MARTIN D-18 1~5Fのみ交換 for HEAVEY USER

 2011-12-03
以前より好評なリペアメニューの


アコギのローフレットのみ交換

ですが今回はその実作業内容をご紹介!


素材は近年モノながらよく弾きこまれたMARTIN D-18です。

181



さすがに「鳴り」もバツグンですが1~5フレットの弦下、特に2弦下の減りがヒドイ

182


183


画像では少し分かり難いですがここまでフレットが摩耗すると「すり合わせ」作業ではキビシィ!

何がキビシイィかと言うと

明らかにローフレットの2弦の弦下が極端に摩耗している。

でも5フレット以降は減りが酷くない。

ハイフレット側に至ってはほとんど減りが無い。

減りが酷いローフレットを押弦すると

減っていない6フレット以降に弦が当たり「ビビリ」が発生。

通常だと減っているローフレットの高さに合わせて「すり合わせ」を行うが…

減りが酷過ぎるので「すり合わせ」を行うと全体的にフレットが極端に低くなってしまう。

指板表面から弦までの距離が離れて=弦高が高くなり弾きにくくなる

ならいっその事フレット交換だ!

通常フレット交換は全フレット交換が定説。当然工賃高額(アコギ全フレット交換は5万~)

交換が必要なのはローフレットだけなのに全フレット交換??

もったいない
金もフレットももったいない!

と言うワケで本来リペアマンとしては全フレット交換をオススメしたいところですが、

プレイヤーの味方!
ToneGarage!!

ローフレットのみのフレット交換ヤッてます


まずは摩耗の酷い5フレットまでを慎重にヌキます。

184


指板表面の汚れをクリーニングします。

185


純正サイズに近いフレットを打ちます
今回はDUNLOPの#6230を使用。

186

純正のままの6フレット以降と違和感無い様にフレットサイドを仕上げ(ココが腕の見せ所!)
全体のバランスが取れるようにすり合わせを行います。

d-18kansei.jpg


メーカー純正フレットではないのでよぉ~~く見れば多少違いは分かりますがプレイするには全く問題ナシ!

当店のお客様でもコードワークの多い「弾きまくり系」アコギプレイヤーには人気のリペアメニューですね

気になるお値段は1~3フレットまで交換+すり合わせ+ナット高、サドル高調整込みで

15000円!

以降追加は2000円/1本です。


ローフレットの特に2弦・3弦の弦下に「極端な減り」が見られるギターをお使いのそこの貴方!

まずはご相談下さい。

「フレットすり合わせ」で解決出来る場合も御座いますのでなるべくお財布に優しいリペアメニューで対応させて頂きます♪









スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://tonegarage.blog52.fc2.com/tb.php/78-5ecec9a8

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫