YAMAHA SG2&SB2 弾いてこそ価値あるヴィンテージ、しかし純正状態が価値高いヴィンテージ編

 2017-05-18
今回はYAMAHA SG2、SB2の作業をお受けさせて頂きました。

ギターのSG2は昭和42年=1967年、ベースのSB2は昭和41年=1966年製です。
45年=70年製の自分より年上になります。
以前SG2を作業してブログにアップしましたがモズライトやこのヤマハSG、いわゆるテケテケ系の
作業依頼もここ数年は増えてますね。

お客様はプレイヤーなので当店お約束のパターン、演奏性重視で手を入れますが
今回は純正状態へ戻せるマージンも計算しながら作業します。

sg1_20170518164059446.jpg 


まずは2本共にフレット交換。
ナット=0フレット仕様なのでフレット打ち、すり合わせ完了時、仮組みしてはナットとなる
0フレットの高さを調整。
削って低くして弦高チェック、低すぎたら少しだけ浮く様にフレットを打ち直す…
この繰り返しは結構大変です。

sg2_20170518164101732.jpg 


0フレットの高さが決まれば仕上げ作業を行ってフレット周りは完成。
次に本来のナットの役割は無い金属製ナットの取り付けに入ります。

sg3_20170518164102762.jpg 

以前にも書いてますが金属と木材では接着する上での相性が良くない。
接着剤は木材には染み込むが金属には染み込みません。
したがって時間経過と共に接着剤が痩せると金属製ナットは簡単に外れてしまいます。
ある日突然ポロリと外れるので本当にびっくりします。
ジャクソンヘッド等のナットを境に弦の角度が変わるギターはチューニングを緩める、
締めると突然ポロリも有りますね。

このナットの底面には成型時のピン跡の穴が空いているのでコレを利用します。

sg4_20170518164103d20.jpg 



元から空いている穴と逆側にも同じ位置に穴を空ける。
そして底面に対して垂直にビスを入れしっかり止まるまで締め込む。

sg5_20170518164105d22.jpg 


ビスの頭をグラインダーでカット。
これでナット底面側のピンが完成。

sg6_20170518164106dd7.jpg 


ピンの当たる位置に受け穴を空けます。
って簡単に書いてますがこのナット取り付け部の木部底面と指板壁面は垂直が出ていなかったので
割と大変な作業でした…

sg7_20170518164107fc1.jpg 


ピンを差し込むだけでナットは外れにくくなりましたので接着剤は少量の使用ですが
十分強度と耐久性は出ているかと思います。
これにてネック側の作業は完了。

sg8_20170518164109c12.jpg 


次は2台のボディーへ取り掛かります。
今回は純正ピックガードを保存、ヴィンテージパール柄で新規にピックガードを製作します。

sg9_20170518164110c47.jpg 


まずは御開帳。
画像では分かり難いですがザグリ内には銀色の導電塗料と思われしき物が塗られています。
66~67年で既に導電塗料を導入しているヤマハは凄いですな。

sg10_20170518164112fbb.jpg 


ヴィンテージのお約束ですがピックガードの縮みによりビスが斜めになってしまっています。

sg11_201705181643043bc.jpg 


ビスを抜いていくと一目瞭然。

sg12_201705181643052b9.jpg 


当然ビス穴も楕円に変形しています。

sg13_20170518164307a43.jpg 


外したピックガードは電気系を取り除いて速攻で板に固定。
これはビスの支えが無くなったピックガードは縮みが加速するので現状以上の縮み、変形を
防ぐ為です。
短い時間でも放置すると元に戻す=再度ボディーへ取り付ける事が困難になってしまいます。
60年代のジャガー、ジャズマスターの電気系を作業する時なんかは毎回時間との戦いです…
ですのでこの純正ピックガードが必要な作業の時は面倒ですが毎回外す⇔固定の繰り返し。
完成後はこのままお客様へお渡しします。そして環境変化の少ない冷暗所保管をお願いします。
これがヴィンテージのピックガードの正しい保存、保管方法になります。

sg14_20170518164307260.jpg 


次に斜めになり変形してしまった全ビス穴を埋め木。

sg15_20170518164309d2c.jpg 


埋め木の接着剤乾燥待ちの間に導電塗料を塗る。

sg16_2017051816431209a.jpg 


3ミリ厚のアクリル透明板で新規のピックガードの元型を作成。
外形とポット穴、ピックアップホールは既に削りだしていますがピックガード固定ビスの穴は
ボディーの埋め木+空け直しした穴位置に合わせて加工。

sg17_20170518164312db8.jpg 


元型のビス穴を空けてから仮組み。
ビスが斜めになっていないか等を確認。
フェンダーと同じくフロントプリセット回路の横はザグリと超ギリギリの距離感…

sg18_2017051816431389a.jpg 


SG2は内部にもホコリやサビ、切れた弦のボールエンドが入り込んでいたので
トレモロ部も分解メンテナンス。
表面のプレートを外すには少しコツが必要。
以前SG2を作業した時にはこの知恵の輪構造にだいぶ時間を取られた(笑)

sg19_20170518164315b17.jpg 


トレモロ下にも昭和42年のスタンプが有る。

sg20_20170518164316e90.jpg 


ピックアップも分解してメンテナンス。
ポールピースのサビを出来るだけ除去する。

sg21_2017051816445062f.jpg 


問題はピックアップ取り付け部。
ピックアップ取り付け用のビスはサビは少ないものの少し曲がっているので交換する。
ボディー側に受けとなる鬼目ナットが埋め込まれているがビスのピッチが旧JIS規格なので
現行のISO規格のビスと合わない。
3ミリ径のビス、M3同士なのだが旧JIS規格はピッチが0.6ミリ、現行ISO規格は0.5ミリだ。

sg22_20170518164453493.jpg 


なので現行0.5ミリピッチに合わせて鬼目ナットにタップを入れる。
ジャパンヴィンテージを作業する際にはビスの規格、ピッチに注意が必要である。

sg23_20170518164453fe6.jpg 


本チャンのピックガードを製作して組み込み。
SG2のフロントプリセット回路は使い勝手を優先して除去。
とりあえず組み込みが終わった状態。
ここから本当の勝負が始まる。如何にこの2本を「鳴らす」のか。
自問自答の続く長いセッティング作業に取り掛かる。

sg24_20170518164455174.jpg 


SG2は独特の形状の純正アームが欠品していた。
お客様はアームは使わない予定との事でしたがとりあえずストラトの汎用アームが差し込める
様には工夫しておいた。

sg25_2017051816445677b.jpg 



試行錯誤の末に2本共に完成!

ネック角度を見直したりブリッジ周りのアソビを無くしたり弦高を色々試したりと結構時間を
掛けましたがちゃんと結果が出てくれました。
モズライトをはじめこの類のギター、ベースはあまり「鳴る」事がありませんが少し強く弾くと
「ブワン!」みたいな感じで芯があり音の輪郭がはっきり出ています。
ベースのSB2も一つ一つの音が奇麗に分離されている感じ。サスティーンも伸びたと思う。

sg26_20170518164458309.jpg 



兄弟?親子?みたいな2本だがオリジナルのピックガード、電気系はお客様へ保管を
お願いしているのでビス穴の位置加工は必要かもしれないがフレットを除き元の状態へ
戻す事も可能である。
弾けるヴィンテージ、弾いてこそ良さが出るヴィンテージ。
しかしながら純正スペックが一番価値が高いとされるヴィンテージ、
その共存点がこの形なのかもしれない。


スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://tonegarage.blog52.fc2.com/tb.php/363-80c38ecc

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫