AIR CRAFT のソロイストをメンテナンス!このギターなら3倍速く弾けるかも?編

 2012-11-07
エアークラフトと言えば松原正樹氏などフュージョン系ギタリスト御用達のイメージが強いですが
今回のブツは一味違いました。

フルメンテナンスでお預かりしたリフィニッシュ品ですが木目がカッチョエェです!
カラーもキャスバル兄さん専用風でイケてますな!

ac1.jpg

ネック材には見事なバーズアイメイプルが使用されています。
頭の先からお尻まで玉目づくし!

ac2.jpg


オーナー様をはじめ皆様にはあまりお見せ出来ませんがワシはよくネックに手で圧力を掛けて曲げてみます。
ネック材の硬さを確かめる為にです。
個人的な感覚で「このネックは硬いな…」とか「柔らかいネックだな…」とか判断するワケです。
今回のネックも見事なバーズアイだったのでグイグイ曲げてみました(笑)

この手の木目のメイプルはあからさまに硬いメイプルの場合が多く、サウンドも輪郭がハッキリします。
メジャーなところではミュージックマンUSAのEVHアクシス系ですね。
あのバーズアイは硬めですがボディーがバスウッドで柔らかめの素材なので上手く帳尻をとっています。

で、今回のエアークラフトはと言うと、

ちょうどイィ感じ!

硬すぎでもなく柔らかくもない…まぁバーズアイなので柔らかい事はないんですけどね(笑)
近年の木材が枯渇しかけている状況下では希少な類のバーズアイかな?って思いました。
それでいて組み合わされる指板はエボニーだしボディーもソフトメイプルとは言え見事な木目。

そりゃ~フュージョン系ギタリスト向けのサウンド構成になりますわな!

でもですね、

ピックアップがキテました♪

ac4.jpg

フロント&リアはダンカンのディストーション、
センターはディマジオのシングルサイズのスーパーディストーション!

どんだけディストーションやねん!!

って思いましたが…

メッチャ弾きやすい(爆)

メンテ後の弦高を1弦12Fで1.2ミリ、6弦12Fで1.6ミリに設定したらスイープから何からラクに
プレイ出来ました。
軽いハンマリングだけで簡単にクリアーな音が出る感じ?とでも言いましょうか。
すいませんね。弦高超低めが好みなもんで…

そして全体の重量バランスも良かったです。

「ロックナット付いてるねんからペグはロトマチックである必要ないでしょ?」ってな感じで付いてる
クルーソンタイプペグ。

ac3.jpg

自然とヘッドが上向き=ネックが上がるのでハイフレットでの演奏性が高いです♪

いやぁ~久し振りに「弾きやすい!」って思った1本でした。


あ、

ポジションマークもオシャレでしたよ!

ac5.jpg


スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://tonegarage.blog52.fc2.com/tb.php/167-4183ca2c

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫