番外編 名湯と庶民派マグロ旅。那智勝浦編

 2015-06-22
久々の番外編です!

まずは皆様にお詫びです。
先日20日(土)にお電話頂きましたお客様、申し訳ありませんでした。
告知無しにお休みさせて頂きました。
今日仕事に出て電話の不在着信が25件だったのを見て深く反省しております。
真に申し訳ありませんでした。

言い訳としましては現在リペアがさほど混雑していない事に加え個人的に最近「温泉禁断症状」を発症しておりました故に
急遽臨時休業とさせて頂きました。m(_ _)m



で、その6月20日(土)。
向かうは紀伊半島山中、大台ケ原。

今回のブログは以前アップした「南紀勝浦マグロ&温泉巡り」編とネタ的に重複する事を予めご了承下さい。


第一目的地は間違いなく関西圏泉質ベスト3に入るであろう入之波温泉(しおのは)山鳩湯。


1_20150622183653629.jpg


日帰り入浴開始時間の午前10時に到着したので一番風呂をゲット!

2_201506221836550ff.jpg



上の内湯浴槽全体画像からも分かるが湯の注ぎ口周辺以外は表面に薄く膜がはっている。

3_201506221836568b6.jpg


膜の正体はカルシウム成分なのだ!

4_20150622183658fc8.jpg


そっと足を入れるとこの通り。

5_2015062218365912b.jpg



析出物の量もハンパないのだ!!
当然浴槽内壁面もこの有様なのでうっかり浴槽壁面に強く背中を当てるとエラい目に会う…

6_20150622183718897.jpg



新緑溢れる露天風呂。
この露天風呂にはただでさえ湯温の低めの内湯からのオーバーフローした湯が注がれているので
体感温度は36~38℃ぐらいだろうか。
新緑の景色と木々の香りを愉しみながら長湯するのはサイコーである!

7_2015062218372049d.jpg


※ちなみにこの入之波温泉、山奥であるが為に道中はかなりウネウネ道。
強烈に成分の濃い温泉なのでドライバーの方は長湯は避けた方が良いかもしれない…
前回訪問時は勝浦で散々入浴した後の帰り道だったので強烈な睡魔に襲われて大変だった…



入浴後は国道(一部酷道)169号線を抜けて熊野灘へと出る。
海岸線の42号線を走って辿り着いたのは那智勝浦。

勝浦と言えば…マグロだ!!

前回と同じセルフ販売所(無人販売所)を訪ねる。


が、


到着した時間が遅かった(それでも昼過ぎだぜ?)のか既に完売閉店(涙)


8_20150622183721637.jpg



が、



諦めきれずにウロウロしてたら前回は知らなかったお店を発見!!

9_20150622183723c99.jpg



無事昼食確保!!
白飯は近所のスーパーにてゲット&電子レンジでチン済み。
そして今回は拘りの醤油とワサビを持参したのだ!

10_20150622183724ee8.jpg


早速海を眺めながらマグロ丼♬

11_2015062218374014b.jpg


でも半分ぐらい食うとちょっと飽きてくる…(贅沢!!)

12_20150622183742831.jpg


ここで今回の新兵器にご登場願う。

バーナーを持ってきたのだよ( ̄∀ ̄*)

13_20150622183744563.jpg



そう。

バーナーで炙る!!

14_2015062218374506a.jpg


生マグロの上に炙りマグロの2階建て丼!
当たり前だがウマイ(笑) 次回は何かしらの薬味を持ってこようと思ふ。

15_20150622183746702.jpg


まぁ普段あまり旅行されない方やお金持ちの皆様は町内に溢れんばかりのマグロ押しのお店で
お食事して下さい。マグロ以外にもイルカ(!)やクジラ料理も色々あるみたいですし。
我が家は激庶民なので海を眺めながら1パック200円のマグロの多数買いで十分幸せで御座います。
たぶんこのマグロは本マグロではなくビンチョウかキハダやと思います。
本マグロなら200円だとちょびっとしか買えないでしょう。
でもね、冷凍ではない新鮮な生マグロはツヤがあってモチモチしててサイコーっすよ!


さて、昼食後は宿へ。

このフザけた船で向かうのはホテル浦島だ。
総客室805室、収容可能人数3300名のマンモスホテルです。

16_2015062218380757b.jpg


ここ那智勝浦にはホテル浦島の他にも系列の万清楼をはじめ中の島、勝浦御苑、湯快リゾートの
越ノ湯などメジャーな温泉宿がひしめいている。
ご予算に応じて宿のチョイスが可能だ。


が、



ウチは何たって泉質重視なのだ!


浦島には貸切風呂を除けば6カ所の温泉がある。

以前既に全湯制覇を成し遂げているので今回はお気に入りの温泉のみを堪能しまくる!

17_2015062218380886e.jpg


まずは帰る事を忘れるほどの洞窟名湯、忘帰洞。

18_201506221838095af.jpg


中はこんな感じ。(オフィシャルHPより画像パクりました)
ちなみに柱の上部にはハトが居る(笑)
天然洞窟とは言え浴室内にハトが居る温泉は珍しいかと…
湯船に浸かって目を閉じているとたまに「プルップゥ~」って鳴き声がする。。。

19_20150622183811fa2.jpg



もう一つの洞窟温泉、玄武洞。

20_20150622183813160.jpg


2日目チェックアウト間際に行くと清掃時間が近い事もあり貸切り状態だった!
洞窟感がお分かり頂けるかと。

21_201506221838267a7.jpg


この玄武洞の一番奥はほぼ波打ち際。って事よりも館内の白濁した他の温泉に比べて透明系。
薄く緑がかったお湯は間違いなく成分が一番濃い!
玄武だけではないですが浦島の温泉は昔遊んだ火薬鉄砲や花火の様な独特の匂いが体にまとわりつきます♪

22.jpg



夕食はと言うと…

スタンダードな宿泊プランでは2食共バイキング形式なのですがあまり評判がよろしくないようで…

館内には屋台村(っても営業してるのはラーメン屋だけ)や飲食店があるので素泊まりでも全く困りません。
今回は昼にマグロは堪能してるの夕食はでラーメン屋で十分です。
もちろんお金さえだせばマグロづくし的な夕食プランもあるはずです…

23.jpg


翌朝も入浴しまくって帰る前にはあのお店へ!




25.jpg



そして帰宅したら夕食はまたもやマグロ積み丼&炙りマグロ(笑)
シラスと梅干載せてちょっとだけアレンジ♬

26.jpg



さて、温泉も充電完了したので憂鬱な梅雨時期を乗り切ります!!

スポンサーサイト
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫