグ :

現在のリペア受け付け状況について

 2017-04-18
現在リペア受け付け状況はそれほど混雑はしておりませんが
フレット交換、サスティナー関係等比較的時間の掛かる作業依頼が増えてきております。
連休前仕上がり希望のリペアをお考えの方はなるべく早めにお問い合わせをお願いします。

P4180010.jpg
タグ :

<臨時休業のお知らせ>

 2017-03-28
4月1日(土)は臨時休業とさせて頂きます。
ご了承下さい。

P3250121.jpg
タグ :

うっかりぶつけちゃったシリーズ。ネックグリップの打コン修復編

 2017-03-09
久々に打コン修復編です。

ギターやベースをうっかりぶつけちゃう事って多いですよね?
ボディーなら精神的ダメージが大きいですがネックグリップは物理的ダメージも伴います。
小さい打コンでもポジションチェンジ時なんか手触りが気になりますよね。
今回は比較的ガッツリ逝ってしまった打コンを修復します。

1_20170309161148394.jpg


潰れた木のささくれが出ちゃってます。
この画像でお分かり頂けるかと思いますがツヤ消し塗装のネックグリップです。

2_201703091611505ee.jpg


まずは傷口の汚れ、脂分を除去します。

3_20170309161152f0d.jpg


ささくれになった部分は修復出来ないので意を決して削り落します。
同時に千枚通しや針先を使って打コン内部に入り込んだ汚れも取り除きます。
すなわち今回の様な打コンの修復は事故から早めの施工の方が手間が掛かりません。

4_20170309161153403.jpg


研磨=下準備完了!

5_20170309161155cb0.jpg


樹脂充填開始!

6_201703091611570b1.jpg


数日に渡り充填⇒硬化⇒研磨の繰り返し。

7_201703091611582b8.jpg


打コンの凹みが気にならない程度まで充填出来た段階で研磨の範囲を少し広げて
他の部分と打コン部の段差を無くします。

8_20170309161159d24.jpg


完成。
光の当たり具合で打コンによる段差が解消されているのがお分かり頂けますでしょうか?
ツヤ消し塗装面なので研磨し過ぎると傷口周辺だけツヤが出てしまう。
なので今回は研磨の寸止め具合が難しかったです…

9_2017030916120177a.jpg


今回は塗装のタッチアップと同じく樹脂を充填する方法で修復させて頂きました。
樹脂も時間が経つと目痩せして少し段差が出来てしまうかと思います。
しかしながら仮に傷口に合う木片を削りだして貼り付けても木の収縮率は大きいので
今回ぐらいの打コンサイズまででしたら経年変化を考えれば樹脂充填が無難だと思います。

まずはうっかり事故を起こさないのが一番ですけどね。

ギタースタンドに立て掛けているから「安心」ではないですよ。
スタジオでの休憩時にアンプに立て掛けるなんてのは事故ウエルカムですね。

皆様ご注意を!
タグ :

GIBSON SG 怪奇現象的な電機系トラブルの原因を暴く編

 2017-03-01
今回はとあるギブソンSGである。

去年ピックアップ交換を作業させて頂いたのだが今回はトグルスイッチの接触不良との事。

sg1_20170301174750e86.jpg 


近年モノのSGなので電機系は基板化されている。
この基板が曲者でコネクター類の接触不良も多い。
去年ピックアップを交換した際にはピックアップ入力部はコネクターを使わずに直接ハンダ付けしている。

 sg2_20170301174752eb8.jpg


最近この基板化アッセンブリーの付いたギブソンの電機系トラブルが増えている。
最初は「音が出なくなりました」的な問い合わせを頂くのだが来店時にチェックしたら
正常に音が出るのである…
お客さんは「いや、昨日の晩は本当に音が出なかったんです…」と困惑される。

今回はトグルスイッチの症状改善がご依頼だがそんな怪奇現象的な電機系トラブルを
事前に防ぐ対策も施させて頂く。

まずは忌まわしい基板を丸ごと取っ払う。
ボディーザグリ底面は段差だらけのガッタガタである。

sg3_2017030117475318f.jpg


つーか基板化以前にこのポット穴は何だ?
穴位置の不具合で基板一体化のポットシャフトが入らなかったのは容易に想像出来るが
穴の拡大にリーマーを使うとはねぇ…
500歩譲ってリーマーの使用を認めてもこの雑な仕上げはアカンやろ。

sg4_20170301174755b19.jpg 


コレが取り外した基板なのだが…

sg5_20170301174756e59.jpg 



下の画像を見ればジャック方向へ曲がっているのが分かるだろう。
この基板の曲がりこそが怪奇現象の原因である。
基板はポット、ジャックの六角ナットを締めつける事でボディーに固定されるが
上記画像の通りザグリ底面は平面ではない。
したがって基板には色んな角度での圧力が掛かる。
それにより基板は曲がり、時として配線パターンの剥がれやポット、ジャック類のハンダ箇所の
ハンダ浮きが発生する。
しかしながら完全に信号ラインが断裂する訳ではなく僅かな圧力の変化で正常⇔音出ずの
変化が起きる。
これを防ぐには基板除去、通常配線化が確実な方法になる。

sg6_20170301174758370.jpg 



まずは先ほどのポット穴、同様に不細工なジャック穴を修正する。
フロントボリューム、トーンのワッシャーは固着しているので無理には外さない。
塗装が完全に乾ききるまでに締め付けられたワッシャーは塗装と一体化している事があり、
無理に外すと周囲の塗装まで剥がれる危険性があるので。

sg7_201703011747599e0.jpg 


ポット、ジャック穴共にパーツ取り付けに問題の無いサイズまで穴を拡大して修正完了。

sg8_20170301174801e69.jpg 


ザグリ内に導電塗料塗布、バックパネル裏にはアルミテープを貼る。
パネルの一部黒い部分はアルミテープの継ぎ貼り部の導通を確保するべく導電塗料を塗っている。
ザグリ側のビス穴一か所、パネルとの接触部一か所にも導電塗料を塗ってパネルとコントロール内の
導通を確保。
画像は無いが当然ピックアップホールにも塗布。各ザグリは有線で結線。

sg9_201703011748020b2.jpg 



配線完了!
ポット類はカスタムCTSベースのスムーズポットを使用。
コンデンサーは予算の都合、コンデンサーへの拘りが無いとの事だったので基板からコンデンサー
を外して再利用。

sg10_20170301174804e53.jpg 


ちなみに主目的のトグルスイッチは「ミニトグルスイッチ」へ変更。


sg11_201703011748055fa.jpg 


純正と同じスイッチクラフト社のトグルスイッチとは違い接点部がケーシングされている。
今時接点が剥き出しのスイッチを使い続けているのはギター業界ぐらいである。
接点が剥き出しであれば品質に問題の無いスイッチクラフトと言えど接点部金属の酸化による
接触不良は避けられない。
トグルスイッチのトラブルの再発防止にはルックスを許せるのであればミニトグルへの交換を
お勧めします。

sg12_20170301174807d08.jpg 

電機系を基板化する事でギブソンは生産効率が上がるのだろう。
でもその反動をトラブルとして被るのはユーザーなのだが…







タグ :

ビンテージのフレット交換に忙殺されてみた編

 2017-03-01
久し振りの更新になります。

1月中旬以降、あまりの忙しさとパソコンのトラブルによりブログ&FBより遠ざかっておりました。

まずは70年、シングルストリングガイドのストラトです。
オーナー様はコレクターではなくバリバリのプレイヤーなのでぺったんこのフレットを交換、
電装系もPU以外入れ替えます。

st1_20170301151401f1d.jpg



まぁラウンド指板のお約束と言っても過言ではないのですが
ローフレット側は特に問題ナシ…

ST2_2017030115140390f.jpg


ハイフレット側は指板の厚みが超薄い!

ST3_2017030115140427b.jpg


お尻から見れば如何に薄いか伝わりますかね?

ST4_20170301151406459.jpg


これだけ指板が薄いと指板修正もかなり慎重に、必要最小限、問題個所をピンスポットで
削るだけ。
そして激面倒なのですがフレットのタング=指板へ打ち込む部分を1本1本グラインダーで
削ります。
普段のストラトのフレット交換の数倍時間が掛かります…

ST5_201703011514076a6.jpg


フレット周りの作業完了時。
何とか違和感無く仕上げる事が出来ました!

ST6_20170301151409018.jpg


この70年と同時進行で69スペックのカスタムショップもフレット交換。
現代のカスタムショップと言えどラウンド指板の薄さは同様…
んなトコまで忠実にコピーすんなよ…って言いたかったりする(笑)

ST8_20170301151410f2b.jpg



お次は70年代のレスポールカスタムのレフティー。
フレット交換歴があるみたいだが完全に摩耗してしまっている。
こちらのオーナー様も完全なプレイヤー!
なのでフレット交換を作業させて頂きます。

レスポールカスタムと言えば当たり前の話、エボニー指板。

とりあえずはフレットを抜くが…
と、書くと短いが元フレットが接着されていた(怒)ので
抜く→指板チップ出まくる→接着→その繰り返し→地獄。
で、フレットを抜くだけで笑っちゃうぐらいの時間を費やす。

そして画像をよく見れば分かると思うが指板中央部にクラックが入ってしまっている。
症状としては軽度ではあるがエボニー指板特有の「指板割れ」である。

lp1_201703011516128e1.jpg


まずは針を使って傷口内部に詰まった汚れを取り除く。
これはかなり老眼泣かせな作業である…

lp2_201703011516148d4.jpg


傷口周辺をマスキング。
そしてエポキシ樹脂を流し込む。
ドライヤーは熱を加える事で樹脂の粘度を下げる為に使用する。

lp3_20170301151615c2a.jpg


樹脂硬化後、指板修正を行う。
傷口は埋まったがそもそも傷口のラインを境に6弦側、1弦側で木の質が異なっている事が分かる。
したがって保管方法云々で起きた指板割れではなく起こるべくして起きた指板割れなのかもしれない。

lp4_20170301151617045.jpg


フレット打ち、セットアップ完了!

lp5_20170301151618836.jpg


指板割れ跡もこれなら分かり難いだろう。

lp6_20170301151620d27.jpg



この他にも4本フレット交換…
気がつけばもぅ3月。
ようやくフレット交換祭りから解放されました。

ヴィンテージギター、ベースは言うまでもなく修理や改造を施す事で市場価値は下がってしまいます。
しかしながら「楽器」である以上弾かなければヴィンテージとして本当の価値を味わう事は出来ません。
高価な骨董品として捉えるか楽器として捉えるかは自由ですが。

タグ :

やはり新年は番外編で始める事にする。もぅ新たなネタは無いぞ奥飛騨温泉郷編

 2017-01-05
遅ればせながらあけましておめでとうございます。
本年もトーンガレージを宜しくお願いします。

今年の年越しも恒例?の奥飛騨温泉郷へと向かいました。
もはや当ブログでは何度も書かせて頂いている奥飛騨方面。
もう奥飛騨ネタでブログを書く事は無いだろうと思っていましたが
新年恒例行事として書かせて頂きます(笑)


29日より名神~東海北陸道を経て飛騨高山へ。
乗鞍、御岳の雪景色がお迎えしてくれるも画像を見ても分かる通り路面に積雪は無い。

1_20170105122159f72.jpg 


まずは少し早いが年越し中華そばを頂く事にする。

2_20170105122201337.jpg 


以前にも登場した「宮川中華そば」だが本場高山ラーメンとは少し違う。
魚貝ベースと思われる奥深い味のスープは機会があれば味わって欲しい。

3_20170105122203179.jpg 



さて、最初の宿泊地は新穂高温泉、穂高荘 山のホテルである。ここに2泊して湯巡りだ!
今回で3?4?回目のお気に入りの温泉宿。

4_20170105122204f58.jpg 


名物の巨大混浴露天風呂については過去に書いているので今回は書かない。
今回ご紹介するのは何度も宿泊しながら初めて利用する「湯めぐりバス」である。
山のホテル宿泊者は系列宿の「穂高荘 山月」の露天風呂のみを利用出来る。
この湯めぐりバスで送迎してもらえるのだ!
ちなみに山月は山のホテルより一段格上のお宿である。

5_2017010512220565f.jpg 


山月の駐車場横に混浴露天風呂、女性専用露天風呂がある。
内湯と内湯併設露天風呂は宿泊しないと利用出来ない。

6_20170105122207a48.jpg 


時間が早い為か混浴露天風呂は誰も入っていなかった。
山のホテルのそれとは比較にならないがそこそこ大き目の露天風呂である。

7_20170105122208377.jpg 


山月を眺めながら入浴。
欲を言えばもう少し景観が欲しいところではある。


8_20170105122210e70.jpg 


ちなみに奥飛騨界隈は「秀綱」の名が付いた温泉が多い。
信州エリアでよく見掛ける「信玄の隠し湯」みたいなもんだろう。

9_201701051222116bb.jpg 

さて、今度は新穂高エリアの湯巡りだ。
以前雪景色を楽しみながら入湯した「荒神の湯」

10_201701051222137ab.jpg 


熱い!
今回は湯温がめちゃくちゃ熱い!!
おそらくは43~44℃はあっただろうか。
気合いで首まで浸かりはしたがスグにギブ…
おかしいなぁ…前は適温だったのに…

11_201701051224205ee.jpg 


熱い湯を警戒(笑)しつつ今度は近くの足湯に入ってみる。

12_20170105122421475.jpg 


こちらは中々の適温で雪景色を楽しみながら温まる事が出来ました。

13_201701051224235d9.jpg 


本当は未入湯の新穂高温泉、中崎山荘を狙っていたのだがタイムリーにフェイスブックで
露天風呂激熱の投稿があったので断念した…

お次は平湯エリアへ移動。
平湯民俗資料館併設、平湯の湯だ。
ここも数回訪れてはいるが見事な茅葺の民俗資料館には未だ入った事は無い(笑)

14_201701051224245c0.jpg 


ここも志入浴料金を料金箱に入れる管理人不在の露天風呂である。
前々回は適温、前回は激熱で入浴断念、さて今回はどうだろうか?
もはや過去に入浴した際の湯温の記憶は無意味である。
荒神の湯に懲りて温泉バカ夫婦も少し賢くなったので志を料金箱へ入れるのは湯加減を
チェックしてからにした(笑)

15_20170105122426455.jpg 

今回は良い湯加減でした!
まぁ掛け流しの天然温泉なので湯温管理は湯の投入量調節しか手段が無い。
したがってその時々で湯温が変わるのはある程度仕方ないのかもしれない…
ちなみにこのエリアでは平湯の湯が一番静かで情緒深いと思う。
登山客で賑わう平湯バスターミナルの近所ではあるが喧騒とはかけ離れた秘湯感が堪能出来る。
裸電球が灯る中、静かに雪景色を眺めながら湯に浸かると1年の疲れが取れた気がした。

16_2017010512242757b.jpg 


今回の旅の期間中、天気は残念な予報だったが2泊目の晩、夕食後に夜空を見上げると
晴れていた。
急いでお気に入りの眺望ポイント、北アルプス大橋へ向かう。
鍋平ヘリポートから穂高方面を見上げると満天の星空だ。
都会でも簡単に見えるオリオン座は星の海に埋もれている!

18_20170105122429987.jpg 


ソフトフィルターを付ければオリオン座が浮かび上がる。
静寂の中、遠くでフクロウが鳴いていた。

19_201701051224319a1.jpg 


穂高とは逆方向=笠々岳、錫杖岳には冬の天の川が立ち昇る。
ちなみに外気温はマイナス8℃(笑)

20_201701051224321e1.jpg 


さて、いよいよ2016年の大晦日。
新穂高温泉のすぐ隣、中尾温泉へ移動。
まずは中尾温泉名物、「足洗いの湯」で絶景を眺めながら足湯を愉しむ。

22_201701051226198d2.jpg 


年越しのお宿は旅館 観岳。


23_2017010512262036b.jpg 


客室からの眺望。
観岳の名に恥じぬ絶景だ!

24_201701051226228d5.jpg 


ここ観岳は露天風呂3ヶ所、内風呂2ヶ所、全て貸切制である。(去年まで内湯は男女に分かれていたらしい)
そして宿泊は5組まで。
すなわち常に何処かしらの浴室は貸切り出来るのである。
まずは一番大きい露天風呂、仙人湯へ。
フロントで木札を取って入口に掛ける。そして内側から鍵を掛ける。

25_20170105122623d88.jpg 


約10人ほどが入れる浴槽。
湯温も入る時には少し熱く感じるが浸かっていると丁度良い感じになる。
ほんのり硫黄臭がして僅かながら湯の花も確認出来た。

26_20170105122625a86.jpg 


小さ目の露天風呂、産岩湯と秀綱湯。

27.jpg 



こちらは浴槽が小さ目なので湯温は熱いか?と思ったが仙人湯と同じく適温。


28.jpg 


決して大きくはないが一人で瞑想するには丁度良い露天風呂だ。

29.jpg 


仙人湯で今年も無事に「ゆく風呂くる風呂」を堪能した。
大晦日に温泉宿へ宿泊したならば年越しの瞬間を露天風呂で迎える事に拘るのは我が家だけだろうか?(笑)


2017年元旦、奥飛騨を離れる前に北アルプス大橋へ立ち寄る。

30.jpg 


山を下りる途中、川瀬豆腐店で「味あげ」を爆買いする。
毎回購入数が増えていくのだが今回遂にトレーが埋まる量になってしまった…
味あげは人気商品なので大量購入の際は事前予約が必要。

31_20170105122808a3e.jpg 


旅の終わりは実にあっけないものである。
数時間走れば大阪へ帰着。
朝は雪景色に囲まれていたのに車から荷卸しを終えれば大阪は綺麗な夕焼けが広がっていた。

32_2017010512281037a.jpg 



さて、2017年のトーンガレージも本日より始動!
本年も当店を宜しくお願いします。

33_201701051228112cd.jpg 




…2月ぐらいにまた行ったろかな…


タグ :

本年もお世話になりました。

 2016-12-28
今日で年内の営業は終了です。

本年も当店をご利用頂いた皆様に感謝しております。
有難う御座いました。

今年もやはりと言うべきか新しい事を形に出来ませんでした。
毎年正月には「今年こそは!」と意気込んではいるのですが…
来年こそは年末に「今年はやりきれた感」を出せる様に頑張ろうかと。

新年は5日(木)より営業致します。
現在リペアは比較的空いておりますので皆様のお問い合わせをお待ちしております。


PC270136.jpg

ブラックパーツのソロイストにゃやっぱEMGが似合うな!

それでは皆様良いお歳を!!

タグ :

FERNANDES FR-ELT SUS 久々にフェルから国産ソロイストが出たぞ!編

 2016-12-24
いよいよ年末ですね~
何かとバタバタしているうちにブログ更新が遅くなってしまいました。

当店の年内営業は28日(水)まで、新年は5日(木)より営業致します。


さて、今回は久々に新製品のご紹介。

FERNANDESのFR-ELT SUS です。

お客様にご注文頂いたのが9月の終わり頃、やっとこさ入荷したのは約2ヶ月遅れのつい先日でした…

どうやら2色展開のうちグレーの方が人気?商品力?注文?が多いらしくお客様ご希望のナチュラルは中々上がってきませんでした。

メイプルトップ、マホバック。リアはダンカンSH-4でサスティナー付き、GOTOHトレモロにステンレスフレット仕様で定価185000円。

サスティナー搭載に関してはソロイストとして賛否両論あるだろうがフェル社のフラッグシップモデルとしてのステイタスなのだろう。

しかしながら豪華スペックの国産ソロイストの新品がアイバニーズ以外のメーカーで定価20万以下で販売された事は
素直に評価したいと思います。

fr1.jpg


fr-elt-news.jpg


印象的なエルボーカット形状。
アフリカンマホにメイプルトップなのですがメイプルの表面と側面で杢目が繋がっていない事からも分かる様に
トップはシカモア?と思われし装飾的な突板が貼られています。
派手な木目のメイプルが枯渇、高騰している近年では致し方ないでしょう。

fr2.jpg


ボディー厚は約45ミリ、メイプル(突板含む)は6ミリでした。
残念ながら今時のソロイストとしてメイプルトップ、マホバックは時代遅れ感が否めません。
やはりアッシュかバスウッドバックにすべきでしょうな…
音色に関しては後述。

fr3.jpg


ヘッド表面にも同様の突板。

fr4.jpg


フレットは国産ジャンボサイズ(2.9ミリ)のステンレス。
ステンレス入れるならダンロップやJESCAR等、洋モノのサイズでもう少し高さのある物を使って欲しかったなぁ…
フレットエッジもきっちり面取りが施されている。

fr5.jpg


サイドポジは大き目の径の蓄光素材。
実用性重視なスペックである。

fr7.jpg


裏面のアフリカンマホ。この個体は2Pにしては杢の並びのバランスが良い。
バッテリーボックスの位置は従来のトレモロ下からP-PROみたいにカッタウェイ部へ変更されている。

fr8.jpg



コントロールは1VOL、1サスティーンボリューム(スイッチポットでリアSH-4のタップ切り替え可)、
3段レバースイッチ、サスティナースイッチ。
リアのタップ切り替え要らんやろと思ふ…

fr9.jpg


コントロール内部。
今回は特に配線手直しの必要性は感じなかったが導電塗料に導通は無かった…

fr10.jpg


謎なのがリアのSH-4である。
GOTOHの1996Tトレモロが搭載されているしサスティナーの動作を考えれば弦直下に
ポールピースが位置するワイドピッチの物、すなわちTB-4を選択すべきだろう。
わざわざSH-4を選ぶ何かしらの意図があったのか?

fr12.jpg


当店でダンカンを搭載するモデファイ手法とは違い位相を合わせただけでSH-4が付いているが
PUの音色、リアに対するフロントの音色サスティナーの駆動ゲインが気に入らなかったので基板は改造した。

fr11.jpg


お客様お持込のDR弦にてネック、オクターブ、トレモロ角度等を各部調整。

fr13.jpg


納品完了!!
予定納期よりかなり遅くなってしまいお客様にはご迷惑お掛けしました。(ワシのせいではないのだが…)

fr14.jpg


で、このFR-ELT SUSのサウンドである。

具体的な数値は書かないがソロイストとしてはかなり重量感がある。
おそらく目の詰まったアフリカンマホの影響だろうがそのおかげでマホっぽい中域の強い音色ではない。
ステンレスフレットの効果と相まって割とシャキッとしたメリハリのある出音だった。
ソロイストの出音としては十分合格点なのだが高域のヌケや低域の締りを更に狙うならやはりアッシュバックにして欲しいかと。

このモデルをベースとしてアッシュバックで(500歩譲ってセンで)サスティナーを外し、フレットをJESCAR#57110に
して定価15万未満なら個人的には買っちまうかもしれない(笑)
んでフロントはホットレイル、リアはネイルボム入れて弦ロックのブロックはチタンに変える…
「そこまで言うならそんなスペックのソロイスト作れよ!」との声が聞こえてきそうである(笑)

あっと言う間に終わってしまった2016年…
来年こそは…

タグ :

師走はIBANEZ祭り!RBM2&JEM-90HAM 結構苦労したぜシリーズ(笑)編

 2016-12-14
あっと言う間に今年もあと2週間ですね…
現在年末進行でバッタバタで御座います。

やや忙しくなってきた12月初旬。
難易度の高い?アイバニーズが2本いらっしゃいました。

まずは分解時画像で申し訳ないがレブビーチモデルRBM2。
KRAMERを使いフラッシーなタッピングでデビューを飾ったレブがアイバニーズとエンドースした
ウインガー後期に使ってましたね。
ウインガー以降、ソロアルバムや白蛇、ドッケンではSuhrなのでメーカー生産時期も短く
本数も少ないと思われるレアなレブモデルですな。
パッシブPUに交換されてるしピックガードが無い…
今回はこのRBM2を本来在るべき姿に戻します。

RBM1.jpg


まぁ覚悟はしていたのだがメーカーには既にピックガードが残っていなかった。
そりゃ生産も少なければ生産終了からかなりの時間が経ってますからね…

なので

ピックガード作ります…

とりあえずはネットで画像を探しまくる!

ファーストのジャケット柄のWRB3なんて持ってる人居るんすかね?

reb3.jpg


この海外版広告ではRBM10なる廉価版も載っているが日本国内でも販売されてたんかな?
なんて色々昔を思い出しながらもピックガード周りが鮮明に分かる画像を探すが…無い。。。

reb1.jpg


ネックジョイント部にはRBM-2のスタンプ。
廉価版RBM10では無い証明だ。

RBM2.jpg


限られた画像を拡大して見比べながらボディーに貼ったマスキングシートに下書きする。
Demo Anthologyを聴きながら何度も何度も書き直す…
下書きが終わる頃はMasqueradeを聴いていた。何で歌うかねぇ?なんて思いながら。

RBM3.jpg


仕上がった下書きを元にアクリル板で元型を削り出す。
下書きで悩み過ぎて頭が疲れたので気分転換に導電塗料塗布、PU交換作業を先に行った。

RBM4.jpg


今回ネック側はフレットのすり合わせ程度だがテンションバーの取付けビス穴が緩くなっていたのと
位置も微妙に歪んでいたのが気に入らなかったので埋め木。

RBM5.jpg


ピックガードをアクリルゴールドミラーで削り出して完成!
おぉ…文章で書くと何て短い時間で済むのだろうか(笑)
実際はめちゃめちゃ時間掛かって苦労したんですけどね。

RBM6.jpg



さて、お次はJEM-90HAMである。(画像は完成時)
最近も別件のブログで過去記事のリンクを貼ったがヤフーで「スタッド倒れ」で検索すると
当店のブログがド頭に出て来たのにはビックリした。(自分のPCだけかな?)
このJEM、お客様が某有名大型チェーン店で中古購入された直後にお預かりしました。
正直驚きました。
電気系はPUを除き全てガリ、接触不良で全く使い物にならない。
ネックは反りまくり。指板も汚れフレットも曇っている…
到底「中古保証」を謳っているショップが販売したとは思えなかった。
JEM-90HAMは滅多に見る事の無いギターだ。購入されたお客様は探すに探したのだろう…
作業前に検品結果をお伝えした時のお客様の残念そうな声のトーンが忘れられない。

j1.jpg


まずは全分解。
危惧していたロープロエッジのスタッドだが…

j2.jpg


過激に倒れてはいないものの6弦側はアンカーが抜けたのかコッテコテに瞬間接着剤で固められている。
ひょっとしてコレは一種のアンカー抜けリペアのつもりなのか??

j3.jpg


拡大。
さて、どうやってこのアンカーを抜いていきますかね…

j4.jpg


彫刻刀や突きノミを使って慎重にコリコリコリコリコリ瞬間接着剤の層を削る…

j5.jpg


アンカーの頭が見えたところで国産テールピース用のスタッドを入れてアンカーを抜く。
もちろん当て木の板の下にはラバーシート置いてますよ。

j6.jpg


やっと抜けた!
抜くのは一瞬。接着剤削るの1時間(笑)

j7.jpg


ここからはいつも通り。
アルミプレートの厚み分だけザグリを掘ります。

j8.jpg


アクリル板で冶具を作って仮組み。

j9.jpg


2ミリ厚のアルミプレートを削り出してスタッドアンカー部修理完成!!

j10.jpg


外したピックガードなのだが裏面はかなりサビ、カビに侵されている。
そりゃポット、スイッチもダメになるわな…って感じ。
つーか中古販売の前に全部交換しとけよ!!(怒)

j11.jpg


j12.jpg


スペック表でPUはエボリューションのはずなのだがDPナンバーの刻印が無い。
JEMはサスティナーがらみで作業する事が多いのだが大半は刻印が入っていたと記憶しているが。

j13.jpg


まずはピックガードを研磨。
数種類のコンパウンドでサビとカビを除去して仕上げはシミクロームを使う。
シミクロームは本来アクリル用のコンパウンドらしいがアクリル用ならではの目の細かさ、
研磨した表面に保護膜を形成してくれるので金属相手にも仕上げによく使う。

j14.jpg


ポット、スイッチ交換。配線やり直し。
これでピックガード側も完成。
当然ボディー側のダイレクトマウントジャックも新品へ交換済み。

j15.jpg


で、ロープロエッジ載せてピックガード付けてこの日はおしまい!って思いながら帰り支度をしつつ眺める…
ロープロエッジ前面とピックガードのツラが合ってないのが気に入らない。
6弦側と1弦側で隙間の幅が違う。(1弦側の方が狭い)
1弦スタッドが倒れているならまだしもスタッド周りはバッチリ仕上げた。
原因はメーカー製造時のピックガード取付け工程だしお客様からは指摘を受けていない箇所。
でもその日の夜はこのズレが頭の中から消える事は無かった…

j16.jpg


翌日。
やっぱりここまでやってズレが有るのは納得できないのでピックガードの位置修正だ!
まずは全てのビス穴を埋め木。
ピックガードの位置を修正して新規にビス穴を開け直す。
埋め木の接着剤が硬化するまでの時間を使って導電塗料を塗り直す。
想定外の作業が追加になったので時間と段取りの帳尻を合わせようと工夫したつもり(笑)

j17.jpg


よしよし。
これで満足だ!

j18.jpg


フレットも摩耗、ネックにも若干クセがあったのでキッチリ指板修正。

j19.jpg


フレット打ち完了!

j20.jpg



ネックジョイントビスもサビが酷かったので交換。
一般的なメーカーはネックジョイントビスの太さは4ミリである。
強度を優先するメーカーや何故か大陸製の一部は5ミリ。
そしてアイバニーズは4.5ミリなのだ!
アイバニーズの代名詞、薄めのネックに強度が無いとは言わないが(今回は)
ネックジョイントの強度、密着度は鳴り、サスティーンに繋がるのでアイバニーズで
ネックジョイントビスを交換する際はネック側のビス穴を拡大して5ミリのビスを入れている。
先のRBM2も同じ。
実はこの作業工賃をお客様へ請求する事は無い。
だが徹底的に作業するシリーズの場合は個人的に拘りたい部分なのだ。

j21.jpg


完成。
ようやくアイバニーズの連鎖から解き放たれる(笑)
とは言えこの後は鬼の様な本数のフレット交換が待ち受けていたのであった…

j22.jpg


以前自分も中古販売に携わっていたがその時は「保証書」を付けていた。
その保証書は「きっちりメンテナンスしております。万が一何か御座いましたら…」な在り来たりな意味合いで
お客様へ安心を提供し、ある意味商品のコンディションへの自信の表れでもあった。
今回のJEMを販売した大型店はHPに詳細に、かつ立派な文言で保証規定を掲載している。
が、その意味合いは「あ、何かクレーム有ったら言ってねぇ~」ぐらいなのだろうか?
画像載せたり書きはしなかったが付属のトレモロアームも間違っていた。
(ロープロ以降のトレモロ用でロープロのアーム差し込み口には入らないサイズ)
つまりアームをブリッジに挿す程度のチェックさえも行っていないって事だ。
今は大なり小なり中古ギター、ベースを取り扱っているショップが星の数ほど有る。
中古保証を謳っているのはもはや当たり前。
しかし本当に商品に対して保証が出来るショップは少ないのではないだろうか。
商品に問題があればリペア業者に丸投げ。リペアが無理なら返金。
それで金銭的には着地するのだろうが
「長年探し続けてきた憧れの1本を購入出来た」その想いまでは保証されないのである。
皆さんも中古購入の際は良いコンディションの商品を選ぶのに全神経を使うのではなく
良いショップを選ぶ事もお忘れなく。
中古購入時は商品もショップも「石橋を叩いて渡る」べきである。


年内は28日(水)までの営業です。
フレット交換など大掛かりな作業は難しいですが年内完成希望のリペアをお考えの方は一刻も早く(笑)
お問い合わせ、ご連絡お願い致します。

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫