FC2ブログ

strandberg 7弦。徹底的に作業しつつ色々検証してみた編

 2018-12-15
今回はstrandberg*です。

ストランドバーグ?ストランバーグ?どっちの呼び名にするか。
たぶん発音はストランバーグなんだろうけど如何にもカタカナ表記っぽい
ストランドバーグで進めよう。
2本お預かりさせて頂きました。
上のトラ杢が韓国製(現在は生産完了との事)、
下のスポルテッドメイプルトップが日本製。

今までストランドバーグはブリッジアース不良のクイックリペアやロッド調整程度のみだったので
時間を掛けてチェック出来るのは今回が初めて。

st1_20181215125846b4d.jpg  


裏面の比較。
国産はコントロールパネルとジャックが一体型。
これについては後述。

    st2_20181215125847217.jpg


実は今回2本お預かりする前に韓国製の方を純正パッシブのX-Barピックアップから
国産に載っているアクティブのフィッシュマンへ(モデルは違う)交換作業をさせて頂きました。
その時は韓国製の全体の状況をご説明するに留まったのですがPU交換後に出音のキャラが近付いた
2本を改めて弾かれて微妙なプレイアビリティーの差を埋める、それでいて2本の立ち位置をはっきり
分ける?作業をご依頼頂きました。


     st3_201812151258480f2.jpg


早速分解に入ります。
特徴的なブリッジ、弦高は弦の乗っている小さなサドルをクルクル回して調整します。



     st4_20181215125850623.jpg


国産にはそのサドルを固定するイモネジが付いています。
単純に韓国製と国産のグレードの差?なんて思ってましたがお客様に教えてもらったところ
イモネジ無しが初期型で以降はイモネジ付きとの事。



      st5_20181215125851115.jpg


先日組み上げたばかりのアッセンをバラす。
先日は手を入れられずに少しイライラしてた所に今回は手を入れられるのでバラす手間は
気にならない。


    st6_2018121512585224c.jpg


PU交換時に気付いてお客様へも報告しましたがジャック取り付け部の上側ボディーにクラックが。
どうやらこのジャック取り付けレイアウトのストランドバーグの持病との事。
PU交換時にタイトボンドを流し込んで固定していたのがまだ効いているので一安心。

    st7_20181215125854fa7.jpg




   st8_20181215125856751.jpg


そして国産は金属製コントロールパネルにジャックが取り付けられている。
通常この手の金型が新規に必要になったりするコストの掛るブラッシュアップは
あまりメーカーはやりたがらない。
メーカーとしての姿勢は真面目なんだと思う。

    st9_20181215125857f66.jpg


今回の作業のメインは韓国製のフレット交換。
お預かり時純正状態は韓国製が2.79ミリのステンレス、国産が2.99ミリのステンレス。
共に現代でのカテゴリーはジャンボフレットで数値で見れば僅かな太さの差だが
2本弾き比べるとその僅かな差が違和感になるので国産に合わせるべく2.99ミリへの
打ち換えをご依頼頂いた。
しかし韓国製に打つのは2.99ミリなれどステンレスではなくニッケルシルバーである。
その理由は後ほど。

で、韓国製の分解初っ端からつまづく(笑)
ロックナットを外すのだが7~5弦はすんなり外せたが4~1弦はロック時に押さえこまれた
弦が直接ロックナット固定ビスへ当たらない様にする為の小さな円盤パーツがこれまでの
弦ロックの圧力で潰れて拡がったのかナット内部から外れない…
写真は撮り忘れたがこの小さな円盤パーツは紛失警報随時発令中だと思う。
お客様によれば別売りもしてるらしいのでストランドバーグオーナーは購入しておくべきだろう。
紛失はもちろんある程度潰れてきた段階で交換をお勧めしたい。
ちなみに7~5弦がすんなり外せたのは既に円盤パーツが入っていなかったから。
お客様は中古購入らしいので前オーナーによる紛失かもしれない。

  st10.jpg   

何とか苦労して4~1弦の円盤を外したが…
ナット固定ビスの+頭が潰れている。
この潰れ方は円盤によるものではなく取り付け時の作業に問題有りかと。
この辺りは従来の韓国製・大陸性のお約束なのであまりビビらない(笑)
組み込み時には全てのビスを同サイズのステンレス製へ交換しておいた。

st11.jpg 



st12.jpg 


やっと全ロックナットが外せた。
まだまだ先は長いのにここまでに恐ろしい時間を食ってしまった…

st13.jpg


フレット抜いて指板修正開始。
少し波打っていたし指板の幅も広いので指板修正はいつも以上にしっかりと行った。
とは言え韓国製としてはかなり優秀なネックの作り込みである。

 st14.jpg 


普段フレット打つ時にはフレットに対して体を正面に位置して打つのだが
今回は毎フレットごとに体の位置を調整する。
そのうち自分の体が歪んで位置している錯覚で何が基準で何が真っ直ぐなのか
分からなくなる(笑)

st16.jpg



ネック周りは順調に作業が進んでいるので今度はボディー側だ。
PU交換時、この適当極まりない導電塗料の塗り方がイライラした。
今回きっちり塗り直せるからスッキリする(笑)

 st17.jpg


実はこの韓国製、チャンバー=セミホロー構造です。
ホロー構造ならではの音の拡がりを出すべく高域キンキンのステンレスではなく
ニッケルシルバーのフレットを打つのです。
さすがにコントロール奥のホロー部まで導電塗料を綺麗に塗るのは難しいので…

 st18.jpg


壁面にマスキング。

 st19.jpg


パネル落とし込み部の壁面もマスキング。

 st20.jpg


PUザグリもテキトー塗りなのでやり直す。

 st21.jpg


そして同時にこれまでも何本か作業したブリッジアースの見直し。
と言うか導電塗料塗るのにブリッジアースの線が邪魔なので除去必須。

 st22.jpg


ちなみにクルクルサドル裏にはこれまた紛失警報発令確定の小さい小さい細い細い
スプリングが入っている。
クルクルサドルを押し上げるには少しテンション不足だとは思うが…

 st23.jpg


↓ の画像をよぉ~く見て欲しい。
アルミテープの粘着面とボディー間にアース線が来ている。
他のギターでもたまにこの様なアースの取り方は見るが考えてもみて欲しい。
アース線が直接アルミテープに触れるなら何も問題無いがアルミとアース線の間に
粘着面がある。
これではきっちり導通が出るワケがない。
束ねられたアース線材のうち1本でも粘着面を付き抜けてアルミに触れていれば
とりあえずブリッジアースは確保出来るが確実性は全く無い。

 st24.jpg


コントロール部導電塗料塗布完了!
あ~スッキリした。

 st26.jpg





 st27.jpg


PUザグリも塗って

 st28.jpg


アースラグを使って有線で各ザグリを結線。

 st29.jpg


ブリッジアースもアースラグを使って確保。
ラグ板に刺さっているビスはサドル台座固定用のビス。
ラグ板ビス手前側の小さな穴の裏側にアース線をハンダ付けしています。
これにてブリッジアースを確実に確保!

これは周知かもしれないがEMGをはじめとするアクティブPUはその説明書に
「アクティブはノイズめっちゃ少ないからブリッジアースは不要だよ~」と堂々と記述がある。
が、演奏環境だったりガッツリ歪ませると堂々とノイズは出る。
説明書の文言を鵜呑みにしているのか海外ギターメーカーはアクティブPU搭載時に
ブリッジアースを取っていない事が多い。
国産は几帳面or疑り深い日本人が作っているのでアクティブでも絶対に取っている。

 st30.jpg


PUはウレタン+スプリングで取り付け。

 st31.jpg


コントロール組み込み完了。
ブリッジアースも導電塗料の塗り方も中途半端なのに何故かしっかりアーシングテープの
貼られたコントロールパネル裏。
PU交換時よりレバースイッチ端子に触れそうな部分には絶縁テープを貼ってます。
それが必要なぐらいスイッチ端子とパネル裏は接触ギリギリでしたので。

 st32.jpg


さて、次に着工するのは国産のボディー側です。
こちらはデフォルトでアクティブPU仕様な為なのかPUザグリには導電塗料は全く塗られておりません。
でも何故かコントロール部にはきっちり丁寧に塗られております…

 st33.jpg


見難いですがブリッジアースの線はサドル台座ビスのビス穴まで来ています。

 st34.jpg


でもビス穴に線材を直接捻り込んでいるだけなので千切れてピロピロになっています…

 st35.jpg


PUザグリに導電塗料塗ってから韓国製と同じ手法でブリッジアース確保!

 st36.jpg


PUはやはりウレタン+スプリングで固定。

 st37.jpg


電気系組み込み完了!
配線周りは元々の作業が丁寧だったのでラクでしたがPUからの余剰線材がコントロール内で
渦巻いていたので必要最小限にカットして小奇麗に纏めさせて頂きました。
パネル裏には韓国製と同じく絶縁テープを貼る。

 st38.jpg


実はここからが一番大変でした。
原産国は異なれど同じモデルの2本のセッティングを近付けなければならない。
これまで作業中、いや、作業前に気付いてましたがネックのボディーへの仕込み角度、
仕込み量が違う。
まずはお客様の基準になっている国産のセッティングを詰めてからそれを手本に
韓国製をセッティング。
ちなみにオクターブピッチは韓国製・国産共にきっちり10セントずれてました。
何かその10セントに意味があるのか?と考えましたが普通にきっちりオクターブ取ると
全域でピッチが安定したので単なるズレだったのかな?

 st39.jpg


今回は慣れないギターなのでいつもの数倍時間を掛けてセッティング。
結局2日弱ぐらいずっとセッティングしてたかも(笑)
そのお陰?ステンレスからニッケルシルバーへフレット材質変更したお陰?
韓国製は作業前に比べて音に膨らみと拡がりが出た様に感じます。
まぁそれを判定するのはお客様なのですが。

 st40.jpg


さて、以前より常連様をはじめ色んなお客様から
「ストランドバーグってどうなの?」みたいな事を聞かれてきましたが
ようやくしっかりと返答出来る日が来ました(笑)

個人的には「アリ」だと思います。
ただし小振りなサイズ感だけで判断して汎用性の高いトラベルギターの一種とは考えないで下さい。
言うまでもなく本気で対峙しないと真価の見えない「新しい弦楽器」です。コレは。
スタインバーガーとは立ち位置が全く異なります。

 st41.jpg


確かにこの独特のネックグリップには違和感を感じるでしょう。
しかしながら親指をネック裏に立てて弾くクラカルフォームのプレイヤーは慣れるのに
そう苦労はしないと思います。
そもそもネックをガッツリ握り込み、場合によっては親指をオーバーグリップして弾くジャンルの
ギタリストはこのルックスのギターを手にする事は無いでしょう。
斜めになっているフレットも弾いているうちにそんなに違和感は感じなくなりました。
それよりもフレット打ってる時の違和感の方がスゴかった(笑)
まぁこれはギターエンジニアにしか関係無いけれど。
とりあえずクラシカルフォーム主体のギタリストは一度試奏してみる事をお勧めします。
デフォルトでもかなり低めの弦高設定なのでグリップの違和感を通り過ぎれば
ストランドバーグの狙いが理解出来るかもしれません。

ネットでストランドバーグのプレイスタイルを検索するとジャズ系中心にタッピング主体のインストや
一部テクニカル系が出てきますがまだ他にも広がる、広げられる可能性は有るんじゃないかな。

なんて言ってる本人はアイバニーズの7弦VAIモデル(初代ユニバース)が発売された瞬間に
ローン組んで買ってしまった新しいモノ好きなので多少の色眼鏡を通しての意見として捉えて下さい(笑)

 st42.jpg


ケースも今風でカッコエェですね~~
オシャレだな。

 st43.jpg 
 

近年ネタ切れ感溢れる楽器業界ですがこんな面白くて全く新しいモノがもっと出てくると
音楽シーンを含めて何かが変わるかもしれませんね。
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://tonegarage.blog52.fc2.com/tb.php/412-dd02d40e

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫