SCHECTER ST あのミュージシャンモデルの様に…超久々にNO MORE TEARSを聴いてみる。あ、オジーじゃないよ編

 2013-06-02
今回はシェクターのストラトへサスティナーをインストール!


sch1.jpg


まんま本○毅モデル風!


コントロールレイアウトはここ最近ストラトへの取り付けの際にはお約束となりつつあるパターンです。

sch2.jpg


ちなみにピックガード裏面はこんな感じ。
基板部のコネクターは厚みが増すので使いません。基板へ各配線を直接ハンダ付けしています。
画像には映ってませんがスイッチポットでのコイルタップ機能も生かしております。

sch3.jpg


ボディーのザグリはこんな感じ。

DSCN8159.jpg


ピックアップはモンスタートーンではありませんがモンスタートーンより直流抵抗値が高く、
しかもモンスタートーンよりも音色は普通のシングルコイルに近い。
正直サスティナーにはこちらの方が相性が良いかと思います。

sch4.jpg


今回はお客様のご都合によりフェルナンデスのサスティナー付きギターよりサスティナーユニットを
移植しての取り付けでしたが普段以上に気合入れて作業しました。
何故なら…そのサスティナーユニットは過去に自分が触った(リペアした)痕跡の残る物だったので。
「こんな事も有るんだねぇ~~」なんて思いながら作業してると記憶は更に昔へさかのぼる。
めっちゃ久々にアルバム、NO MORE TEARS聴きましたわ。
1989年の作品でしたか。
高校出て浪人ってな身分で自由を満喫してた頃だな(笑)










スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://tonegarage.blog52.fc2.com/tb.php/227-f12d1079

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫