GIBSON SG フルメンテナンス編 

 2015-02-14
今回は当店のリペアメニューで最も依頼の多い「フルメンテナンス」の具体的な作業内容をご紹介。

フルメンテナンスは基本工賃7500円~ですがギターの状態によっては他の作業が必要になるケースも
御座います。

フルメンテナンスをご依頼頂くギター、ベースとして多いのは

・長い時間使わなかった楽器を使う機会が出来たので全体的にメンテナンス。
・普段メインで使っている楽器をあまり手入れしていないのでコンディションが不安。
・オークション等で中古品を購入したので現状チェックと調整。

と言った理由ですね。


今回ギブソンのSGをご依頼頂きましたが基本工賃内での作業で済むコンディションでした。
以下具体的な作業内容をご紹介していきます。

sg1.jpg


まずはお預かり時、お客様の前で全体チェックです。
金属パーツにはサビは無いものの曇りがありますね。

sg2.jpg


sg3.jpg


ポットの締め付けナットが緩み、ポット自体にグラ付きも見られます。
フロントトーンんもポインターワッシャーに至っては明後日の方向を向いてます。
ジャックの取付け六角ナットが緩んでいるのはもはやお約束とも言える症状です。


sg4.jpg


ネックの裏、グリップ面は過去の汚れがラッカー塗装に固着しています。
少しベタつきも出始めているので早急にクリーニングした方が良いでしょう。
症状が進行するとラッカー塗装そのものが変質します。

sg5.jpg



フレットコンディションは神経質にならなければ特に問題無いもののフレットの曇りや指板表面の汚れが
目立ちます。

sg6.jpg


一番重要なのがトラスロッドの効き具合。
ロッドが正常に作動しなければメンテナンスのしようがありませんので。
状態の悪いギターでロッドが正常に作動しない場合は作業自体をお勧めしない場合も御座います。

sg7.jpg


以上の全体チェックのうえフルメンテナンス作業としてお預かりする事が可能になります。



それでは実作業開始!


まずはボディー側をマスキングしてフレット&指板を研磨。

sg8.jpg


作業前。
sg9.jpg



作業後。
この後でローズ指板用のオイルを塗布します。
乾燥の進んだ指板ですと数回のオイル塗布を繰り返します。

sg10.jpg



ボディー側へ着手!
まずはパーツ類を全て外して汚れ落とし&ワックス掛け。

sg11.jpg


汚れの付着が多かったネックグリップもピカピカです!
状況にもよりますが汚れ落とし能力の高いケミカル類とツヤ出し&塗装保護能力に優れたワックス等
数種類のケア用品を使い分けています。

sg11-2.jpg


ペグは外す前にナンバリング。
ペグの回転トルクが調整出来ないクルーソンタイプでは元通りの位置へペグを組まなければ
チューニング時に今までの感覚とズレが出ますので。

sg11-3.jpg


ここからは金属パーツ類の研磨に入ります。

左5弦用が研磨前、右6弦用が研磨後です。

sg12.jpg


ネジ類のサビを落とします。
左が作業前、右が作業後。

ネジ類はプラス、マイナスのネジ穴がサビや合わないドライバーでこじったりして形状が崩れて
いる場合は交換をお勧めします。

sg13.jpg


ブリッジ&テールピース作業前。
ブリッジの6弦端はミュートで手が当たる機会が多いので汚れやサビの発生しやすい場所になります。

sg14.jpg



違いが分かり難いですが研磨作業後。

ブリッジサドルの弦溝に酷いサビや劣化が見られる場合は交換をお勧めする場合があります。

sg15.jpg


ピックアップカバーも研磨。
左が作業前、右が作業後。
研磨作業時はエスカッション(マウントリング)より外します。

sg16.jpg


電気系。
今回は特に問題となるガリや接触不良がみらませんでしたが劣化しやすいトグルスイッチ端子、
ジャックの中心=アース部は接点を研磨しました。
ジャックはプラグの差し込みにより摩耗が進む「消耗品」です。交換が必要になる場合は配線工賃が
別途必要にはなりますが転ばぬ先の杖、怪しい場合は交換をお勧めします。
ちなみに当店では余程の理由が無い限りスイッチクラフト社のジャックを使用します。
現行の「国産ジャック」は耐久性に難アリですので…

sg17.jpg



研磨の終わったパーツを組んで弦を張って仮組み。
ここからが一番重要なセッティング作業になります。

sg18.jpg


ナットの溝は弦と常に接触しているので摩耗が進み、汚れが溜まり易い箇所です。
お預かり時のネック(トラスロッド)調整後にナットの溝が低過ぎる場合はナット交換を
お勧めします。
ナット交換時、牛骨ナットでしたら漂白タイプ、無漂白タイプをお選び頂けます。

sg19.jpg


ナットの溝は専用工具=ナットファイルを使ってメンテナンスします。
今回は汚れを取り、溝の形状を整形する程度でしたが大陸製の廉価ギターはナットの弦溝の
高さが異常に高い場合が多く、弦溝を深く切り直す事も多いです。

sg20.jpg


そしてトラスロッド調整と…

sg21.jpg



弦高調整を繰り返す。

sg22.jpg



ネックの反り調整、弦高が決まれば


実はチューニングしたまま1~2日ほど寝かします。
弦テンションを掛け続ける事でネックはまた反りますので。
弦も張る時に十分伸ばしてはいますが時間が経つとやっぱり伸びますしね。

ネックと弦が落ち着いたところで最後にオクターブピッチ調整。



sg23.jpg



完成!
お客様引き取りの当日、直前にはもう一度セッティングをチェックしますけど。
お客様が満足して頂いたところで本当に完成。

sg24.jpg



スポンサーサイト
タグ :
コメント
素晴らしいメンテナンスですね!
ここまでしてもらったら、このギターもさぞかし嬉しいでしょうね〜。
ちなみに、ここまでしっかり作業していただくと、おいくらほどかかるのでしょうか?
【2015/02/16 10:08】 | yone3 #- | [edit]
> 素晴らしいメンテナンスですね!
> ここまでしてもらったら、このギターもさぞかし嬉しいでしょうね〜。
> ちなみに、ここまでしっかり作業していただくと、おいくらほどかかるのでしょうか?

コメント有難う御座います。
今回の内容で基本工賃7500円+弦代500円です。
フレットのすり合わせや配線作業が必要な場合は別途工賃が必要になります。
【2015/02/16 10:15】 | トンガリガレージ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://tonegarage.blog52.fc2.com/tb.php/285-e3fe67a6

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫