TEJ-DELUXE SUS 再発TEJモデルを18Vサスティナー化!今は亡き18Vサスティニアック追悼編

 2014-07-09
久々サスティナー関連での更新です!

今回の題材は最近FERNANDESよりマイナーチェンジを経て再発売されたTEJ-DELUXE SUSです。
メーカーHPはこちら

ほぼ新品をサスティナー18V化&リアピックアップ交換でのご依頼です。

TEJは某オークション等で入手されたサスティニアック搭載機の修理依頼が多いのですがサスティニアックは既に
交換パーツも無く、ギター本体もフレットの打ち換えが必要だったりコンディションの悪い物が多い…
今後も長く弾いていくつもりならモデファイの有無を問わず多少高額ですがこのTEJ DELUXEシリーズをお勧めします。

tej1.jpg 


それでは分解がてら旧TEJと何が変わったのか見ていきましょう。

以前のモデルとは異なり、2軸2連ポットが採用されており、上がマスターヴォリューム、下がサスティナーのゲインを
コントロールするサスティーンヴォリュームです。
シンプルに1ヴォリューム仕様の方が使い易いかとは思うのですが…

tej2.jpg 



ブリッジはGOTOH製。
以前のスタッド倒れの多発する細径アンカーの2点支持ブリッジではなくなったのは大きな進歩か?(笑)

tej3.jpg 



ナットはローラーナットではなくなり積層カーボン素材になってますね。
以前のローラーナット…ローラーが回らないけどローラーナットと呼ばれてた(笑)物は弦溝部がデルリン素材で
音質も柔らかかった。
今回のカーボン素材の方が音の輪郭はハッキリしててGOODです!
ネック自体もKTSのチタン製トラスロッドが使用されているみたいですが特に問題となる反りやクセもなく良好。

tej4.jpg 



ヘッド裏面のは日本製の主張が。
近年純国産のギターは減ってきましたからね。
何しろ旧TEJと区別がつくのでこの表記は助かります。

tej5.jpg 


ネックジョイントビスのビス穴周りの塗膜がちゃんと面取りされてる!!
こんな事まで気を使われているフェルのギターは見た事ないかも(苦笑)

tej6.jpg 



コントロール内には導電塗料が塗られています。
配線処理も特に問題ナシ。
従来フェル社のギターはある程度高額機種にならないと導電塗料は塗られてませんでした。
まぁ今回のTEJはそこそこのお値段ですしね。

tej7.jpg 



ジャックがスイッチクラフト製!!
コレもある意味驚いた(笑)
今回は再発モデルながらかなり気合入ってるやん??
まぁ最近の国産ジャックと呼ばれてる物は端子が柔らかくてスグに接触不良出ちゃうしね。

tej8.jpg 



バッテリーボックス増設の木工加工の為にボディー全バラシ。
ネックジョイントビスだけではなく他のビス穴周辺塗膜も面取りされています。
マジメに作ってるねぇ~~

tej9.jpg 



さて、ここからが18V化の作業本番です。
まず基板ハンダ面、サスティナー機能調整用の半固定抵抗トリムを重要箇所は全て交換。
純正の白い怪しい半固定抵抗はテスターを当てながらトリムを回すと急激に抵抗値が上がったり
全開でも規定の抵抗値にならなかったりするので全く信用してません。
なのでほぼ使わない1つを除いて全交換!
サスティナーの肝であるプリアンプとパワーアンプのオペアンプ=ICも信用出来る物へ交換します。

tej10.jpg 



18V化するので純正だとコンデンサーの耐圧(耐電圧)が足りないので駆動系回路上のコンデンサーは
全て耐圧の高い物へ交換!
ハンダ吸い取りマシーンは欠かせませんな~~

tej11.jpg 



木工作業画像はありませんが(撮り忘れた)バッテリーボックス増設完了。
フェル社のZO-3用を2個並べると元のバッテリーボックス跡が見えません。
最近18V化の時は大体このパターンかな。

tej12.jpg 



基板やその他諸々を組み込み完了。
LED下に設置しているのは秘密の増設回路です(笑)

tej13.jpg 



完成!
ちなみにリアピックアップはTEJのモデファイではお馴染みのダンカンSH-4!
某ミュージシャン使用機と同じくロゴが反転するリバースマウント!!
SH-4に合わせたリア出力音色変更も作業済み。
サスティナーももちろんブリブリ動きます!
スタンダードモードでは巻弦のミュートが少し困難なぐらい暴れます!!
往年のサスティニアックと比べてもパワー感では負けず劣らずといったところでしょうか。

tej14.jpg 


背面はこんな感じです。

tej15.jpg 



冒頭にも書きましたが18Vサスティニアック搭載のTEJは今やまともなコンディションの個体はかなり少なくなっています。
外見はキレイでもサスティニアックに故障があれば修理も出来ません。
また古いギターなのでフレットが限界まで減っていたりネック自体にも酷い反りやクセを抱えている個体もよく見掛けます。
そんな旧TEJを多少安く入手出来たとしてもフレット打ち換えやブリッジのスタッド倒れ修理…諸々手を入れると
なると結構な工賃が掛かります。
サスティニアックが故障していてサスティナーへの換装までとなると普通にこのTEJ DELUXEが買えてしまいます。
残念ながら某ミュージシャン使用機の「アミダ柄」はラインナップされていませんが
長く使えるTEJを手に入れたいのであれば某オークションをポチッってしまう前によく考えて下さい。

いやぁ~長い間ブログ書いてますけどフェルのギターに対してネガティブな事書かなかったのって初めてちゃうかな?(爆)






スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://tonegarage.blog52.fc2.com/tb.php/264-c0fe7a3f

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫