密かにリペア・メンテナンスセミナーやってます…初心者~D.I.Y.派のプレイヤー、業務で楽器のメンテナンスをされる方にお勧めです。編

 2015-05-23
これまであまり表には出してはいませんでしたが常連様や業者様のご希望がある場合には
リペア・メンテナンスのセミナーも開催しております。

きっかけは初心者のお客様からの弦の張り方、チューニング、普段のメンテナンスを教えて欲しいとの要望でしたが
確かにギター、ベースの弾き方を教えてくれる「ギター教室」なるものは数多く有り、またネットでも奏法解説のサイト
等は今では当たり前ですが楽器の取扱いやメンテナンスを解説する媒体は中々ありませんよね?
先の初心者のお客様は弦の張り方等も載った教則本は買ったものの文面では分かり難く、題材のギターも
自分が所有するタイプではなかったので実際に自分のギターを元に教えて欲しいとの事でした。

また当店のお客様にはD.I.Y.派の方も多く、自分でピックアップを交換したものの配線が間違っていないか、
ハンダ付けがしっかり出来ているか、ネック調整は「コレで正しいのか?」を診て欲しい等の要望も多々あります。

今回ご紹介するのは自分のベースのネック調整、配線=ハンダ付けの基礎、全体セットアップでのセミナーです。
普段使用しているベースを使ってセミナーを行います。
各項目ごとに説明と見本を講習してからご自分で作業して頂きます。


①まずは「ネックの反り」の見方。トラスロッドの構造、作用等の解説。

mto1.jpg


②実際にトラスロッドの調整。

mto2.jpg


③ギター、ベースに必要な電気理論の基礎を講習した後、普段使っているハンダこて、ハンダを使って
ハンダ付けの練習。

mto3.jpg


④お持込みされたポット類の取付け、配線作業。

mto4.jpg


本体への組み込み。
mto5.jpg


普段使われている工具一式をお持込み頂いてもOK!

mto6.jpg


⑤画像はありませんが配線作業終了後、全体のセットアップ、オクターブピッチの調整、弦高調整などの
全体セットアップの講習、作業を行いました。

今回は約4時間の講習でした。


今まで要望の有った講習内容の実例を紹介しておきます。

<初心者向け>

・弦の正しい張り方、チューニングの方法(チューナーの使い方を含む)。
・ロック式ペグ、トレモロの弦交換や使用方法。
・弾いた後のクリーニング、普段の保管方法。
・エフェクターやアンプの選び方、音作りの方法。


<中級者向け>

・ネック調整。指板、フレットのメンテナンス方法。
・オクターブピッチの調整。
・ハンダ付けと配線の基礎知識。
・ケーブル自作のハンダ付け方法。
・ピックアップの構造と特徴、位相(フェイズ)の見分け方。ピックアップ交換の方法。
・中古ギター購入時の重要なチェック事項。
・交換ピックアップの選び方。
・フラクタルオーディオFXのサウンドメイキング方法(笑)


<マニアック向け>

・ピックアップを分解と組み込み。
・大掛かりな配線レイアウト変更。(コイルタップやフェイズアウト、ダイレクトスイッチ取付け等)


<業者様向け>

・中古買取時の査定における重点チェック項目。
・中古買取品のメンテナンス方法。店頭品としてのセッティング基準。
・ラッカー塗装の取扱い方法。


その他にもご希望に応じて講習内容は対応させて頂きますがフレットのすり合わせや打ち換え、ナット交換など
数時間、数日では講習しきれない内容やミスした際に取り返しのつかなくなる内容はお受け出来ません。

料金は1コマ=約1時間=5000円です。
使用する弦やパーツ類は別途となります。(もちろんお持込OK!)

※現在週末土曜はリペアでのご来店予約が多いので2コマ以上の講習はお受け出来ません。


ギターメーカー~中古・ヴィンテージショップ勤務、そして現在の工房での業務を通じて非常に内容の濃い=
業界裏話も多い?セミナーを開催しております。興味のある方はお問い合わせ下さい。



スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://tonegarage.blog52.fc2.com/tb.php/290-1b02e073

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫