FERNANDES FR-85S 25周年記念モデル サスティナー載せ替え&モデファイ編

 2015-02-14
サスティナー関連での更新は久々です。

今回はフェルナンデスのFR-85S、25周年記念モデルに手を加えていきます。


851.jpg


855.jpg



お客様は中古で購入されたらしいのですが前オーナーによる素人魔改造によりサスティナーは
全く作動せず。
しかも電池が異常に発熱するかなり危険な状態でした…

ボリューム横には基板のイグニッションLEDが移設、謎のミニスイッチも増設されています。

852.jpg


コントロール内。
そりゃぁ電池も発熱するよね…ってな感じの配線グチャグチャ状態。
基板をチェックするも電源周りのパーツは完全にご臨終。
ポット類も素人配線でハンダこての熱を加え過ぎたせいかガリ、接触不良が発生。

853.jpg


サスティナードライバーはフロントピックアップ出力構造ではない旧型。
センターピックアップはシャーラー製?へ交換されています。
センターピックアップの磁力はかなり強力。サスティナーへの悪影響も考えられます。

854.jpg


なので今回は新品のサスティナーキットへの載せ替え&モデファイを行います!

856.jpg


まずは全パーツを外してボディーをクリーニング。
追加で空けられた穴をどう上手く利用するか考える…

857.jpg


いつも通り基板に改造を加えてからサスティナーキットに同封されているポット類、ジャック等を
使って配線完了。
キットに同封される時点で下手くそな大盛りハンダ付けが施されているのが非常に残念だ…
普通に新品のポットを入れてくれりゃいいのに。
今回SSHレイアウトながらセンターはあまり使用されないとの事でしたのでセンターP.Uはダミー化、
レバースイッチも3段へ変更。
現行サスティナーですのでサスティナーOFF時はフロント⇔フロント+リア⇔リアの切り替え。
純正リアP.Uのサウンドがイマイチなので音ヌケを良くするべく音色変更、それに伴いフロントの
ドライバーの音色も変更。
もちろんサスティナーがガンガン動く様に駆動ゲインアップも作業しました。

858.jpg


で、完成。
フルメンテナンスも作業内容に含まれておりましたのでネック周り、ブリッジ等の金属パーツにも
手を入れております。

859.jpg


問題だったボディーに開けられた「穴」は…

2ヶ所とも3φLED用のソケットを埋め込み利用する事に。
プラグインでイグニッションLEDのグリーンが点灯。
ちなみにセンターはダミーピックアップ(ピックアップカバーのみ取付け)です。

860.jpg


サスティナーONでブルーLEDが点灯!

861.jpg


ちょっと派手なFRに仕上がりましたがサスティナーの効き具合も十分合格点!
そりゃ純正キットを元にで組み上げたから当たり前か(笑)

今回は電気系総入れ替えで何とかギターを甦らせましたが皆さんも中古のサスティナーギターに限らず
アクティブP.U等の電池を使用するギターを購入した際、電池が発熱する症状が見られる場合は
絶対に電池を入れたままにしないで下さい!
最悪の場合は火災になりますので…
ジャンク扱いで販売されている物、オークションに出品されているものは特にご注意を!


スポンサーサイト
タグ :
コメント
確か、FR-85S QC でしたよね。サスティナーはデリケートなんで素人には触れないですね。さすが先輩!
【2015/02/16 13:48】 | 残波太郎 #BJNehaTI | [edit]
> 確か、FR-85S QC でしたよね。サスティナーはデリケートなんで素人には触れないですね。さすが先輩!

クオーターセンチュリー(笑)
いまだにサスティナーがモデルチェンジしていないってのに問題アリだな。
【2015/02/16 21:11】 | トンガリガレージ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://tonegarage.blog52.fc2.com/tb.php/284-a036052e

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫