FC2ブログ

【お盆期間営業のご案内】

 2020-08-07
【お盆期間営業のご案内】

8日(土) 通常営業

9日・10日 日曜祝日定休

11日・12日 通常営業

13日(木) 定休日

14日・15日 通常営業

16日(日) 定休日

暑い日が続きますが皆様ご自愛下さい。





P8052467.jpg
スポンサーサイト



タグ :

Rickenbacker325 リッケンバッカーのPU高さ調整スペーサーを削り出しで製作する編

 2020-05-23
久々のブログ更新になります。

緊急事態宣言は解除されましたが当面の間は接客時マスク着用、窓全開を維持するつもりです。


今回はリッケンの325の12弦を作業させて頂きました。

フルメンテナンスでのご依頼でしたがペグの修理や曇ってしまった塗装面など結果的には割と大掛かりな
作業となってしまいました。
そんな中でもセッティングで重要なPUの高さ調整に関わる純正クッションスポンジを何とかしてみよう!の
ご紹介。

r1_202005231327179aa.jpg


ピックアップ下にはクッションスポンジが挟まれてはいます。
PU固定ビスの締め込み量によってこのスポンジが潰れ、PUの高さを調整(調整ってほど調整幅は無い)
する構造ですが…

r2_20200523132719d84.jpg


ウレタン系?スポンジなので当然へしゃげてきてしまいます。

r3_20200523132720f15.jpg


とりあえずボディーがら剥がす。
塗装と固着している部分もあるのでかなり慎重に剥がしました。

r4_20200523132721bb9.jpg


こんな感じでピックアップの圧力でへしゃげた部分がお分かり頂けるかと。

r5_20200523132723021.jpg



当然同じ様な素材のスポンジへ交換するつもりはありません。
まずはピックアップのシャーシーを外します。

r6_20200523132724a04.jpg


シャーシーと同形状の治具をアクリルで削り出し。

r7_202005231327260af.jpg


治具を元に黒1P=厚み2ミリのピックガード材で大量削り出し(笑)
こんだけ有れば足りるやろ?的な。
このスペーサーの枚数調整でPUの高さを決めます。

r8_202005231327271fc.jpg



ピックアップのシャーシーと接する1枚は固定ビスがラッピングスクリューなので同サイズで
タップ切りします。

r9_202005231327298a5.jpg


組み込み前。

r10_202005231327308f8.jpg



アースラグをシャーシーと六角ナットに挟み込む形でアースが取られていましたが
六角ナット代わりのスペーサーとシャーシーの間に1ヶ所だけ隙間が空くのは美しくないので
銅箔テープを使ってシャーシー取り付け前にアースを確保。

r11_20200523132733e0d.jpg


ピックアップの組み込み完了。

r12_20200523132734d10.jpg


ピックガー材なのでへしゃげる事は無いし塗装へダメージを与える事も無い。

r13_20200523132736706.jpg


数パターン試してフロント1枚、リア2枚は一番音量バランスが良かったです。
元々12弦なのでピックアップを上げてパワーを稼ぐジャンルのギターでもないですし。

r14_20200523132737e6e.jpg



そしてリッケンお約束の上下2段のピックガード。
毎回コレの固定には悩まされます。
ストラップピン用のクッションが挟まれている事もあればゴムチューブをカットした物を
ビスに巻いている事もある。
今回はストラップピン用クッションでしたがそのままだと白のピックガードから透けて見えるので
1クッション追加します。ナイロンワッシャーです。
そのままだとツルツル滑って3箇所の取り付けが大変なので薄い両面テープで位置止め。

r15_20200523132739c0d.jpg


これにストラップクッションで透けて見える事は防げたかと。

r16_202005231327405fb.jpg



実は塗装のクリーニングにかなり苦労しました…
長年ハードケースの中で眠っていた為か塗装表面はザラつきさえ感じる程の劣化具合。
バフ掛けでは塗装の焼き付きのリスクが有ったのでチネチ手作業で仕上げました。
ギター磨き過ぎて筋肉痛になるとは思いもしなかった(笑)

r17_20200523132742ead.jpg



そうそう。
最近のブログでジャックの六角ナット締め付けを書きましたがリッケンはジャックプレートが
落とし込み仕様なので普通の#13六角ソケットは使えません。
なので当店はリッケン用に改造した六角ソケットを常備しています…って言うてもリッケンほとんど来ないけど(笑)

r18_2020052313274359f.jpg


リッケン325の12弦は弦張りが大変です。
1~3弦側は副弦から張るのがコツと言えばコツなのかも。

r19_202005231327462c2.jpg



緊急事態宣言解除翌日の昨日から突然車の量が増えましたね。
いよいよ経済活動再開の兆し?なのでしょうか。
通勤退勤の両方でコンビニに寄りますが朝も夕方もマスク無しでお買いものされている方が…
自分は宣言解除になったからと言っていきなりノンマスクお買い物までの根性無いわ(笑)


タグ :

連休期間休業のご案内

 2020-05-02
遅くなりましたが連休期間休業のご案内です。

明日3日(日)~6日(水)まで休業とさせて頂きます。
7日(木)より通常営業です。

ご来店予約、お問い合わせお待ちしております。
休業期間中はメールにてご連絡願います。
tonegarage@nifty.com

P5012327.jpg


タグ :

STEINBERGER SPIRIT 硬いチューニングのツマミを使い易くする編

 2020-02-08
今回はヘッドレスの定番、スタインバーガーのスピリットです。

この廉価モデル、ホーナーの頃からすれば既に30年以上も続く超ロングセラーモデルですね。

sp1.jpg 



EMGへの換装と硬いチューニングツマミ(=以降チューニングキーと表現)の改善をお受けさせて頂きました。

今までブログアップこそしていませんでしたがチューニングキー周りは割とご依頼の多い作業です。


sp2.jpg 


まずはトレモロのフローティングストッパーをしっかり掛けてからスプリングテンション調節ノブを
抜き取ります。

sp3.jpg 


トレモロ後端=チューニングキー側を少し持ち上げてユニット自体とトレモロスプリングを外します。

sp4.jpg 


チューニングキーの作業だけならココは不要ですがブリッジアースの取れ具合が少し怪しかったので
トレモロ基部も外します。

sp5.jpg 


先にEMG関連の作業を。

sp7.jpg 


純正の配線コネクターなんざ使ってたらこの小さなコントロールザグリ内に全ては収まらないです。

sp6.jpg 


EMG取り付け完了!

sp8.jpg 


本題へ戻ります。

sp9.jpg 


まずはトレモロ裏面のビス5本を外す。

sp10.jpg 


トレモロを裏返したまま慎重にサドル側と分離させる。

sp11.jpg 


サドル分解。

sp12.jpg 


サドル側のチューニングキー差し込みビス穴には高粘度のリチウムグリスをチョイ付け。

sp13.jpg 


ここからが本番。
チューニングキー根元には黒い小さなワッシャーが2枚入っています。

sp14.jpg 


スピリット使いの間ではメジャーなナイロンワッシャーをお客様よりお持込み頂きましたので
交換するわけですが、デルリンやテフロンならまだしもナイロンだと柔らかく、圧縮力が相当に
加わった際の潰れ防止で純正ワッシャー1枚、ナイロンワッシャー1枚の2枚立てで組み上げます。

sp15.jpg 


ところがですね、この純正ワッシャーがですね、よぉ~~く見て下さい。
センター穴がズレちゃってます…
まぁそれでも機能的には問題無いでしょうけど使用するのはなるべくセンターのズレの少ない物を
選びます。

sp16.jpg 


用意したるはペースト状のシリコングリス。

sp17.jpg 


塗布する際は細手の筆を使います。そしてオロナイン軟膏の如く薄塗りです。
薄塗りで十分効果を発揮しますのではみ出る程は塗らない様に。

sp18.jpg 


チューニングキー底面⇒グリス⇒ナイロンワッシャー⇒グリス⇒純正ワッシャー⇒グリス

sp19.jpg 


サドルスプリングがきっちり引っ掛かる様に組み込み。

sp20.jpg 


トレモロ側を被せる感じで組み上げ。

sp21.jpg 


これにてグリスアップ作業完了!

ちなみにナイロン、テフロン、デルリンワッシャーに交換しなくともグリスアップだけでも
実感出来る程の効果はあります。

sp22.jpg 


ちなみに弦のボールエンドを引っ掛けるサドルはチューニングキーのビスが
「かろうじてサドルへ食い付く」ぐらいで出来るだけ引き出しておきます。
これはナット側にストリングアダプターを付けている方は非常に重要な段取りです。
ダブルボールエンド弦では関係ありませんがアダプター使用時は
「なるべくチューニングキーを締め付ける量を少なくする」事がチューニングキーへの負担を減らす
=硬くなるまでにチューニングを合わせる事に繋がります。
つまりサドルがチューニングキーにかろうじて掛かるぐらいでボールエンドを入れ、
ヘッド側=ストリングアダプター側から引き出した弦を可能な限り引っ張った状態でアダプターを
ロックします。弦に緩みがあるとチューニングキーを最後まで締め込んでもチューニングが低かったり
しますのでアダプター側からの弦を親の仇の如く強くしっかりと引っ張りながらアダプターをロックして下さい。

と、

ここまで書いておきながら今回はアダプター無し、ダブルボールエンド弦使用なので
具体的な説明画像はありません(笑)

sp23.jpg 


さて、本体への組み込みです。
まずはこのメッキが剥がされて地金が出た部分に

sp24.jpg 


ブリッジアース線がきっちり当たる様に調整します。
分解前にアース線が当たっていたボディー側は木部が凹んでいるので別の箇所へ移動、
アース線の先端にハンダを載せて少し厚みを持たせておきます。
これならボディー側が多少凹んでもアースはブリッジへ当たり続けるかと。

sp25.jpg 


トレモロの組み込みに入ります。

sp26.jpg 


まずはトレモロスプリングをトレモロ側のスプリングが当たる箇所に差し込みます。
スプリングを時計回りに回しながら差し込めばきっちり収まるはずです。

sp27.jpg 


トレモロフローティングストッパーを起こしておきます。

sp28.jpg 


分解時とは逆にスタッドの位置を確認しつつ、トレモロを滑り込ませる感じで 取り付け。
この時点ではトレモロスプリングにさほどテンションは掛かっていないのでストッパーを
外してトレモロがスムーズに動くか=きっちりスタッドに咬んで組めているかを確認します。

sp30.jpg 


再度ストッパーをかましてからスプリングテンション調整ノブを締め付け。
締め付けトルクは言うまでもなく弦を張ってチューニングしてからフローティング具合を
確認しながら本調整です。

sp31.jpg 


完成!
チューニングキーの回転トルクもかなり軽くなった様に感じます。

sp32.jpg 


ちなみにこれも長き伝統?なのですがメーカー出荷状態でのサドルの位置では
オクターブピッチが全く合っていません(笑)
未調整のオーナー様は弦交換のついでにでも調整する事をお勧めします。

sp33.jpg 



タグ :

臨時休業と新春キャンペーンのお知らせ

 2020-01-07
遅ればせながらあけましておめでとうございます。

昨日より本年の営業を開始しておりますが
まずは臨時休業のお知らせです。

11日(土)は所用により臨時休業、12日(日)13日(祝)は定休日です。
ご迷惑をお掛けしますが何卒ご了承願います。

新春キャンペーンとして1月31日(金)までお一人様1本限り
トラスロッド調整無料キャンペーンを行います!
エレキ、ベース、アコギ何でもOK!!
弦交換が必要な場合は弦お持込みか弦代が必要になります。
当ブログ、フェイスブックページをご覧の皆様はお分かり頂いているかとは思いますが
ご来店は予約制となっております。
キャンペーン作業もお手数お掛けしますが事前に来店予約をお願いします。

本年も当店を宜しくお願いします。

P1072200.jpg




タグ :

年末年始休業のお知らせ

 2019-12-27
遅くなりましたが年末年始休業のお知らせです。

28日(土) 昼過ぎまで営業

29日(日)~新年5日(日) 休業

6日(月)~ 通常営業

新年も当店を宜しくお願いします。

今月はバタバタとしておりましてブログ更新が滞ってしまいました。
新年になれば落ち着くかと思われますのでブログ掲載をお約束しておりますお客様は
今しばらくお待ち願います。


PC252142.jpg
タグ :

久々のサスティナー取り付け!  TOKAI テレキャスター MIYAVI仕様編

 2019-08-17
タイトル通りサスティナーのインストールは久々です。
何せ去年の5月以降サスティナーキットの入荷が無いものでして。

今回はトーカイのテレに取り付けです。
デフォでマーベリックトレモロの付いたテレがラインナップにあるんですかね?

以前フェンダーにMIYAVI仕様で取り付けたのと同パターンでの作業です。
↑ クリックして頂ければその時のブログが開きます。

tl1_201908171504521e4.jpg


いやぁ~久々にこのパッケージ見たわ。
え?サスティナーキットの入荷無いんでしょ?
ええ。ありません。依然次回入荷未定です。
このキットはお客様が海外で在庫を見付けられて個人輸入された物をお持込み頂きました。
そう言えば先のブログのMIYAVI仕様もお客様がキットを個人輸入されました。
フェルナンデスはフェンダー社には安定的に供給している様ですが
国内の市場なんてどうでもいいんでしょうかね??
まぁサスティナーキットを欲しているショップなんてウチぐらいでしょうけど(笑)

tl2_20190817150454d9e.jpg


輸出仕様なので当然取扱説明書は英語表記。

tl3_20190817150454d5b.jpg


何故か輸出仕様の方が取説が事細かく親切だったりする…

tl4_201908171504565ae.jpg


このキットに同梱されていた電池…
賞味期限が2012年9月!!
電池の賞味期限は短ければ2~3年、へたすりゃ4~5年なのでこのキットはおそらく2010年以前に
出荷された物かと思います。
いわゆるデッドストックですかね。
お客様もよく見付けられたもんだ。きっと苦労されたんでしょうね。

tl5_20190817150457ecf.jpg


2~3年ほど前に今後の入荷分はスイッチの色が黒から銀へ変更になるとのインフォメーションは
聞いておりますが最近モデファイでお預かりしたフェルナンデスにて取り付け分やフェンダーの
ミュージシャンモデルは銀色のスイッチが付いているので黒のスイッチが付いた新品を取り付け
するのは今回が最後かもしれませんね…
銀色スイッチでも構わんから早くキット作ってくれぇ~~~

tl6_20190817150459da1.jpg


諸々お客様と打ち合わせを行った後、いよいよ作業開始です!

tl7_20190817150500c32.jpg



まずは保護フィルムを貼って真っ裸の基板を乗せて位置出し。
念の為書きますが真っ裸基板は今回お預かりしたキットの基板ではありません。

tl8.jpg


位置決定。

tl9.jpg


純正ピックガードを元に削りだしたピックガード元型を仮組みしてスイッチ位置を写す。

tl10.jpg


これで本番ピックガード製作用治具が完成!
なのだが、この治具を製作している時に
「そうや!MIYAVI本人使用機はビス穴の数少なかったんや!!」と重要な事を思い出す…
既に2ヶ所不要なビス穴を開けてしまった後で。

tl11.jpg


そんなポカミスを犯しつつも治具と組み込み時使用ピックガード、そして最終取り付けの
黒ツヤ消し1Pピックガードが完成。

tl12.jpg


ちなみに当初よりピックガードとブリッジの間の隙間がフェンダーに比べて大きかったのが
何となく気になった⇒何となく恰好悪く感じたのでフェンダーと同サイズへ変更。
2枚重ねの上側=黒3Pのピックガードが純正。

tl12-2.jpg


画像はありませんがザグリ用の治具もワンオフで製作してからザグリ作業。
フロントは純正のテレキャスター純正PUのサイズに合わせたザグリではサスティナードライバーが
入らないので拡大加工が必要です。

tl13.jpg


バッテリーボックスもMIYAVI仕様でトレモロザグリに近い位置へ。

tl14.jpg


導電塗料塗布。

tl15.jpg


いやね、サスティナーとな全く関係無いんですけどこの端のビス位置がブリッジの部分と同じくらい
気になってたんですよ。
やっぱ真ん中じゃないとおかしくない?
なので治具製作時にビス穴を真ん中に変更してそれに合わせて新たなビス穴をボディーへ空ける。
元穴は埋め木。

tl16.jpg



もちろん今後は使用しないビス穴も埋め木。
これにてボディー側の加工は終了。

tl17.jpg


次はコントロール周りへ取り掛かる。
純正の国産ポット、スイッチは使わない。
CTS、CRLへ変更。

tl-18.jpg


国産あるあるトラップに見事にハマる(笑)
国産ポットのサイズに合わせたプレートポット穴なのでCTSが入らない。
ここ最近ポット交換作業したテレは全部フェンダーUSAだったのですっかり忘れてた。
でも少し古いフェンダージャパンの様に16φミニポットに合わせた超絶小さな穴じゃなくて良かった…
不幸(不考)中の幸い(笑)

tl19.jpg


リーマー使ってゴリゴリチマチマ削る。
実はかなり時間の掛かる作業です。
しかも2ヶ所。
ボール盤使って一気に穴拡げりゃラクなんですがソレやるとメッキがペロッと剥がれる危険性が
あるので手作業です。
それ程に近年の環境基準に適合したメッキ加工は個人的に信用していません。

tl20.jpg



最後にバリを取って完了!
さぁこのロスタイムを取り戻すでぇ~~っとテンションが上がったところで…

tl21.jpg


今度はCRLレバースイッチの取り付けビスが入らない(笑)
もはや笑うか日頃の行いを悔いるしかない…

tl22.jpg


ビス穴はリーマーが入るサイズではないので棒ヤスリでチマチマ拡げる。
ようやくコントロールパネル部が仕上がった。
ちなみに使用ポットは500kΩ、オレンジドロップはハム用223。理由は後述。
ボリュームポットにはハイパスコンデンサー取り付け済み。

tl23.jpg


いよいよ組み込みに入ります。

まず使用するリアPUはお客様お持込みのダンカンLittle59テレ用。
現行MIYAVI仕様ですね。
なのでポットは500kΩなのです。

tl24.jpg


組み込み用ピックガードを使って動作状況に合わせながら基板を改造。
ハンダ面が見えませんが基板改造した点は
・駆動ゲインアップ
・ダンカン仕様へ音決めフィルター数値変更
・フロント(ドライバー)、センターPUの音決めフィルター変更
・センターPUボリュームコントロールトリム追加(センターの出力が低かったので)
・パワーアンプ用オペアンプをモトローラー社製へ変更(生産時期的にコストダウンされた
個人的に気に入らないオペアンプが付いてたから)

tl25.jpg


本番ピックガードへ組み込んで完成!!
リアがハムなのでサスティナーの効きもバッチリです。
もちろんダンカンに合わせた位相変更等の改造は必要ですが。

tl26.jpg


ピックガードとブリッジ間の隙間も元より狭くなって狙い通りのルックスになりました。
斜めに撮ったから少し広く見えてますけど。
いやね、真上から撮るとマーベリックやコンパネにカメラ持った自分が写っちゃうんですよ(笑)

tl27.jpg


MIYAVI仕様は冒頭にリンク貼り付けたフェンダーを始めに今回で4本目、
ドンズバ仕様で組み上げたのは2本目です。
毎回治具の使い回しが出来れば自分もラクだし費用も抑えられるのですが
ピックガード端ギリギリに基板ザグリが位置するので作業個体に合わせた治具作りが
必要になってしまいます。
以前モデファイ(と言うか配線ミスのリカバリー)で他店取り付け品をお預かりしましたが
どうやら基板ザグリ位置でミスっちまってたらしく、ピックガードからOBしたザグリが隠れる様に
ピックガード外周をボディー端ギリギリまで拡大した失敗隠ぺい品を見ました。
それほどにMIYAVI仕様は面倒ではありますが慎重な治具作り、位置出し等が重要です。
と言うか他店がダンカン付けると大体位相が逆でモードが反転しちゃってるのですが…
もはや正常なサスティナーの動作状況を知る世代の人間が業界に残ってないんでしょうね…

tl28.jpg


キットの入荷が無い現状では新規インストールをお受けする事は難しいのですが
お手持ちのサスティナーギターが「何か変だな?こんなモンか?」と思われてましたら
ご相談下さい。


タグ :

【お盆期間中の営業案内】

 2019-08-09
10日(土) 休業
11日(日) 定休日
12日(月) 祝日定休
13日(火)以降 通常営業
※15日頃、台風10号の進路、接近によっては臨時休業日が出るかもしれません。

現在リペア受付状況、ご来店予約状況は比較的空いております。
休業期間中のご来店予約、お問い合わせはメールtonegarage@nifty.com、もしくはFacebookメッセンジャーで
お願いします。

P7241667.jpg
タグ :

【臨時休業のお知らせ】

 2019-06-27
本日より当店周辺ではG20サミットの警戒規制が本格化しております。
よりによって当店正面の交差点より厳戒態勢です。
付近は渋滞も激しく、お客様のご来店も難しい状況ですので
28日(金)〜29日(土)は臨時休業とさせて頂きます。
30日(日)は定休日です。
上記期間中のお問い合わせ等はメールtonegarage@nifty.com かFBメッセンジャーでお願いします。


P6271545.jpg


P6271544.jpg
タグ :

GW期間営業について

 2019-04-26
遅くなりましたがGW期間中の営業に関してご案内致します。

27日(土) 通常営業
28日(日)~5月3日(金) 休業
4日(土) 通常営業
5日(日) 日曜定休
6日(月) 通常営業

28日以降、4日・6日のご来店予約はメールでお願いします。

tonegarage@nifty.com

P4251413.jpg
タグ :

臨時休業のお知らせ

 2019-03-23
臨時休業のお知らせ

所用により3月25日(月)・26日(火)は臨時休業とさせて頂きます。
お急ぎのお問い合わせ、ご来店予約はメールでお願いします。
tonegarage@nifty.com


何かとキャリングハンドル周りにトラブルの多いギブソンのMade in Canada期TKL製ハードケースですが

P3191266.jpg


破損状況によっては修理可能です。

P3191269.jpg

P3231271.jpg

タグ :

年末年始休業のお知らせとテレキャスター特殊配線編

 2018-12-26
年末年始は下記日程にて休業させて頂きます。

28日(金) 通常営業

29日(土)~1月4日(金) 休業

5日(土) 通常営業

6日(日) 日曜定休

7日(月)~ 通常営業

※12日(土)は臨時休業です。

休業期間中、5日のご来店予約、お問い合わせ等はメール、Facebookメッセンジャーでお願いします。



さて、先日作業させて頂いたテレキャスターなのですが

PC120734.jpg 


劣化していたレバースイッチ交換と同時にお客様のご要望に合わせて配線経路変更。

テレキャスターでフロント+リアのミックスポジションをメインで使われる方は多いですよね。
カッティング主体だったり歌モノのバックだったり。
でもあの大きなレバースイッチノブがド真ん中に鎮座してるとピッキングの邪魔ですよね…
リアのポジションならかろうじて邪魔にはならないのですが。

PC120735.jpg 

なので

セレクター位置

フロント⇒フロント

ミックス⇒リア

リア⇒フロント+リア

へ配線経路変更です。

お客様から最初に要望をお聞きした時はスイッチポット付けて強制ミックス機能を付けましょうか?
って提案したのですが家で風呂入ってる時に簡単な配線変更で可能だと気付きました。
何でも時間を掛けてよく考えてからお客様へ返事しないと…って今回は少し反省しましたわ。
今まで通りのご来店時即答対応だと中々難しいけれど。

ご自分のプレイスタイルに合わせた配線変更等もご相談お待ちしております。


タグ :

strandberg 7弦。徹底的に作業しつつ色々検証してみた編

 2018-12-15
今回はstrandberg*です。

ストランドバーグ?ストランバーグ?どっちの呼び名にするか。
たぶん発音はストランバーグなんだろうけど如何にもカタカナ表記っぽい
ストランドバーグで進めよう。
2本お預かりさせて頂きました。
上のトラ杢が韓国製(現在は生産完了との事)、
下のスポルテッドメイプルトップが日本製。

今までストランドバーグはブリッジアース不良のクイックリペアやロッド調整程度のみだったので
時間を掛けてチェック出来るのは今回が初めて。

st1_20181215125846b4d.jpg  


裏面の比較。
国産はコントロールパネルとジャックが一体型。
これについては後述。

    st2_20181215125847217.jpg


実は今回2本お預かりする前に韓国製の方を純正パッシブのX-Barピックアップから
国産に載っているアクティブのフィッシュマンへ(モデルは違う)交換作業をさせて頂きました。
その時は韓国製の全体の状況をご説明するに留まったのですがPU交換後に出音のキャラが近付いた
2本を改めて弾かれて微妙なプレイアビリティーの差を埋める、それでいて2本の立ち位置をはっきり
分ける?作業をご依頼頂きました。


     st3_201812151258480f2.jpg


早速分解に入ります。
特徴的なブリッジ、弦高は弦の乗っている小さなサドルをクルクル回して調整します。



     st4_20181215125850623.jpg


国産にはそのサドルを固定するイモネジが付いています。
単純に韓国製と国産のグレードの差?なんて思ってましたがお客様に教えてもらったところ
イモネジ無しが初期型で以降はイモネジ付きとの事。



      st5_20181215125851115.jpg


先日組み上げたばかりのアッセンをバラす。
先日は手を入れられずに少しイライラしてた所に今回は手を入れられるのでバラす手間は
気にならない。


    st6_2018121512585224c.jpg


PU交換時に気付いてお客様へも報告しましたがジャック取り付け部の上側ボディーにクラックが。
どうやらこのジャック取り付けレイアウトのストランドバーグの持病との事。
PU交換時にタイトボンドを流し込んで固定していたのがまだ効いているので一安心。

    st7_20181215125854fa7.jpg




   st8_20181215125856751.jpg


そして国産は金属製コントロールパネルにジャックが取り付けられている。
通常この手の金型が新規に必要になったりするコストの掛るブラッシュアップは
あまりメーカーはやりたがらない。
メーカーとしての姿勢は真面目なんだと思う。

    st9_20181215125857f66.jpg


今回の作業のメインは韓国製のフレット交換。
お預かり時純正状態は韓国製が2.79ミリのステンレス、国産が2.99ミリのステンレス。
共に現代でのカテゴリーはジャンボフレットで数値で見れば僅かな太さの差だが
2本弾き比べるとその僅かな差が違和感になるので国産に合わせるべく2.99ミリへの
打ち換えをご依頼頂いた。
しかし韓国製に打つのは2.99ミリなれどステンレスではなくニッケルシルバーである。
その理由は後ほど。

で、韓国製の分解初っ端からつまづく(笑)
ロックナットを外すのだが7~5弦はすんなり外せたが4~1弦はロック時に押さえこまれた
弦が直接ロックナット固定ビスへ当たらない様にする為の小さな円盤パーツがこれまでの
弦ロックの圧力で潰れて拡がったのかナット内部から外れない…
写真は撮り忘れたがこの小さな円盤パーツは紛失警報随時発令中だと思う。
お客様によれば別売りもしてるらしいのでストランドバーグオーナーは購入しておくべきだろう。
紛失はもちろんある程度潰れてきた段階で交換をお勧めしたい。
ちなみに7~5弦がすんなり外せたのは既に円盤パーツが入っていなかったから。
お客様は中古購入らしいので前オーナーによる紛失かもしれない。

  st10.jpg   

何とか苦労して4~1弦の円盤を外したが…
ナット固定ビスの+頭が潰れている。
この潰れ方は円盤によるものではなく取り付け時の作業に問題有りかと。
この辺りは従来の韓国製・大陸性のお約束なのであまりビビらない(笑)
組み込み時には全てのビスを同サイズのステンレス製へ交換しておいた。

st11.jpg 



st12.jpg 


やっと全ロックナットが外せた。
まだまだ先は長いのにここまでに恐ろしい時間を食ってしまった…

st13.jpg


フレット抜いて指板修正開始。
少し波打っていたし指板の幅も広いので指板修正はいつも以上にしっかりと行った。
とは言え韓国製としてはかなり優秀なネックの作り込みである。

 st14.jpg 


普段フレット打つ時にはフレットに対して体を正面に位置して打つのだが
今回は毎フレットごとに体の位置を調整する。
そのうち自分の体が歪んで位置している錯覚で何が基準で何が真っ直ぐなのか
分からなくなる(笑)

st16.jpg



ネック周りは順調に作業が進んでいるので今度はボディー側だ。
PU交換時、この適当極まりない導電塗料の塗り方がイライラした。
今回きっちり塗り直せるからスッキリする(笑)

 st17.jpg


実はこの韓国製、チャンバー=セミホロー構造です。
ホロー構造ならではの音の拡がりを出すべく高域キンキンのステンレスではなく
ニッケルシルバーのフレットを打つのです。
さすがにコントロール奥のホロー部まで導電塗料を綺麗に塗るのは難しいので…

 st18.jpg


壁面にマスキング。

 st19.jpg


パネル落とし込み部の壁面もマスキング。

 st20.jpg


PUザグリもテキトー塗りなのでやり直す。

 st21.jpg


そして同時にこれまでも何本か作業したブリッジアースの見直し。
と言うか導電塗料塗るのにブリッジアースの線が邪魔なので除去必須。

 st22.jpg


ちなみにクルクルサドル裏にはこれまた紛失警報発令確定の小さい小さい細い細い
スプリングが入っている。
クルクルサドルを押し上げるには少しテンション不足だとは思うが…

 st23.jpg


↓ の画像をよぉ~く見て欲しい。
アルミテープの粘着面とボディー間にアース線が来ている。
他のギターでもたまにこの様なアースの取り方は見るが考えてもみて欲しい。
アース線が直接アルミテープに触れるなら何も問題無いがアルミとアース線の間に
粘着面がある。
これではきっちり導通が出るワケがない。
束ねられたアース線材のうち1本でも粘着面を付き抜けてアルミに触れていれば
とりあえずブリッジアースは確保出来るが確実性は全く無い。

 st24.jpg


コントロール部導電塗料塗布完了!
あ~スッキリした。

 st26.jpg





 st27.jpg


PUザグリも塗って

 st28.jpg


アースラグを使って有線で各ザグリを結線。

 st29.jpg


ブリッジアースもアースラグを使って確保。
ラグ板に刺さっているビスはサドル台座固定用のビス。
ラグ板ビス手前側の小さな穴の裏側にアース線をハンダ付けしています。
これにてブリッジアースを確実に確保!

これは周知かもしれないがEMGをはじめとするアクティブPUはその説明書に
「アクティブはノイズめっちゃ少ないからブリッジアースは不要だよ~」と堂々と記述がある。
が、演奏環境だったりガッツリ歪ませると堂々とノイズは出る。
説明書の文言を鵜呑みにしているのか海外ギターメーカーはアクティブPU搭載時に
ブリッジアースを取っていない事が多い。
国産は几帳面or疑り深い日本人が作っているのでアクティブでも絶対に取っている。

 st30.jpg


PUはウレタン+スプリングで取り付け。

 st31.jpg


コントロール組み込み完了。
ブリッジアースも導電塗料の塗り方も中途半端なのに何故かしっかりアーシングテープの
貼られたコントロールパネル裏。
PU交換時よりレバースイッチ端子に触れそうな部分には絶縁テープを貼ってます。
それが必要なぐらいスイッチ端子とパネル裏は接触ギリギリでしたので。

 st32.jpg


さて、次に着工するのは国産のボディー側です。
こちらはデフォルトでアクティブPU仕様な為なのかPUザグリには導電塗料は全く塗られておりません。
でも何故かコントロール部にはきっちり丁寧に塗られております…

 st33.jpg


見難いですがブリッジアースの線はサドル台座ビスのビス穴まで来ています。

 st34.jpg


でもビス穴に線材を直接捻り込んでいるだけなので千切れてピロピロになっています…

 st35.jpg


PUザグリに導電塗料塗ってから韓国製と同じ手法でブリッジアース確保!

 st36.jpg


PUはやはりウレタン+スプリングで固定。

 st37.jpg


電気系組み込み完了!
配線周りは元々の作業が丁寧だったのでラクでしたがPUからの余剰線材がコントロール内で
渦巻いていたので必要最小限にカットして小奇麗に纏めさせて頂きました。
パネル裏には韓国製と同じく絶縁テープを貼る。

 st38.jpg


実はここからが一番大変でした。
原産国は異なれど同じモデルの2本のセッティングを近付けなければならない。
これまで作業中、いや、作業前に気付いてましたがネックのボディーへの仕込み角度、
仕込み量が違う。
まずはお客様の基準になっている国産のセッティングを詰めてからそれを手本に
韓国製をセッティング。
ちなみにオクターブピッチは韓国製・国産共にきっちり10セントずれてました。
何かその10セントに意味があるのか?と考えましたが普通にきっちりオクターブ取ると
全域でピッチが安定したので単なるズレだったのかな?

 st39.jpg


今回は慣れないギターなのでいつもの数倍時間を掛けてセッティング。
結局2日弱ぐらいずっとセッティングしてたかも(笑)
そのお陰?ステンレスからニッケルシルバーへフレット材質変更したお陰?
韓国製は作業前に比べて音に膨らみと拡がりが出た様に感じます。
まぁそれを判定するのはお客様なのですが。

 st40.jpg


さて、以前より常連様をはじめ色んなお客様から
「ストランドバーグってどうなの?」みたいな事を聞かれてきましたが
ようやくしっかりと返答出来る日が来ました(笑)

個人的には「アリ」だと思います。
ただし小振りなサイズ感だけで判断して汎用性の高いトラベルギターの一種とは考えないで下さい。
言うまでもなく本気で対峙しないと真価の見えない「新しい弦楽器」です。コレは。
スタインバーガーとは立ち位置が全く異なります。

 st41.jpg


確かにこの独特のネックグリップには違和感を感じるでしょう。
しかしながら親指をネック裏に立てて弾くクラカルフォームのプレイヤーは慣れるのに
そう苦労はしないと思います。
そもそもネックをガッツリ握り込み、場合によっては親指をオーバーグリップして弾くジャンルの
ギタリストはこのルックスのギターを手にする事は無いでしょう。
斜めになっているフレットも弾いているうちにそんなに違和感は感じなくなりました。
それよりもフレット打ってる時の違和感の方がスゴかった(笑)
まぁこれはギターエンジニアにしか関係無いけれど。
とりあえずクラシカルフォーム主体のギタリストは一度試奏してみる事をお勧めします。
デフォルトでもかなり低めの弦高設定なのでグリップの違和感を通り過ぎれば
ストランドバーグの狙いが理解出来るかもしれません。

ネットでストランドバーグのプレイスタイルを検索するとジャズ系中心にタッピング主体のインストや
一部テクニカル系が出てきますがまだ他にも広がる、広げられる可能性は有るんじゃないかな。

なんて言ってる本人はアイバニーズの7弦VAIモデル(初代ユニバース)が発売された瞬間に
ローン組んで買ってしまった新しいモノ好きなので多少の色眼鏡を通しての意見として捉えて下さい(笑)

 st42.jpg


ケースも今風でカッコエェですね~~
オシャレだな。

 st43.jpg 
 

近年ネタ切れ感溢れる楽器業界ですがこんな面白くて全く新しいモノがもっと出てくると
音楽シーンを含めて何かが変わるかもしれませんね。
タグ :

EVH Striped ST Dチューナー使用に伴うトレモロアップ止め加工の進化系編

 2018-12-08
今回はトーンガレージっぽい?ネタでの更新です。

ご依頼頂いたのはEVHのストラト。
以前Dチューナー使用時のチューニング狂いをご相談頂き、

e1_2018120815503077b.jpg 


トレモルノを取り付けたのですが…
やはり咄嗟の時に「あれっ?今トレモルノってアップ止めだっけ?フルロックだっけ?」
みたいに戸惑ったり、そもそもアルミ製なのでフルロック&アップ止め状態で
不用意にアームに圧力が掛るとメインシャフトが曲がるので普段から取り扱いに気を付けなくてはいけない。
事実お預かり時チェックしたらメインシャフトは曲がり気味、ロックスクリュー痕で凹みもあり
既にアーミング時にメインシャフトはスムーズに動く状態ではなかった。

で、今回は
「もー完全フリーフローティングで使う事は無いから気を使わなくていい完全なアップ止めにして」
って事だった。

e2_20181208155032bf0.jpg 


まぁそうなると常套手段としてはクラプトンのブラッキーでお馴染みの木片挟む作戦か?
自分としては木片だと強度不足に思えるしトレモロのボディーに対する角度を調整し難いので
アルミの部材やブラス板を仕込む事が多い。
(木片だと時間が経てば痩せやブロックの圧力で薄くなりトレモロの対ボディー角度が変わってしまう)

↓ 画像はブラッキーから外した木片の実物です。フェンダーさん加工テキトー(笑)

e3_2018120815503244d.jpg 


ところがだ、
このEVHはトレモロのサスティーンブロックとボディー側壁面が平行ではない。
1弦側の方が狭いのだ。
ボディーの加工が?なのかブリッジ取り付け=スタッドアンカー埋め込みが
ズレたのか?
んな事はオクターブがきっちり取れているので今のところは無視だ(笑)今のところは。
それよりも重大な問題はこの微妙なズレにきっちり合わせた木片や何かしらの
挟み込みアイテムを製作する事が困難だって事だ。

e4_20181208155034738.jpg 


トレモルノ編のブログでも書いたがスプリングキャビティー底面がブリッジへ向け
斜め=下り坂になっている。
6弦側の木部丸出しはトレモルノ云々以前にトレモロスプリングが壁に擦れて
チューニングが不安定だったのでトレモルノ取り付け時に削り落した。

e5_20181208155035b03.jpg 


なので以前ネタ的にブログアップした簡易ドア錠作戦も使えないのでトレモルノを付けたのだが。
まぁこのアイデアもフリーフローティング時の金具の共振音対策が未だ確立出来ていないのだが。

e6_20181208155037460.jpg 


悩んだ。
めっちゃ悩んだ。
トレモロを常に机の上に置いて何かの拍子にアイデアが降臨しないか期待する数日だった…

何かを挟み込んで「面」で止める事が出来ないなら「点」で止めるしかない…

e7_20181208155038c32.jpg 


何とな~~~く方向性が見えてはきたものの具体策が決まらないので先にフレットを
打ち換える。
JESCARで言えば57110サイズから55090サイズへ。太さは変われど高さは変わらない。

e8_20181208155040e08.jpg 


その為のネック分解作業中の事。
お客様がDIYでゴトー製レンチホルダーを付けていたのだが…ビス折れてるし…折れて埋まってるし…

e9_20181208155041e29.jpg 

何とか折れたビスを抜く事に成功!

e10_201812081550434c7.jpg 

埋め木完了!!
普段から「下穴空けずにダイレクトにビス入れたら折れちゃった!何とかして~」依頼は
多いのですけどね。
皆さん、メーカー取説に要下穴加工やリペアショップに依頼して作業を~みたいな記述が
あるのはこーいう事なんですよ。

e11_20181208155044d5b.jpg 


さて、現実逃避のフレット周り作業も終わりいよいよ本番に着工だ。

サスティーンブロックに磁石を当てたところ付かない。
ブロックは軽金属製だ。
これで方向性と覚悟は決まった!

e12_201812081550468e8.jpg 


作業の為にボディーはフル分解。
こうしている間にも作戦を更に煮詰める。

e13_20181208155047aa3.jpg 


まずはサスティーンブロックにΦ5の穴を開ける。
滅多に使う事の無いドリルオイルは大きなボトルでしか売ってないくせに気が付けば
酸化していてポイになる。もう少し少量で売ってはくれまいか?
シャーシーごとバイスで固定しているのはサスティーンブロックの切削精度が悪く、
きっちり垂直に穴を開けるにはシャーシーをバイスで挟む時にスペーサーを入れて
ネチネチ垂直出しをするしか方法が無かったから。
もちろんシャーシーを挟む部分はキズ防止のマスキング済み。

e14_20181208155049396.jpg 


作業前にボール盤の回転スピードを調整し、慎重に作業して穴空け完了。
やはりブラス製ブロックにメッキを施したブロックだった。
往年のフロイドみたいに鉄製ブロックだとウチの機材では無理だな…

次はM6のタップでネジ切りだ。
これも垂直に行う必要のある作業なので切り始めはタップをボール盤に付け、
手回しで根付けした。

e15_20181208155050e65.jpg 


切り始めの根付けが終わればオイルを差しながら切りこんでいく。

e16.jpg 


貫通してタップ作業完了。

e17.jpg 

パーツクリーナーで残ったドイルオイルを除去。

e18_201812081550557ba.jpg 


峠?は越えた。
ここからはノリノリ?で作業を進める。
用意したのはM6の六角レンチで回すホーロービス。

e19.jpg 


コレをブロックに装着!
ここでトレモロ周りの作業は一旦完了。

e20.jpg 


お次は難儀なボディー側。
必要箇所のみ恐ろしいまでのデコボコを研磨して慣らす。

e21.jpg 


そしてアルミL字プレート!
何や言うたらすぐアルミ使うなトーンガレージ(笑)
いやいや今回はアルミにせざるを得ない理由があるのですよ。

e22.jpg 


トレモロスプリングザグリ底面が下り坂になっているって事は当たり前だが角は90度では
ない。
なのでその角度に沿う様にアルミを曲げなければならない。
まずはバイスでゆっくり慎重に圧力を掛けたがある程度のところで割れた…
折れ角のところで千切れる様に割れた。
更に慎重にやり直したが2枚目も割れた…

e23.jpg 


なので3枚目はプラハンマーで叩きながら角度変更を試みるも…
均一な角度変更にならず。まぁ予想はしてたけど。
バイス作戦の様に割れはしなかったが自分の魂が折れた。

なので4枚目はバイスで軽く角度を変更する程度で「妥協」した。
気に入らないが妥協した。
と言うかボディーへしっかりビス止めするから多少密着してなくても強度は保てるとの
結論に逃げた…

e24.jpg 

 
仮組みじゃじゃ~~ん!

 お分かり頂けるだろうか?
弦テンションに対抗する最小のスプリングテンションさえあればトレモロ角度はM6ビスの突き出し量で
調整可能!
つまりチューニングしては微妙にスプリングハンガーを調整してのトレモロをボディーにと平行にする
面倒で手間の掛る作業が不要。
トレモロスプリングの主な役割はアーミング時のテンション調整のみとなる。

M6ビスの当たる箇所のみアルミが有れば良いんじゃない?と思われた貴方、正解です。
お客様は今後トレモロバックパネルを外して使うので「何かしらのカスタム痕」が見えて欲しい
との事でしたのでワザと端から端までアルミを入れた。

強度を考えればステンレスでやりたかったがステンレスは硬過ぎて角度調整が出来ない。
そして後述の打撃音対策によりステンレスの強度は意味が無くなる。
試行錯誤段階で取り付け角度に自由のある小型の蝶番を使う事も考えたが
ジョイント部の出っ張りでM6ビスの当たり具合が見えないので却下。
結果アルミで良かったかなと。

e27.jpg 


次なる作業の為に仮組みをバラして一息ついた秋の夜、
やっぱり木部丸出しが気に入らなかった…
腹減ってたし早く家に帰りたかったが…
塗った。筆塗りタッチアップだけど。

e25.jpg 


そしてずぅ~~~っと気になってはいたが肝心なところの加工は甘いくせに
トレモロバックパネルの落とし込み加工は塗装後に施工したのかパネル落とし込み部の
角がビシッと垂直エッジ出てて指の腹で撫でると痛いぐらい。
今後パネル無しで使われるお客様の事を考えて角を少し研磨して面取り。

e28.jpg 


そして次なる難題へ挑む。
お客様の要望でアームダウンからの復帰時、M6ビスがアルミに当たる「コンッ」ってな
打撃音は何とか対策して欲しいとの事。
普段何かしらを挟み込んで面と面で動きを止める時には厚さ0.5や1.0ミリのゴムシートを
貼る。
だが今回は面vs尖ってはいないが面では無いM6ビスの先端だ。
薄いゴムシートは調整時にM6ビスを回せばあっと言う間に破れてしまうだろう。

e30.jpg 


なのでホームセンターをハシゴしてようやく見付けたこのアイテム。
苦労して探して見付けたのに別件で作業机の中を漁ってたら以前別のアイデアで使用した
残りが出てきてちょっと凹んだ…

e29.jpg 


このグニャグニャしてホールドし難い物体をある程度短くカットしてからペーパーで慎重に
研磨する事…失敗を繰り返し1時間(笑)
ようやくベストな長さに調整出来た。

e31.jpg 

装着するとこんな感じ。

e32.jpg 

本体に組み込むとこんな感じ。

e33.jpg 

ブリッジ角度調整後のM6レンチ差し込み部の出っ張り量はこんな感じ。

e34.jpg 


お客様にお渡し用の六角レンチの長さを調整して

遂に完成!!

e35.jpg 


いやぁ~キツかった。
普段の徹底的にやるシリーズなんかも作業は大変なれどゴールの形が見えているから
頭を使うのは作業段取りだけ。
今回はゴールの形が全く見えない所からのスタートだったので大変でした。
今年は絶対に倒れないスタッド等のワンオフ作業が少なくてあまり頭を使ってなかったから
アイデア発想回路が鈍ってたかも。

e36.jpg 


ちなみに打撃音吸収キャップの効果は絶大。
しかしキャップ素材の反発力の変化によりアームダウンするとキャップの容積が元に戻り
アルミに当たるとへしゃげる。この量が毎回安定している訳ではないので本来の
がっつりアームアップ方向への動きを止めDチューナー使用時のチューニングを安定させる
目的へはちょっと不満の残る完成度だった。
これは今後キャップ素材が硬化してある程度安定するのか、もしくはお客様が打撃音を
許容しチューニングの安定を優先してキャップを外して再セットアップするか。
常連様なので状況を見ながら更に完成度を高めたいかと思っています。

スプリングキャビティー底面が下り坂になっていなくて均一にフラットならM6ビスの当たる作用点を
もっとトレモロスプリング側へ近付ける事が出来るのでより一層効果は高くなると予測してますが…
上手くいけば弦交換時のトレモロ外れも無くなるのかも??
誰か人柱になるギターを作業させてもらえませんか?(笑)
あ、年が明けてヒマになれば自分の実験用ギターで試してみるか。ヒマになればね…


PB300625.jpg


タグ :

ご来店予約のお願い

 2018-10-26
今週末、来週連休あたりが学園祭のピークですか?
本番前クイックリペアのご用命が増えており、感謝しております。
ここで皆様へお願いがあります。
当店は私一人で運営している都合上、ご来店は予約制とさせて頂いております。
ご来店前には必ず電話、メール、FBメッセンジャーでの予約問い合わせをお願いします。
突然ご来店頂いても対応出来ない時もありますので何卒ご了承願います。

※本文と↓画像は関係ありません。
当店お客様の上質なジャパメタ新作CDです。

PA260337.jpg
タグ :

フレット入荷のお知らせ

 2018-10-23
当店主力フレットであるJESCAR #55090の在庫切れにより
一時フレット交換の受付を制限させて頂いておりましたが
ロールで入荷しましたので現在は通常ペースで受付しております。
お急ぎ納期をご希望でご期待に沿えなかったお客様方、申し訳ありませんでした。
皆様のお問い合わせお待ちしております。

PA190328.jpg


PA190331.jpg


PA220332.jpg
タグ :

【臨時休業のお知らせ】

 2018-10-02
明日3日(水)は所用の為、臨時休業とさせて頂きます。
明後日4日(木)は通常営業致します。

21号、24号、そして25号と台風が続きますが皆様へ被害の無い事をお祈りしております。

PA010378.jpg
タグ :

【夏季休業のお知らせ】

 2018-09-14

下記日程にて遅めの夏季休業とさせて頂きます。


15日(土) 休業
16日(日) 定休日
17日(月) 祝日定休
18日(火) 休業

19日(水)より通常営業致します。

休業期間中、お急ぎのお問い合わせ等はメール、Facebookメッセンジャーでお願いします。


P9140331.jpg



タグ :

【停電復旧のお知らせ】

 2018-09-06
先ほど停電より復旧致しました!
表向き定休日の木曜ですが本日より通常営業再開致します。

未だ通勤路の幹線道路の信号、コンビニも停電が続いておりますが、懸命の復旧作業に従事していらっしゃる
電力会社の皆様に感謝致します。

また本日未明に発生した北海道の大規模地震はまだ被害の全容が判明しておりませんが
皆様のご無事と被害の少ない事をお祈りしております。
タグ :

【停電による業務変更のお知らせ】

 2018-09-05
この度の台風21号により社屋に被害はありませんが付近一帯が停電しております。

停電復旧まで下記の通り業務内容を変更致します。
ご了承下さい。

・営業時間 午後5時まで
・リペア受付 音出しチェック、ハンダこて使用の配線修理等のクイックリペアは
お預かり対応のみとなります。

※停電により固定電話が繋がりません。お問い合わせ、ご来店予約はお手数お掛けしますが
メールかFacebookメッセンジャーでお願いします。

復旧しましたら改めてお知らせ致します。

被害に遭われた皆様にお見舞い申し上げます。
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫