臨時休業のお知らせ

 2017-10-06
10月7日(土)は申し訳ありませんが臨時休業とさせて頂きます。

ご迷惑お掛けしますがご了承下さい。


PA060006.jpg
スポンサーサイト
タグ :

久々に個人的に面白いと思った楽器、ペルーの民族楽器?トレスを作業する編

 2017-10-02
最近ブログアップこそしておりませんが色々な楽器をお持ち込み頂いております。
今回のトレスの直前には和装をお召しになられたご婦人より大正琴をお持ち込み頂いたり(笑)
以前Facebookに載せて以降、バンジョーも数本ご来店頂きました。

さて、今回は「お初」な楽器、ペルーの民族楽器?トレスです。
一見普通のアコギに見えますけどね。

or1.jpg


Ordpnez、オルドネスというメーカーですね。
ヘッドはナイロン弦同様のスロッテッドヘッドですが。

or2.jpg


ココが違う!
弦は6本なれど主弦、副弦構成3セット。
「トレス」とはスペイン語でTRES=3と言う意味との事。つまり3本弦の楽器って事ですな。
チューニングは太い方=3弦よりG⇒C⇒E。
普通のギターで言えば5カポの4.3.2弦になります。
ゲージは3弦主弦が024、副弦が09、2弦は011×2本、1弦は09×2本。


or3.jpg


さて、このトレスさん。
何故ご来店頂いたかと言うと「弦高がかなり高い、おそらく順反り」との事。
確かに凄い順反り。ハイフレット部は音詰まり発生。。
しかもアジャスタブルトラスロッドが入っていない。
何らかの鉄芯は入っているのだろうが…
そして何故か指板横に溝を埋めた跡がある。
おいおいまさかのまさか…フレット溝位置間違えちゃって…埋めた?
しかし指板表面には溝跡が無い…


or4.jpg


若干パニくるもネックエンドを見て全容解明。
フレット位置間違えて溝切り⇒埋める⇒そのままでは指板表面で丸分かりなので⇒
0.5ミリ以下の薄い指板を貼って隠す!
なんてワイルドなんだ!!こ、これが南米なのか!?

or5.jpg


ん~~~今回は難しい。
今までロッドの効きに問題があるネックを指板修正で真っ直ぐにして使える様にした事は
何度もあるが今回はロッドは調整出来ない、指板表面に化粧板が載ってる状況である。
すなわち指板修正が出来ない。のである…
結論としては背の高いフレットを打ってフレットのすり合わせで順反りを何とかするしかない…
オーナー様が言うには指板はハカランダとの事でしたがフレット抜いて軽く研磨したら
なるほど。脂分が多く、すぐにペーパーが目詰まりするハカランダならではの症状出ました。

or7.jpg


ナット部。
足りなかったのか?薄く貼られたハカランダ。
不足分をおがくず混ぜた樹脂?で埋めている様だ。

or8.jpg


いや~~何とかしましたよ!
ハイフレット側のフレットを思いっきり削り込んで。
何とか音詰まりせずに弾ける様にはなりました!
いつもながらエクストラハイフレットの処理は大変ですな。

or9.jpg


指板側面のフレット溝跡の処理もやり直しました。

or10.jpg


このトレス、今回作業した物の作りがどうとかは置いておいて
かなり面白い音色の楽器ですね。
バンジョー的な音色なんだけどバンジョーやウクレレに交じっても使えそうだし
アコギ主体の音楽にアクセント加える感じでも使えそう。
エレキ畑の自分でも色んなアイデアが湧いてくる楽器だ。
興味がある方は「ペルー 楽器 トレス」で検索してみて下さい。動画も見付かります。

or11.jpg



話は今回のトレスから離れてしまうのだけれど
最近は自分のオリジナリティーを追求すべく新しい楽器、デバイスに手を伸ばす方が増えています。
当店では作業の多いサスティナーにしても昔は好きなミュージシャンが搭載しているから、使っているから。
って理由でインストールしたりモデファイする方が多かったですが最近は独自の音楽を演る為に
サスティナーが必要!と言われる方が珍しくはありません。
まぁコピーよりオリジナル演ってるお客さんの方が多い当店だけの傾向かもしれませんが。


タグ :

臨時休業のお知らせ

 2017-09-11
下記日程にて遅めの夏季休業とさせて頂きます。

14日(木) 定休日
15日(金) 休業
16日(土) 休業
17日(日) 定休日
18日(月) 祝日定休

ご迷惑お掛けします。
上記期間内、メールでのお問い合わせには返信可能です。

P9090344.jpg
タグ :

【お盆期間中営業のご案内】

 2017-08-03
11日(金) 祝日定休
12日(土) 営業 ※予約来店終了次第閉店
13日(日) 定休
14日(月)~通常営業

尚、12日(土)のご来店予約受け付けは10日(木)受付締め切りとさせて頂きます。

P8030375.jpg
タグ :

S.DUNCAN JasonBecker Perpetual Burn Humbucker 編

 2017-05-27
昨日だったか一昨日だったか、IPS細胞の研究者が抗がん剤の一種が難病、ALSの進行を遅らせる効果がある事を
発見したとのニュースが流れた。

長いキャリアの喫煙者である自分が将来肺ガンになったとしてもそれは当然の帰結、自業自得である。
しかしながら先天性、突発性の病に苦しむ患者には本来何の罪も無いはずだ。
したがってALSを始めとする様々な難病には一日も早く治療法が確立される事を願う。

今回はそんな難病に苦しむジェイソンベッカーの1988年に発表された代表作、
「Perpetual Burn 」の名を冠するダンカンのPUについて書いてみる。
若かりし頃は「シュラプネリスト」だった自分としては素通り出来ないPUだ。

P5120292.jpg


もちろん88年当時にこのPUは存在しない。
難病に苦しむベッカーへのベネフィット的要素を含んで2014年に発売された近年モノである。


P5120294.jpg


マグネットはアルニコ5、メーカー公表直流抵抗値は12.11kΩ、実測は13.31kΩだった。
フラットポールピース側の抵抗値は6.65kΩ、アジャスタブル側は6.66kΩ。
最近のダンカンによく見られるハイブリッド製法ではない様である。
抵抗値だけの比較で言えばSH-5、カスタムと近い立ち位置になる。

P5120295.jpg


で、お客様(常連様)のギターに付けさせて頂いたのである程度の時間弾いてみた。

最近のSH-5の派生モデルは中々の完成度、特に59カスタムハイブリッドの高域=トーンは
かなり良い。
このPerpetual Burn はその一段上の高域が出ている様に聴こえる。
59カスタムハイブリッドに少しギラついたトーンを加えた感じ…と表現してみる。
言うまでも無くHM/HR向きである。
太さはSH-4、JBやディマジオ トーンゾーンの類いには及ばないがヌケの良い高域は
アンプ直、プリアンプ機能を持つエフェクトへの入力に有利だと思う。

P5150314.jpg


ジェイソンベッカーをリアルタイムで経験していないギタリストでも十分に満足出来るPUだと思います。
少なくとも59ハイブリッドを良いと感じているならハズレでは無いので試してみてはいかがでしょうか?

今やプレイするジェイソンベッカーは動画でしか見る事は出来ないが個人的にはこれが一番凄い(エグい?)と思う。
ソロ作では多彩な音楽性の表現が評価を得ているらしいがやっぱりプレイは超越したテクニックに目が行ってしまう。
「自分ピック要る?要らんやろ?」って聞いてみたい…




もし病に冒されていなければ、
もしDLRバンドで大成していれば、
近年の再結成来日公演ブーム?+マーティー効果でカコフォニーもリユニオンしていただろうか。




はたまたメガデスにでも加入していただろうか(笑)
想像は尽きない。

残念だ。
タグ :

<連休期間休業のお知らせ>

 2017-05-02
3日(水)~7日(日)まで休業とさせて頂きます。
メールでのお問い合わせには対応可能です。


P5010081.jpg
タグ :

現在のリペア受け付け状況について

 2017-04-18
現在リペア受け付け状況はそれほど混雑はしておりませんが
フレット交換、サスティナー関係等比較的時間の掛かる作業依頼が増えてきております。
連休前仕上がり希望のリペアをお考えの方はなるべく早めにお問い合わせをお願いします。

P4180010.jpg
タグ :

<臨時休業のお知らせ>

 2017-03-28
4月1日(土)は臨時休業とさせて頂きます。
ご了承下さい。

P3250121.jpg
タグ :

本年もお世話になりました。

 2016-12-28
今日で年内の営業は終了です。

本年も当店をご利用頂いた皆様に感謝しております。
有難う御座いました。

今年もやはりと言うべきか新しい事を形に出来ませんでした。
毎年正月には「今年こそは!」と意気込んではいるのですが…
来年こそは年末に「今年はやりきれた感」を出せる様に頑張ろうかと。

新年は5日(木)より営業致します。
現在リペアは比較的空いておりますので皆様のお問い合わせをお待ちしております。


PC270136.jpg

ブラックパーツのソロイストにゃやっぱEMGが似合うな!

それでは皆様良いお歳を!!

タグ :

<臨時休業のお知らせ>

 2016-10-31
3日(木)祝日定休
4日(金)臨時休業

※5日(土)は通常営業ですが既に来店予約を数件頂いておりますので5日にご来店希望の場合は早めにご予約をお願いします。

タグ :

10月1日 メール障害のお知らせ

 2016-10-01
本日10月1日、午前よりniftyサーバーの障害発生によりtonegarage@nifty.comのメールが確認出来ない状況が続いております。
メールを頂いておりました場合、障害復旧後の返信となります事をご了承願います。
本日の来店予約等お急ぎの内容は電話でお願いします。
タグ :

夏季?休業のお知らせ

 2016-09-20
下記日程にて遅めの夏休みを頂きます。
メールでのお問い合わせ、26日以降のご来店予約は返信させて頂きます。

22日(木) 祝日定休
23日(金) 休業
24日(土) 休業
25日(日) 定休日

26日(月)~通常営業

ご迷惑お掛けしますがご了承願います。

P9171814.jpg
タグ :

 2016-08-09
お盆期間中の営業は下記の通りです。

11日(木) 祝日定休
12日(金) 通常営業
13日(土) 休業
14日(日) 定休日
15日(月)~通常営業

12日、15日以降のご予約は早めにお願い致します。

P8092146.jpg
タグ :

<臨時休業のお知らせ>

 2016-07-12
7月16日(土)は臨時休業とさせて頂きます。

16日(土) 臨時休業
17日(日) 日曜定休日
18日(月) 祝日定休日

お問い合わせ、ご来店予約はメールでお問い合わせ下さい。
tonegarage@nifty.com

P7111900.jpg
タグ :

GW期間の営業案内

 2016-04-25

28日(木)定休日

29日(金)祝日定休

30日(土)通常営業

1日(日)定休日

2日(月)通常営業⇒夕方以降は既に先約で埋まっております。

3日(火)祝日定休

4日(水)祝日定休

5日(木)祝日定休

工房定休日でもメールには返信可能です。
お急ぎのお問い合わせ等はメールでご連絡お願いします。
tonegarage@nifty.com

タグ :

Ibanez RG2727FZA DIMARZIO DP713&714 Titan7 取付け ヌケの良い7弦ピックアップ編

 2016-04-02
今回は7弦のピックアップ交換編。

ご依頼頂いたのはIbanez RG2727FZA。

純正ピックアップはDP759=PAF7。


titan1.jpg


このPAF7、6弦用でロングセラー?なDIMARZIO PAFの7弦版なのだが
6弦用と同じく高域にヌケが無く「何でPAFって名前なの?」って思うぐらいの太い中低域。
歪ませて7弦=ローBを刻んでも音の輪郭は無く、ただ濁った低域が出力されるだけである。
個人的にディマジオのPAFとスーパーディストーションはネーミング詐欺だと思ってる(笑)


titan2.jpg



純正配線はアイバのお約束、コイルタップを組み合わせた豊富なサウンドバリエーション。
2ハムなのに5段のレバースイッチ。
残念ながらPAF7ではそのバリエーションも使えない、どう使えば良いか分からない音色しか出ない…

titan3.jpg


そもそも7弦と言えばVAIのユニバースからスタートしたはずだが近年はオルタナティブ系、グラインド系メタルの
御用達アイテムなイメージが強いかもしれない。
しかしながら今回ご依頼頂いたお客様の様に普通のハードロック、インストで7弦を使いたいギタリストも多い。
そこで問題になるのがピックアップの音色。
やはり市場の需要からなのかリプレイス用もパワーが有り低域が太いピックアップが主流である。
ダンカンも定番モデルで7弦バージョンを出してはいるが元々のモデルのニュアンスが忠実に再現出来てはいないと思う。
パワーが有り低域がブーミーなピックアップと対照的なのはVAIのエボ7弦版、ブレイズではあるが個性的なトーンであり
汎用性があるとは言い難い…

そこで今回チョイスしたのがDP713&714、Titan7である。
Peripheryのジェイク・ボーウェンモデルだ。

titan4.jpg


以前ネックのメンテナンスで7弦のジェイク・ボーウェンモデルを作業させて頂いた時に
「ん?このピックアップは他とは違うぞ…ちゃんと高域出てる…」な記憶が有ったので。
Peripheryのバンドサウンドは流行りの?ヘヴィサウンド系なのだが…
今回のお客様のご希望、「ブーミーで濁りのあるサウンドではなくドライな歪みのニュアンス」に
合うのではないか?と予想。

titan5.jpg


取付け完了!

titan6.jpg


このTitan7、はっきり言って良いピックアップだと思います。
抵抗値も抑え気味な為か歪ませてもグシャグシャにならない!
7弦を刻んでもしっかり音の輪郭が残っている。全体的にもドライなサウンド。
フロントはリアよりも低域が太くソロを弾いてもレガートなフレーズではストレスが残らない。
(とは言え少し低域強過ぎかな?)

レバースイッチをリアから1つ戻したポジションでフロントは後ろ側、リアは前側のコイルが鳴るタップの組み合わせに
なるのだが、そのクリーントーンはアルペジオやカッティングに十分使えるクオリティーだ。
反面2H状態のミックスやフロントのパラレル配線はこのピックアップの良さを消してしまっている感じ…
素直に3段レバースイッチにしてミックスでは上記コイルタップの組み合わせが使い易いかもしれない。

titan7.jpg


7弦でドライな歪みが欲しいギタリストにはオススメ!
ブレイズよりもトーンにクセが無いので使い易い。

是非6弦モデルのTitanも試してみたいものだ。
誰か付けてみませんか?(笑)


タグ :

臨時休業のお知らせ

 2016-03-04
3月5日(土)、26日(土)は臨時休業とさせて頂きます。

ご了承下さい。

タグ :

BareKnuckle 評判のアフターマス取付け編

 2016-02-23
久々のベアナックルネタです!

おっちゃんが温泉に浸かりまくってる間に色々新モデルが出てるみたいですね。ベアナックル。

af1.jpg


今回の母体はCrewsのソリュージョン。
パッと見と言うか…どう見てもJ.○イラーなギター。
ピックアップはフロントがSH2=ジャズ、リアがJ.○イラー。
フロントは綺麗な高域なのに何故かリアはヌケが悪い…
今回はこのCrewsが作った「何でマホボディーなん?」J.○イラー風に裸の拳を載せます。

af2.jpg


載せるモデルはAftermath。
お客さんから教えて頂いたのだが最近巷で評判の良いモデルだそうな。

af3.jpg


今回はフロント&リアのセットで載せ替え。
フロントがアルニコⅡ、リアがセラミックなのでメーカーの趣旨、狙いを味わうにはセットでの載せ替えがベストだろう。
実測抵抗値はフロントが11.38kΩ、リアが14.65kΩだった。

af4.jpg


取付け完了!
このアフターマスさん、両ボビン共にアジャスタブルポールピースなので取付け方向に悩んだ…
お客さんのご意向でシャーシーの刻印の向きを合わせて取付け。
タップスイッチも付いているがタップ時はフロントのN極、リアのS極が鳴る様に配線を変更。
これでタップ時のミックスでもノイズに悩まされる事は無い。

af5.jpg


<インプレッション>

非常にクリアーな高域なのにパワーが有る!
評判が良いのも良く分かりますわ。
ダンカンのSHー2=JAZZをSH-5=カスタムぐらいのパワー感にボアアップしたらこんな感じなのかもしれない。
パワーが有る分JAZZよりも低域がしっかりと出ているし結構ゲインを上げて歪ませても音階の輪郭が崩れない。
ボリュームを絞っていけば「ん?ハイパスコンデンサー付いてる?」的に高域が残る。
HR/HM系ギタリストに評判らしいがコントロールでニュアンスを変えるギタリストにもオススメ出来るだろう。
タップ時のミックスではカッティングにも十分使える歯切れの良さだった。

ただしだ、今回はマホボディーに載せている。
元々中低域はボディー材が稼いでくれているのでこの評価、このバランス感なのかもしれない。
鳴りの良いアッシュボディーなら少し高域が強過ぎる可能性が有る。
あるいは低域が少し薄いのかもしれない。

アルダーでブリッジがフロイドのフローティング設定や2点支持でブリッジがボディーに密着していなければ
相性は良いかも…しれない。。。


af6.jpg


SuhrのアルドリッチやSSH+等、これからのハムバッキングのトレンドは高域が出つつ
ダンカンで言えばカスタム~JBぐらいにパワーの有る物なのかもしれない。

ベアナックルは面白いピックアップ多いけど難点は入手の難しさだねぇ…







タグ :

臨時休業のお知らせ

 2016-02-08
都合により下記日程で臨時休業を頂きます。
ご了承下さい。

11日(木)祝日定休日
12日(金)臨時休業
13日(土)臨時休業
14日(日)日曜定休日
タグ :

新年あけましておめでとうございます!

 2016-01-01

2016FB.jpg
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫