FREEDOM製(と思われる)バンブルビーをフルメンテナンス!編

 2012-12-03
今回はフリーダム製と思われる(確証となる表記が無いので)バンブルビーをフルメンテナンスです!

待望の来日公演が延期となり失望されている方も多いでしょうが最近エディーブーム?なのか
EVH系のメンテナンスの問い合わせも増えてたりします。(ブログに書く機会多いからかな?)


まずはメンテ前

ban1.jpg

画像では分かり難いですがヒートンのストラップピン等のお約束ポイントはおさえてある完成度の高い1本です。

まずはフルメンテナンスでは必ず行うフレットの研磨。
クモリを取る事はもちろんですがフレットの表面を慣らす事でビブラート、チョーキングがスムーズになります。
今回はメイプル指板なので指板は全てマスキングしての作業です。
ローズ・エボニー指板の場合は指板ごと研磨して手アカや汚れも除去します。

ban2.jpg


ボディー側ネックジョイント部。
密度の高い導管のマホガニー。おそらくホンジュラスマホですな。最近目にする機会の少ない良質な材質です。

ban3.jpg


ここで少し脱線(笑)
このバンブルビーですがフロイドローズブリッジのサスティーンブロックにもコダワリが。
ブラス製の肉厚ブロックが付いています!
スプリングを掛ける面が傾斜していないのでフリーダムさんのオリジナルパーツではなく、ある意味メジャーな
東京の某(暴?)ショップさんのパーツかと推測。失われたのは少年の心ではなく信用だったりして…

ban4.jpg


それはさて置き、ボディー側の一工夫が目を惹きました。
フロイド裏面、ダンパープレートが当たる箇所にザグリが施されています。

ban5.jpg

これが何か?と思われるでしょうがMUSIC MAN EVHなどフラットトップにほぼベタ付けでフロイド系ブリッジを
セットする様に設計されているギターではフレットに減りが無いうちは適正な弦高でセットアップ出来ますが
フレットが減ってくると弦高が高くなります。
12フレット上で0.5ミリ弦高が変わるだけでプレイアビリティーが大きく変わる事はこの手のギターを
弾かれるソロイストな貴方にはよくお分かりでしょう。
ところが前出のMUSIC MAN EVH等は新品時よりフロイドベタ付けでベストセッティング…
フレットが磨耗した時に弦高を下げるべくフロイドを下げようとしてもダンパープレートが当たって下げれない。
それでもスタッドを締め込めばフロイドが前傾するだけ…
要はフロイドのベースプレートが完全にボディートップに密着するセッティングには出来ないって事です。
そりゃエディー本人はフレットが減ればネックごと変えりゃ済むんでしょうけどね。
そう言えば今年はEVH系のフレットをかなり交換しましたなぁ~

このバンブルビーに施されたザグリはフロイドをボディートップへ完全にベタ付けする事を可能にする加工ですね。
まだフレットもさほど磨耗しておらず、ネック調整のうえで適正弦高にセットアップしたらボディートップから
フロイドのベースプレートまで0.5ミリほどクリアランスが空きました。
これならフレットが減ってすり合わせを作業してもベストな弦高へ調整出来る余白があります。
MUSIC MAN EVHより「賞味期限が長い」と言えるギターです。
ちなみにこの手のギターで普段セッティングする弦高は1弦12フレットで1.3~1.5ミリ、
6弦12フレットで1.8~2.0ミリです。


メンテナンスへ戻ります。

ストラップピンはヒートン型ですがボディーがマホガニーなので「保険」を掛けるべくビス穴を埋め木して
空け直します。
しっかりとしたホンジュラスマホガニーですがやはり木としては柔らか目なので埋め木も一回り太目の物を
入れ、新たに空ける穴径もいつもより0.2ミリほどタイトにしました。

ban9.jpg


次に電気系。
ジャックは問題無かったのでクリーニングとナットの締め付け程度。
ポットはスムーズポットへ交換します。

ban7.jpg

これでバイオリン奏法もスムーズに「ぱふぇぱふぇ♪」出来るはず!

ban8.jpg


後は組み上げて弦高やオクターブピッチ等の最終調整やって完成!

78-5.jpg


ですが、



お気付きでしょうか?



何かが変わっている事に。




次回へと続きます!

スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://tonegarage.blog52.fc2.com/tb.php/180-9631d40a

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫