アコギのローフレットのみ交換!

 2010-09-18
アコースティックギターは通常ローコードのプレイが中心である為にどうしても弦の真下のフレットがエグレる形で減ってしまいます。

フレットの減りにより演奏性の低下や酷くなればビビリ、音詰まりの原因となります。

軽い減りであればフレットのすり合わせで対処出来ますがプレイヤーのお客様が多い当店では持ち込まれる修理の大半がフレット交換が必要なレベルである事が多いです。

と、言うことで通常ですとローフレットの減りだけが問題であるにも関わらず全フレット交換になりますがそうなりますと工賃は50000円~で納期は約2ヶ月とかなり大掛かりなりペアになってしまいます。



ついにご要望の多かった


ローフレットのみのフレット交換 しかも格安の15000円~!
                                

をメニュー化!

  


格安な分お客様にも多少の妥協が必要となりますので下記作業内容をご確認ください。



<具体的な作業内容は?>

1フレット~3フレットのみを交換、全フレットすり合わせ作業にてフレット高を調整します。

通常フレット交換の際に必ず行う指板修正、新規ナット製作は行いません。



ナットの交換が必要(ナットの溝の磨耗が酷い場合)はナット交換工賃6000円~が別途必要となります。

3フレット以降も交換が必要な場合は1本につき2000円の追加となります。

また最終セットアップ時には新品の弦が必要となりますので予めご用意下さい。



注意事項

・アフターマーケットのフレットの中でもなるべく純正、4フレット以降のフレットと似た太さ、形状のフレットを使用しますが全く同じ仕上がりにはなりませんのでご了承下さい。

・ローフレットだけでなく全体的にフレットの減りが見られるギター、ネック=指板に問題となる反りやうねりがあるギターは全フレット交換をお勧めするか当メニューでの受付をお断りする場合が御座います。

・基本的にプレイヤー向けのメニューですのでルックスや完成度に拘る方はご遠慮下さい。



本メニューはアコースティックギター専用メニューです。
  エレキギターは全フレット交換のみの受付となります。



アコギのローフレットのみ交換

15000円(3本)~ 基本納期 7日~



スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://tonegarage.blog52.fc2.com/tb.php/11-71315751

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫