ネック側面ウッドバインディング補修編 Ibanez J-CUSTOM

 2012-11-21
サスティナーの取り付けでお預かりしたIbanez J-CUSTOMですが

指板サイドのウッドバインディングにダメージが…

jc1.jpg

倒れた?際の打コンなのか一部欠損、よく見ればローズ指板まで木の繊維が押し潰されています。
フレットにも弦が当たったキズが入っています。

これでは見た目もプレイアビリティーもよろしくない。
ですので補修作業も承りました。

フレットに入ったキズはフレットすり合わせで消せるレベルでしたが問題はこのウッドバインディング
のダメージ…

まずは押し潰されてダメージの酷い箇所を除去して傷口を整形します。

jc2.jpg

欠損しているウッドバインディングには同じ材質のカーリーメイプルを用意。
当店のフルウッドコンセプトでピックガード製作に使用した端材です。
多少木目の大きさが合いませんがこれだけは仕方ない。

jc3.jpg

ちまちま削りながらサイズと形状を合わせていく地味な作業。

jc4.jpg

ここで集中のあまり画像を撮り忘れる(笑)

いきなり接着後、つーか完成時にワープします…

jc5.jpg

接着後に質感を合わせるべくウェザリング(汚し)を施して仕上げます。
ウェザリングの際に指板と垂直方向、カーリーメイプルの木目方向に沿ってヒミツの汚しを入れると見方によっては木目に見えないこともない…

jc7.jpg

少し離れて見ればパッと見は分かりません…よね?

フレットの足に掛かる部分でなければもう少しラクだったのになぁ(苦笑)

スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://tonegarage.blog52.fc2.com/tb.php/175-db3f8c47

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫