GRETSCH 6120 ペグ交換編 質感合わせるべくレリック加工しました。

 2012-12-01
先日配線変更した66年の6120ですが今回はペグ交換です。


61-1.jpg


作業前のペグはGOTOHのSD90マグナムロックのゴールド。

61-2.jpg

機能的には優れているのは皆さんご承知でしょうがクルーソンタイプなので裏面=ギアボックスは

61-3.jpg

当然カバード。
オリジナルのオープンバックから交換された際に他店にてレリック処理されています。
ただメッキを削ってツヤを無理矢理消しただけの様に見える…

今回新たに取り付けるペグはGOTOHのSE510ゴールド!
ペグポストがギアの付いたベースプレートとブレの無い「ロックソリッドポスト」機構が搭載されているらしく、
確かにポストにブレはありません。
しかもペグ本体の素材は「サウンドメタル」(笑)でシンバルと同じ様な素材らしいですわ。
ペグの素材が音に大きく影響するとは思えないが…
まぁ重量バランスや弦テンションから起因するプレイアビリティーは変わるでしょうけど。
しかしGOTOHってネーミングにセンス無いよね…

61-4.jpg
61-5.jpg

せっかくのオープンバックですが「510」の刻印が残念…
しょうがないですけどね…

で、レリック作業を施しました。
メッキを剥がすだけではなく表面処理にも工夫を加えて色・ツヤを消します。
でも元がゴールドである事が分かる様に気を遣いました。
Before⇒Afterがコレ↓

61-6.jpg

6個作業して取り付けたらこんな感じ。

61-7.jpg
61-8.jpg

画像では分かり難いですがポスト根元のマイナススクリューの一部やペグ取り付けプラスビスの中心、
ペグポスト数本のトップ面は少しだけ黒化処理しています。
全部が同じ風合いに劣化してるヴィンテージペグなんて無いですよね?
だから固体別に仕上げに差を作ってみました。

この手の作業はヤッてるうちに必要以上にのめり込んでしまう(笑)
どんだけヒマになってもガンプラは作らんとこ…と、改めて思ったリペア作業でした!



スポンサーサイト
タグ :
コメント
ご尽力感謝!!!ヘッド裏からながめて、にんまりしています。
【2012/12/02 01:12】 | crestwood #- | [edit]
仕上がりに納得して頂けた様で一安心です!
【2012/12/02 08:36】 | トンガリガレージ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://tonegarage.blog52.fc2.com/tb.php/179-edaa83fb

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫