Valley Arts CUSTOM PRO 高温多湿地域防サビ対策仕様に組み上げる編

 2017-08-26
残暑お見舞い申し上げます。

久々の更新になります。

今回はバレーアーツのカスタムプロを作業させて頂きました。
画像撮影時に撮影サイズの設定をミスったので所々お見苦しい画像が御座いますがご容赦下さい。

va1.jpg



まずはお預かり時状態。
お客様によれば長い期間使っていなかったので色んな所が劣化しているとの事。

va2.jpg 



確かにビス類をはじめ金属パーツのサビ、劣化は激しい。
フレットも激減りである。

va4.jpg



フロイドローズもかなりキテる…

va3.jpg



ラッカー塗装は汚れ&カビ?の付着と塗装自体の変質で少しベタつきが発生。

va5.jpg



今回のお客様は普段東南アジア某国にて生活されているとの事。
一時帰国に合わせて6月にお預かり、盆明けながら猛暑真っ只中な8月後半にお引き渡し。
東南アジアなので日本より高温多湿で日本の夏なんて足元にも及ばないと思っていましたが
聞けば湿度は日本の夏の方が高いらしい。
ただしエアコンの設置文化の違いか屋内でエアコンを使用していても結露が激しいとの事。
故に上のフロイド画像を見てもらえれば分かるが今後はサビに対する対策も必要である。
打ち合わせの結果、メッキ表面の耐久性、防サビ対策として金属パーツ類は
ゴールド⇒クロームへ変更して載せ換える事に決定。

まずはフレット打ち直し。
ネックには問題となる様なクセや波打ちはあまり見られない。
素姓の良いワーモス製ネックだ。

va6.jpg



ボディーの塗装面は手でチマチマ磨いてどうにかなるレベルでは無かったのでバフ掛け。

va7.jpg



蘇った光沢!!
質の良いブックマッチのメイプルだ。

va8.jpg



ザグリ内に塗られた導電塗料はラッカー塗装に対してウレタン用だったので所々
クラッキングが見られた。
ある程度シンナーで剥がしてからラッカー塗装用を塗り直す。
それでも下地塗装にまで変質が起きているので今後もクラッキングは起きるかもしれない。
しかしクラッキングが起きたままで導通が遮断されているまま組むよりは塗り直した方が
良いと判断。


va9.jpg



すり合わせも行ってネック周り完成。

va10.jpg



しっかり作られている頃のワーモス製ネックだが使われているメイプルが素晴らしい!
派手な木目に目が行きがちだがペグ、ナット類の金属パーツが付いていない状態にも関わらず
ずっしりとした重量感!
これこそ近年よく見る木目だけが派手でスカスカな柔らかいメイプルではなく材質その物が硬く、
本来ネックに適したハードなメイプルである。

va11.jpg




さて、ネック周りが仕上がりボディーも下ごしらえが出来たので組み込みに入る。

ブリッジはシャーラー製を使う。
近年のシャーラーにしろフロイドにしろ(まぁ製造元は同じだが)テンションバーと
スプリングハンガーの付属ビスがユニクロメッキ(クロメート)なのが気に入らない。
耐食性に問題は無いにしろ青っぽい色合いが安っぽいと思う。
なのでこれらの付属ビスは使わない(笑)

va12.jpg



実はネック周りやボディーの作業時にずっとこのフロイドを見易い場所に置いていた。
お客様とは単にクロームパーツへの交換で話はしていたがせっかく新品パーツを
載せるのにまたすぐにサビるのは如何なものかと…
メッキ表面は汗の質により黒ずむだけで済む場合もあれば今回の様に完全に下地金属まで
浸透して茶サビが出る場合もある。言うまでも無くこの茶サビが一番ヤバい。
湿度は日本の夏よりマシだとしても屋内エアコンの結露、汗の質…
今回は「高温多湿地域防サビ対策仕様」で組み上げる事にする!

va13.jpg




まずストリングインサートブロックはKTS社のTi、チタンブロックへ交換。

va14.jpg



ストリングロッキングスクリューはステンレス製へ。

va15.jpg



小さいながらペグのギアボックス固定ビスもGOTOH純正ではなくステンレス製。

va16.jpg



ロックナットのキャップスクリューもステンレス製へ変更。

va17.jpg



ネックジョイントスクリューも同じく。

va18.jpg



個別に画像を撮っていないがピックガード固定ビス、リアPU固定ビス、レバースイッチビス、
バックパネル固定ビス、ストラップピン固定ビスetc…
メーカー在庫切れしていたシングルコイル用inchビス以外のありとあらゆるビスはステンレスへ変更した。
これが今後自分が頻繁にメンテナンス出来ないであろうギターへ送る耐久性である。
追加したパーツ類で今回も赤字ギリギリになってしまいましたとさ(笑)

va19.jpg



ここで皆さんへ注意喚起です。

ヤフオク、e-bayで見掛ける事の多い激安(日本円で1~2万円程度、又はそれ以下)で売られている
「ワーモス製ネックです!」なる物は全てニセモノです。
ワーモスっぽい焼印、スタンプは入っているものの現物は大陸製の全く使い物にならない
安モノです。
ポチる前に良く考えてみましょう。
ワーモス製のしっかりしたネックがそんな値段で販売されると思いますか?
絶対に購入しないで下さい!

P8170417.jpg


スポンサーサイト
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫