個人的にこの世で最も美しいと思うフライングV。FERNANDES BSV-155J! と、ちょっとフロイドローズのお話を。

 2012-09-08
まだまだ暑い毎日ですがアツイギターもメンテナンスしております。

今回ご紹介は

FERNANDES BSV-155J です!

80Jやないよ! 155Jですよ!!


激レアモデルです!
お好き♪な方は以下の画像は心してご覧下さい!
クリックすると大きな画像になります。

bsv1.jpg

bsv2.jpg

bsv3.jpg

bsv4.jpg


今回のリペア内容ですが、


実は


この


激レアなBSV-155Jを、


2本持ち込まれました!!

bsv6.jpg


片方はパーツ類の劣化が酷く、もう片方はネック(特にヘッドトップ)の日焼けによる黄ばみが目立つ。


したがって2本のイィ所取りで完璧なBSV-155Jを組み上げます!!


特定ミュージシャンモデル特例法が適用されますので採算度外視で細かいところまで手を入れました。


まずはボディー部。
オールクリーニングから始まりゴールドパーツに油分を与え、サビの浮いたビスはワイヤーブラシで
徹底的にメンテしました。

フライングVをデタッチャブル化するのも斬新ですが1弦側ハイフレット部のボディーを削り込むのも
イケてます!

bsv7.jpg 


搭載されるEMGは81ですが「キャラメルバック」と呼ばれる初期型です。

bsv8.jpg 


ポットデイトは84年です。
つーかEMG純正ポットがCTS製24φなのには驚きました。
キャラメルバックでも現行と同じ16φが付いている事がありましたのでコレは本当に初期型なのでしょう。
ポット穴の内側にもオリジナルの塗装が残っていますので最初からCTS24φ=最初からEMG搭載です。

bsv15.jpg



ジョイントプレートも年式を考えればゴールドのメッキもよく残っています。
マニアックなフェルフリークが憧れる「Lシリアル」です。

bsv9_20120908185258.jpg


フライングVのココにストラップピンを付けるのはナイスアイデアだと思いますがギブソン信者の方には
受け入れられないんだろうなぁ… 少し上にズラすだけで安定感は良くなるのにねぇ~

bsv10.jpg


フロイドローズはさすがにサビが多いものの深刻なダメージはありません。

bsv11.jpg


が、サドルの弦ロック部はこれ以上サビが進行すると機能的に問題が出るので

徹底分解&メンテナンス!

bsv12.jpg


ここでフロイドローズネタでちょっと寄り道。

前にもフロイドネタは書きましたがこのBSVが販売されていた80年代中期のフロイドローズ国内ディーラーはフェルナンデスでした。
フロイドローズを販売しつつフェルナンデスは自社トレモロユニットを開発し、フロイドローズに独自のアレンジ
を加えた「FRTシリーズ」を完成させます。
FRTの販売、自社モデルへの搭載が始まる頃、フェルナンデスはフロイドローズの販売権利を手放します。
その後から今日まで長きに渡りESPが取り扱っているのは皆様よくご存知ですよね。

話は戻りますが当時フェルナンデスはフロイドローズの販売権利だけではなくライセンスごと手中に収めて
いたので製造も手掛けていました。
その証拠に今回のBSVに載まれているフロイドのベースプレート刻印部の裏面には…
↓要拡大 クリックしてね~ 
bsv13.jpg

画像では分かり難いですがFloydRose」の刻印とフェル社製品の「HEAD CRASHER」の刻印が
ダブって打刻されかかっています。
これぞ同じ場所で生産されていた証拠ですね。

ちなみにこのフロイドローズのサスティーンブロックもフロイドオリジナルでよく見られる小さめのブロック
ではなく弦裏通し機構にも対応した後にフェルのブリッジでよく見られる汎用ブロックが使われています。

bsv14.jpg



で、本筋へ戻ります。

80年代中期と言えば世はHR/HMブームが右肩上がりでギターメーカーはこぞってソロイストや尖ったギターの販売に精を出すわけですが当時は人気商品ともなれば需要に供給が追いつかない事もしばしば。
また現在の様にボディー材がどうとか指板の材質がどうとか素材云々にはあまり世間が興味を持っていない時代でもありました。

このBSV-155Jもカタログでは

bsv5.jpg

スケールが24.75インチ=628ミリ=ミディアムスケールですが
実際は

bsv16.jpg

12フレットで304ミリ=スケールは608ミリ=ショートスケール(笑)
まぁショートスケールだからこそボディーのデフォルメとネックの長さにバランスがとれてこの美しい
ルックスが生まれているワケですが。
当然ワイドストレッチな運指もラクラクです♪


カタログではボディーはマホガニーと表記されていますが実際は…微妙にアルダー(笑)
画像では暗めに写ってマホに見えるかもしれませんがアルダーっぽい材質です。
上のEMG裏面画像をもう一度見てもらえれば分かってもらえるかと。
まだシナ=バスウッドは多く使われていない頃なのでおそらくアルダーでしょう。

bsv17.jpg


スケールみたいな大前提を平気で間違っちゃってるので今更ボディー材が違ってても驚きません(笑)


ブリッジもカタログ写真&スペックではフェルの当時フラッグシップブリッジだったHEAD CRASHER FRT-6G
ですが今までそのブリッジが付いたBSVはお目に掛かっておりません。
このBSV-155Jは確か82~83年頃より存在していたはずですがカタログに載ったのは84年から。
なので最新ブリッジを売り出すためにもフロイドローズから変更したのかもしれないですね…カタログ上は(笑)




ワシが何でこのBSV-155Jでアツク語るかって?


当時80J持ってたからだよ!


155Jは憧れだったからだよ!!


ご依頼頂いたNGT様、これからもコンディションを維持して大切に使ってあげてください。
















スポンサーサイト
タグ :
コメント
はじめまして!

BSV好きの者です。

ヘッドクラッシャーFR搭載のBSV155-Jは後期モデルになるみたいですね!?

ちょっと前のヤフオクに出品されていました。(ピカピカでした)

私のブログ(上記URL)で所有のBSV紹介してますので宜しければ御覧下さい。

日本国内に何本生き残っているのかミステリアスなギターですね!?
【2012/09/17 15:28】 | 44BSV39 #- | [edit]
コメント有難う御座います!

BSVは80Jはよく見掛けるんですけどねぇ…
ヘッドクラッシャー付きの155Jはフロイド付きに比べると数少ない希少モデルの様ですね。
あのブリッジのロック機構は一部破損しやすいパーツがあり、しかも交換パーツが無い!
同ブリッジの付いたFRやヴァンデンバーグモデルのブリッジをよく交換作業したものですわ!
【2012/09/18 11:34】 | トンガリガレージ #- | [edit]
初めまして。大変参考にさせていただいております。
先日「アルダーボディ/Head Crasher/EMG」のBSVをゲットしたのですが、マホガニーボディではないので「EMGを後から換装したBSV-80J」だと思っていたところ、この記事を拝読して「アルダーボディのBSV-155J」ということも有り得ると知りました。しかし、ある詳しい方から「BSV-155JならEMGと共にSPCも付いてるハズ」という指摘を受けたのですが、この記事のBSVは2本ともSPCは付いていませんでしょうか?(ノーマルのポットの方は付いていないと思うのですが。)また、新品のEMGとポットを後からBSV-80Jに付けたモノとBSV-155Jとの見分け方は何かありますでしょうか?御教授いただければ大変有難いです。

以上、よろしくお願いします。
【2015/01/22 10:49】 | 紫煙 #- | [edit]
お邪魔いたします。

紫煙#-さんへ

こんにちは!

私は80Jを2本と155J1本所有してます。


見分け方は難しいですが
半田の具合で見極めは出来ると思いますよ。

今、オクに出品されてますか?






【2015/01/30 17:30】 | 44BSV41 #- | [edit]
44BSV41様
レスをありがとうございます。リンクから貴殿のHPも拝見し、質問もさせていただこうかと思っていたところでした。

>今、オクに出品されてますか?

少し前から(現在出品中のモノも含めて)物色中なので、質問させていただいた次第です(笑) 。先週、ハードケース付で無改造の素性のしっかりした155Jが出ていましたが、ジョイント部の塗装割れがあったので食指は動きませんでした(他の傷は気にしない方なのですが、ここだけは(6弦側だと弾いてる時に見えるので特に)気になるんです(笑) )。

>見分け方は難しいですが
半田の具合で見極めは出来ると思いますよ。

80Jに「(全て同時期の新品の)EMG81・ポット(SPC)・ジャック・電池スナップ・トグルSW」を半田が上手い人が後付けしたとなれば、「当方には判別は不可能かも?」と思って、詳しい方にお聞きしている次第です。

またお世話になるかもしれませんが、その節はよろしくお願いします。
【2015/01/31 11:21】 | 紫煙 #eqP7eH0Y | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://tonegarage.blog52.fc2.com/tb.php/151-484b116e

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫