FC2ブログ

70年代前半のJAZZ BASS なまら硬いペグを何とかする編

 2018-02-23
今回は久々にマニアックで地味、でも作業は結構大変なリペア事例をご紹介。

70年代前半のジャズベなのだが…

jb1_201802231800562e7.jpg


ペグが鬼硬い。
普通に手で回すのが激困難なぐらい硬い。ワインダー使って回すなんて夢物語なぐらいだ。

既に終盤を迎えた冬季五輪だがカーリングの女子代表、LS北見のスキップ、藤澤五月の
虜になった中年オヤジは羽生くんそっちのけでカーリングを観続け、ルールが分かったところで
男子も観る。女子は繊細さな試合運びがスリリングだが男子のパワーやスピード感にハマリ
男子の試合も観まくる。軽井沢のお兄さん達が予選敗退しインタビューで北京へ向けての
挑戦を問われるとチーム再編もさることながらスポンサー探しに触れていたのを聞いて
マイナーアマチュアスポーツの厳しさ、華やかな女子には無い苦労を垣間見た気がして
涙だ出そうになった…ありがとう。SC軽井沢クラブ。4年後期待しています!
とは言えエロ中年オヤジの本命はLS北見、藤澤五月だ。
なので今回は「なまら硬いペグ」と表現させて頂く。

話が逸れた。逸れまくった。
ジャズベに限らずだがギアむき出しのペグなのでビンテージである以上劣化していて当然
である。
今回はこのなまら硬いペグを普通に回せる様にメンテナンスする。

jb2_20180223180058e07.jpg


ヘッド表面から打ち込まれるブッシュも片側が浮いている。
ブッシュが斜めになるとペグシャフトとも斜めに接触するので不要な摩擦が発生する。
画像は無いがペグを外してまず最初にはブッシュを打ち込み直した。

jb3_20180223180058233.jpg


当然ブッシュと接触する部分は擦れる故に摩耗してメッキがピカピカな状態。

jb4.jpg


シャフトのギアを見てほしい。
ちょうど真ん中のギアだけが光っている=⇑と同じく摩耗しているのが分かる。
よ~く見れば摩耗してギアが平たくなってしまっている。
そりゃ硬くもなるよね。そだねー。

jb5.jpg


ペグによっては硬い状態で無理に回し続けた為かメインプレートが曲がってしまっている。
分解してからプレスして矯正するが完全に真っ直ぐにまでは直せない。

jb6.jpg


ギアの分解に入る。
メインシャフトが固着して抜け難い場合は当て木をしてプラハンマーで軽く叩いて抜き出す。

jb9.jpg


まずはベースプレート側のシャフトギアから手を入れる。

jb7.jpg


この部分はシャフトを覆っているカバーと分離出来ないのでこの状態でグリスを入れるしかない。

jb8.jpg


ペグ表面側から注油すると不要なグリスがギア面に付いてムラや部分的なツヤになり
ビンテージ特有の質感が変わるので裏側から注油する。
画像のマイナスドライバーの先端の位置よりリチウム系グリスを流し込む。
使用するのはシャブシャブではないが流し込み易く、かつ内部に残りやすい少しだけ
粘度のある物。

jb8-2.jpg


上下共にグリスアップしたらバイスに固定してワインダーで回す。
グリスを馴染ませ不要なグリスを滲み出させる為。
片方向100回、合計200回グリグリ回す。×4個。
結構疲れる…
滲み出したグリスは綿棒で拭き取る。

jb11.jpg


お次はメインギアだ。
粘度の高いテフロン系グリスを筆で薄塗りしていく。
グリスは厚塗りしても効果が増すわけではないので注意が必要。
厚塗りすると色んな所にグリスが付いてベタベタヌルヌル祭りにもなるしね。

jb12.jpg


ギア溝だけではなくメインプレート側、ペグシャフトの当たる箇所にも塗る。
分解すれば分かるがこの部分にも相当負荷が掛るので真っ黒な鉄粉が溜まっていたり
今回はとくに硬いペグで偏摩耗も見られた。(円が崩れていた。)

jb13.jpg


もちろんその部分に直接当たるシャフト基部にも塗る。

jb14.jpg


組み上げてまたもやバイスでグリグリ回す。
この時点でワインダーで回せるだけで作業の効果を実感する。

jb15.jpg



いよいよネックに組み込むがもちろんブッシュと接する部分にもグリスを塗る。
ギアに使用したテフロングリスを薄塗り。
ブッシュ内側に塗るとペグ挿入時にシャフト上部(弦を巻く所)にグリスが付いてしまうので
必ずシャフト側に塗る。

jb16.jpg


組み込み完了!

jb17.jpg


弦を張る。
摩耗したギアに当たる時だけ少し硬くなるがワインダーで回せる!!
もちろん新品のペグの様にとは言えないが実用に問題の無いレベルの回転トルクに
仕上げる事が出来た。

jb18.jpg


一晩置いて翌日ネック調整。

jb20.jpg


一見何も変わった様には見えないが実用面では大きく結果の出せたリペアでした。

jb21.jpg



大昔?にムスタングだっけな?
Fキー系ペグの分解メンテナンスについて書いた事があるが今回と同様のリペアは
クラシックギターやウクレレ等でも受け付けております。
言うまでもなく対応可能なのはギア剥き出しのペグに限りますが
なまら硬いペグにお悩みの方は今宵準決勝を戦うLS北見を応援してからご相談下さい。

五輪終わっても地上波とまでは言わないがBSなんかでカーリングの大会とか放送してくれんかな?
藤澤五月を出せとは言わない。男子でも女子でも国際大会でも国内大会でも何でもいい。
知能、技術に加え僅か1投でそれまでの試合運びが逆転するスリリングなところが気に入った。


スポンサーサイト
タグ :
コメント
北海道の者です。いつも見させてもらっています。
「なまら」の使い方がとても自然で上手ですね。
ちなみに「そだねー」が方言なのは自分も知りませんでした。
【2018/02/25 17:43】 | kenpo #- | [edit]
拝見頂き有難う御座います。
このブログを書いてから急いで帰宅してLS北見の3位決定戦を手に汗握って観てました。
個人的には写真も趣味にしておりますのでいつの日か北海道へ出掛けたいと思っています。
出来るだけ人里離れた自然の真っただ中へ。
これからも稚拙なブログではありますが宜しくお願いします。
【2018/02/26 10:48】 | トンガリガレージ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://tonegarage.blog52.fc2.com/tb.php/383-c586b762

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫