拝啓セイモアダンカン様 出っ張ってるのは腹だけにしてくれませんか?SH4(JB)にピックアップカバーを付けるには…編

 2014-12-12
いよいよ年末!
こうして悠長にブログなんざ書いていられるのもいつまでなのか…

今回はダンカンのJBにピックアップカバー付けます。

sh1.jpg


現行のSH-4です。

sh2.jpg



1弦側は問題無いのですが…

sh3.jpg


6弦側はボビンの側面に出っ張りがあります(困)

sh4.jpg



ピックアップカバーを被せてみても1弦側は問題ナシ。

sh5.jpg



6弦側は出っ張りに当たってカバーが奥まで入りません。
無理に入れると出っ張りの中になる線材が断線します。
事実無理矢理カバーを押し込んで断線したピックアップも修理しております。
SH-1=59等の単芯モデルはこの出っ張りも無いのですが今回の近年モデルのJBやSH-5=カスタム、
アルニコⅡ系の4コンダクター(4芯+アース線)モデルは線材の処理が雑だとお腹が出っ張っちゃっています。
現行ダンカンの4コンダクターモデルは全般に注意が必要です。

sh6.jpg



出っ張っちゃってるのはポンポンだけにしてもらいたいのですが…
あ、王者の隣がダンカンおじさんね。

sd_yngwie.jpg



さて、

早速作業開始!
出っ張ったポンポンをダイエットしてピチッとジャストサイズのピックアップカバーを着せましょう!!

このブログを見てDIY作業される方もいらっしゃると思うので注意事項は目立つ書き方にしますが
くれぐれも自己責任でお願いします。

まずはピックアップ側面のアセテートテープを丁寧に剥がします。
たまにボビンからチビッたコイルがアセテートテープにひっ付いている場合があるので慎重に。


sh7.jpg


問題の出っ張り部です。
ボビンからのコイルと結線された線材がメインケーブルと繋がれている場所なのですが線材が無駄に
長かったり絶縁テープが多めに貼られていたりしているのでピックアップから盛り上がっちゃってます。

sh8.jpg



タップリと含浸=ロウ浸けされているので結線部はロウで固められた状態。
細いマイナスドライバー等で丁寧に引き出していきます。
工具を使う場合はボビンに巻かれたコイルを傷付けない様に要注意!

sh9.jpg



結線部が中々取れ難かったりボビン組み付け時にボビンとマグネットの間に線材が挟まっている場合は
アジャスタブルポールピースを緩め(シャーシーから抜けるまで)、
ボビンとシャーシーを固定している4本のビスを抜いてボビンをシャーシーから浮かせれば簡単に取れます。
つーかボビンが線材を踏みつけている時点で「オイッ!!」って感じなのですが。。。

sh10.jpg


結線部を全て引き出した状態。

sh11.jpg


絶縁テープを剥がす。
今回は白と黒の線材が無駄に長い。

sh12.jpg


まずは黒線。
無駄が無い長さまでカットしてから再度結線します。短く切り過ぎない様に長さは慎重に決めて下さい。
ボビン側からの黒線は髪の毛より細いコイルと結ばれているので絶対に強く引っ張ってはいけません
線材の被膜を剥く際もしっかりと線材を固定してワイヤーストリッパーを使って作業しましょう。

sh13.jpg


結線して少しだけネジリます。
ハンダ付けも必要最小限の量で。
現行ダンカンの線材は被膜が非常に熱に弱いので短時間できっちりハンダ付けが出来る技術が
必要です。

sh14.jpg



結線部にφ1~1.5ミリの収縮チューブを被せて絶縁。
先端部はペンチで軽く潰します。これで絶縁は完璧!

sh15.jpg



続いて白線。
こちらも黒線同様に無駄な長さをカットして再結線。

sh16.jpg


緑と赤の線材をボビン間の隙間へ収納、作業した黒と白線はボビンとシャーシーの間に
収納。
これでポンポンの出っ張りをダイエット出来ました!
人間のポンポンもこれぐらいの作業で凹っ込めばいいのにね…

sh17.jpg


さて、仕上げに掛かります。
まずはピックアップ外周にアセテートテープを巻いていく。
ピックアップ外周を1周ほど巻けば十分です。
何周も巻くとピックアップカバーが入らなくなります。

sh18.jpg


アセテートテープ巻き終わり部には少量の瞬間接着剤を塗ります。
これは以後作業するロウ浸けの際に熱でアセテートテープが剥がれるのを防ぐ為です。

sh19.jpg


テープ巻き終わり。
出っ張りもスッキリですわ!!

sh20.jpg


もちろんピックアップカバーもすっきり入ります。

sh21.jpg


ピックアップカバーはしっかりと奥まで入れましょう。
1弦側、6弦側どちらかが浮いてはいけません。

sh22.jpg


ハンダ付け完了。
ピックアップカバーとシャーシーのハンダ付けは以前(といってもかな~~り前)にブログ書いた記憶が
あるので今回は割愛。

sh23.jpg


そして含浸。
あ~~ワシも温泉行きてぇ~~

sh24.jpg



完成!!

sh25.jpg



今回はレスポールのリアに付けるJBを作業しました。
JBやカスタム等のハイパワーモデルにピックアップカバーを付ける事はあまりありませんが
アルニコⅡ等のレスポールでもよく使われる抵抗値の低いハムでも4コンダクターの場合は
今回の作業が必要になるケースは多い(と言うか全部だな)です。
ダンカン以外でもボビン側面に出っ張りのあるピックアップにカバーを軽く被せた際に入らない場合は
絶対に無理に押し込むのはヤメましょう!!


それでは良いお歳を!!

いゃいゃ年内もう数回はブログ更新しますゼ! するつもりですゼ!!

んな時間があれば(笑)





スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://tonegarage.blog52.fc2.com/tb.php/278-418eec88

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫