FC2ブログ

バイギブのオービルLPスタンダードを徹底的に作業!フロントPU断線や全ポジマーク浮きのフルコース編

 2020-01-18
それにしても今年の冬は雪が少ないどころか暖かいですねぇ…。

さて、今回はバイギブのLPスタンダードです。
お持込み頂いたお客様は気付いていらっしゃいませんでしたがバイギブは黒カスやSG、エクスプローラーや
FV等はよく見掛けますが実は一番売れ筋と思われしスタンダードの流通本数は多くありません。
現在ではジャパンヴィンテージとして確固たる地位を築いているのでプレミア価格で取引されている事も
珍しくはありません。

bg1_20200118155243245.jpg 


眠っていた系なのでホコリの蓄積がスゴいですが本当にバイギブのスタンダードを見るのは久しぶりです。

bg2_202001181552469ef.jpg


まずフロントPUの音が出ないとの事でしたのでチェックしたところ、異常な抵抗値でした。
なのでまずはフロントを何とか復活させる事が出来るのかに挑みます。

bg3_202001181552460a1.jpg


純正でギブソン製PUです。

bg4_20200118155247c79.jpg


アセテートテープを剥がして分解、各ボビンの抵抗値を計測したところ、
問題があるのはフラットポールピース側のボビンと判明。

bg5_20200118155249887.jpg


当該ボビンを分離。

bg6_20200118155250431.jpg


コイル巻き終わりの白線を外して外周テープを慎重に剥がしつつ鬼集中してコイルを
激慎重にほどいていきます。

bg7_20200118155252cfe.jpg


断線箇所発見!!

bg8_202001181552536ab.jpg


コイルの被膜を剥がして元の白線へ接続。

bg9.jpg


何とか復活出来ました。
しかしながら経年劣化による様々な原因で断線したと思われるので
今後また別の箇所で断線する可能性は残ります。
その時はPU交換か完全リワインドがお勧めになります。

bg10.jpg



フロントPUの問題が片付いたのでフレット周りに着工するのですが…

bg11.jpg


今回はほぼ全てのポジションマークが浮いております…
指で軽く押すとパカパカ動くぐらい浮いている物もあれば端だけが軽く浮いている箇所と
症状は様々。

bg12.jpg


まずはフレットを抜きます。

bg13.jpg


続いて全ポジションマークを外します。

bg14.jpg


よぉ~く見て下さい。
ポジションマークが反っているのが分かりますか?
つまりポジションマークの接着に問題が有った訳ではなくポジションマーク自身の「縮みによる反り」が
今回のポジションマーク浮きの原因です。

bg15.jpg


再固定に入りますがまずは余分な接着剤の跡を削ぎ落とします。
ここで重要なのは必要最小限=ポジマークが深く沈み込まない様に、底面のフラットを崩さない様に
削る事です。

bg16.jpg


こんな感じ。

bg17.jpg


ポジマークの仮合わせを繰り返して削ります。

bg18.jpg


全箇所底面修正完了。

bg19.jpg



接着に入ります。
ポジマークの裏面=接着面に#150程度の粗めのペーパーで傷を付けます。
これは接着剤の食いつきを良くする為です。

bg20.jpg


接着剤はゼリー状のアロンアルファを使用。
四隅と中央に少量。

bg21.jpg


接着完了。
僅かに接着剤がはみ出てますがこの後研磨するので問題ありません。
むしろ少しはみ出すぐらいの方がきっちり接着剤が行きわたっている証なので安心です。

bg22.jpg


全箇所接着完了!

bg23.jpg


一晩置いて完全に接着剤を硬化させてから指板修正に入ります。

bg24.jpg


段差等も無く綺麗に仕上がりました!

bg25.jpg


フレット打って指板周りの作業は完了。

bg26.jpg


お次はヘッド表面をキレイにします。
通常はペグブッシュも抜いてバフ掛けしちゃうのですが…
1弦ブッシュの横に塗装浮きっぽいのが見えます。

bg27.jpg


なのでブッシュを抜かずに手作業で研磨しました。

bg28.jpg


やはり塗装が内部で浮いている様です。
無理にブッシュを抜くとペリッ!っと塗装が剥がれてしまってもおかしくはないので
ブッシュを抜かずに作業で正解でした。

bg29.jpg


ようやく木部は一段落したので次は金属パーツをメンテナンスします。
パーツクリーナーを使用しますがペグはそのままクリーナーをブッ掛けると内部の必要なグリスも
流れ出てしまうのでウエスにクリーナーを吹き付けて手作業で掃除します。

bg30.jpg



左の2弦用が施工後、右の4弦用が施工前。
ちなみにブリッジやテープピースは遠慮なくブッ掛けてクリーニングします。

bg31.jpg


そろそろ電気系も組み込む段階なのですが…

bg32.jpg


フロントは冒頭の作業で組み込み時に外周アセテートテープを巻き直してますが
リアは劣化したままなのが気になる。

bg33.jpg


なのでリアも貼り直して、

bg34.jpg


フロントと一緒にロウ浸け。

bg35.jpg


これでPUの準備完了です。

bg36.jpg


ボディーはいつも通りザグリ内に導電塗料塗って有線でアーシング接続。

bg37.jpg


コントロール部もいつも通り。

bg38.jpg


配線完了!

bg39.jpg


完成です。
やっぱり良い鳴りしてます。
これからは再び眠りにつくのではなくガンガン弾いて欲しいですね。

bg40.jpg


多少の打コン等のダメージはありますがここまでコンディションの良いバイギブスタンダードは
もう今後見る事は無いのかもしれません。
後世に伝えるべく「THE 日本製レスポール」かな。

bg41.jpg
スポンサーサイト



タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://tonegarage.blog52.fc2.com/tb.php/443-89039798

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫